怪しい影

 午後九時二〇分、三人は早歩きで東を目指していた。


「バスを使ったほうがよかったですよね? イベントは起きませんでしたし。時間をロスしただけですよ」

「あと二〇分でつくわ。いけるわよ」


 彩葉は元気よく笑いかける。さすがは舞台女優だ。稽古で鍛えただけあって、体力がある。


 一方で帰宅部であった少年はすでに限界だ。足は筋肉痛であり、休憩を欲している。なによりもクリスタルの剣が邪魔くさく、手放すわけにはいかないところが、もどかしい。


「で、テメェらはどこへ向かってやがるんだ? 俺は作戦、聞いちゃいねぇぞ」

「中央へ行くために、菫町を通るの。地図上の壁にあるゲートは、東の地方にしかないから」

「魔王を倒せば物語は終わる。ごていねいに舞台版をなぞる必要はねぇよ。直で城に乗り込むべきじゃねぇか?」


 涅が冷めた口調で、真白の心情を代弁する。


「もう」と、彩葉は唇をとがらせた。


「最終決戦にはフラグがいるの。せっかくたどり着いても『情報や条件が不足して倒せませんでした』じゃ、話にならないわ。それに、秒で終わりじゃ退屈よ。お祭りは楽しまなきゃ」


 日の光を浴びながら、明るい口調で語る。

 春休みが終わるまで東国の全域で、魔王を探し続けるつもりだろうか。虹色の女優のワガママにつき合う身としては大変だと、真白は目を細めた。


 かけ合いを続けるうちに北と東の境目が見えてくる。人間が二〇人は収まるであろう、広い川だ。せせらぎの清らかな音が耳に入る。澄んだ匂いもただよって、風流な雰囲気を感じた。岩肌を削る清流が雪野から菫町までの、一〇キロの旅の終わりを告げる。達成感が胸に満ちた。


 橋まで一〇〇メートルの距離に近づいて、前の景色が鮮やかに目に映る。真白はようやくおかしいと気づいた。『教海橋』とある看板の横に、二人の男が立っている。相手は同じ黒紅色の衣をまとって、向かってくる者を待っていた。彼らが視界に飛び込んだ瞬間、胸がドクンとはね上がる。悪寒がぞわぞわと、肌をはい回った。


 三人が橋に迫りつつある中、黒紅色の男は頑なに入口を塞ぐ。ともに仮面をかぶったように、無表情だ。


 一分後そろって足を止めて、相手と向き合う。


「通して。私たちは橋の先に用があるの」


 最初に彩葉が一歩踏み出して、厳しい声で告げる。黒紅色の男たちは固く唇を閉じたままだ。


 三人は顔をしかめて、互いの目を見る。相手に通す気がないのなら、詰みだ。ほとほと困り果てて肩をすくめたとき、正面から見て左の男が口を開く。


「お引取りください」


 セリフを読むような口調だった。


「なぜなの?」

「危ないからですよ。魔物が出ます」


 彩葉が問いかけると左に立つ男がしれっと答えて、場が静まり返った。


「ウソだな。今日び魔物なんざ、見たことがねぇよ」


 涅が沈黙を破る。


「証拠があるってんなら、見せてみやがれ」


 左の男と直線上の位置に立つ彼は、片方のほおを上げて、煽る。


「ならば花咲彩葉のみ、こちらに来てもらいます」

「おいおい、なんであいつだ? 話の流れを考えると、俺が代表して行くべきだろうが?」

「あなたはともかく、彼女が勇者側にいると都合が悪いのですよ」


 淡々とした口調で右の男が述べて、彩葉の体が強ばる。


 混沌とした流れの中で真白も、混乱していた。頭にははてなマークばかりが浮かぶ。黒紅色の男たちはなぜ彩葉をほしがるのだろうか。現在の状況すらぼんやりと分かるのみで、真白はぽかんと口を開けてしまう。


「人質になるわ」


 真白が名前通り真っ白になっていると、彩葉が手を上げる。


 途端に焼けつくような焦りが、少年の心を駆け抜けていった。なんとしてでも止めなければならない。そんな感情が湧いて、肌に汗が流れる。透明な雫は全身に湧き出して、手のひらまで広がった。手がぬめって武器を落としかける。


「いいわ。私が犠牲になってスムーズにことが運ぶのなら」

「ダメだ」


 足を踏み出す彼女を目で追う。彩葉の華奢な腕をつかむ。萌黄色の瞳が振り返った。


「やつらは見るからに怪しい。ろくな目に遭いません」

「離して」


 淡い紅色の唇をすっと開いて、彼女は芯の通った声で言い放つ。


「私は彼らに従うわ」

「ここにいてほしい。僕には花咲さんが必要なんです」


 ただちに主張を繰り出した。


 鼓動が速まり、ドクドクと音を立てる。剣を握る手が震えた。心を落ちつかせながら萌黄色の瞳を見澄ます。


 二人の視線がぶつかり合う中、涅は低い声で告げた。


「通してやれよ。結末がいかようになろうと物語が動くことに変わりはねぇ」

「見捨てろっていうんですか?」

「知るかよ。そいつが行くことを望んでんだ。なら、好きなようにやらせてやれよ」


 真白がためらっていると、となりで短な悲鳴が上がる。反射的に振り向くと、左の男が彩葉を取り押さえていた。


 心がどよめく。彩葉が自分の前から姿を消した光景が、超高速で頭を流れた。思わず両手で剣を握って、足を踏み出す。武器を振り上げて、黒紅色の男に狙いをさだめた。まさにそのとき、目の前に男の腕が立ちふさがる。


「おっと、やめときな。手を出したところで勝ち目はねぇよ」


 彼はどちらの味方なのだろうか。

 剣を下ろして相手を見上げる。


 真白としては涅の言い分を聞いても、モヤモヤが募るだけだ。いくら負けると分かっていようが、おとなしく様子をうかがうだけでは、敵は彩葉を連れ去ってしまう。


 体がうずいた。今にもスイッチが入って、勝手に動き出しそうになる。歯を食いしばってこらえた。


「彼女を離せ」


 ついに飛び出した少年の叫びが、沈黙を切り裂く。


「彼女は僕にとっての大切な人だ」


 大きく口を開いて、訴える。

 相手は無言で、背を向けた。

 二人組は流れるように歩きだす。足音も立てずに橋を渡って、東のエリアを突き進んでいった。


 頭の上を厚い雲がおおう。

 体から力が抜けて、ひざをついた。


 薄暗くなった視界に彩葉の声が、光となって差し込む。相当離れているだろうに彼女の声はハッキリと聞こえた。ハッと目が覚める。


「待っていて」


 敵の腕に捕まった状態で、腕を伸ばす。


「私なら大丈夫。必ず逃げ出すわ。真白くんの命だけは救うから」


 彼女の声が遠ざかる。

 薄れていく少女の声の残響が、耳の奥で広がった。形容しがたい感情が湧いて、心が震える。

 少年は深く息を吸ったあと、うつむいた。


 二人組の姿を見失ったあと、彼の頭をモクモクとした煙が満たす。

 橋の前で真白は大切な人を失った。なにより彼女が最後に残した言葉が気にかかる。


『真白くんの命だけは救うから』――すなわち、自分は助からずともよいと考えたのではないか。


 理不尽な思いを感じて、力任せに地面を蹴る。

 静寂の中、彼は立ち上がって相手を見上げた。


「なんで止めたんですか?」


 腕をだらりと地面に下ろす。


「戦ったところで勝ち目はあったか? 今回が最善だったのさ」


 相手はポーカーフェイスで答えると、胸のポケットからタバコのパッケージを取り出す。中に入った棒を口にくわえて、ライターで火をつけた。いったん口から棒を外して、灰色の息を吐く。天高く、紫色の煙が上った。毒の臭いがあたりに広がる。


 真白は目をそらして、涅とは反対の方角を向いた。


「結果論です。だって君は、彼女を見捨てたじゃないですか」

「回答になってねぇよ」


 しばし重たい空気が流れる。

 結局、助けに行かなかったのは自分も同じ。相手の指示に従って、留まってしまった。

 真白はだんまりを決め込むと、うつむいた。


 川から湿った匂いがただよう。水っぽい感情が胸に湧く。

 体は水に濡れたように重たくて、腐り落ちていくかのようだった。

 ヒーローになり損なったことが悔しくて、奥歯を噛む。


「でもまあ、だったら仕方ねぇ。助けにいってやるか」


 不意に涅が足を踏み出す。ハイキングに行くような悠々とした雰囲気で、彼は橋へ向かった。


「待ってください」


 相手の姿を、目で追う。

 真白が立ち尽くす中、涅は橋の上で振り返った。


「指図するんじゃねぇよ。助けたがっていたのはテメェだろうが」


 意見を述べると彼は前を向いて、橋を渡りにかかる。

 相手は菫町へ入った。せせらぎの音を聞き流しながら、あぜんとする。

 魂が抜けたようにぼうぜんとしていると、何者かの気配を肌で感じた。


「くんくん。おー、珍しいね。まったくの無臭なんてぇ。まるでお人形さんみたいだよぉ」


 相手の接近に気づかなかった。突然の出来事に驚いて、目を見開く。


「うわぁ」


 すかさず距離を取った。近寄ってきた影の正体を、目でとらえる。犬顔の女だ。面長のフェイスに大きなタレ目がのっている。身に着けているのは黒紅の衣。すなわち敵だ。

 反射的に武器を向けると、彼女はカラカラと笑いながら、唇を開く。


「怖がらなくてもいいんだよぉ。私は危害を加える気なんて、ないんだからさぁ」


 敵ではない。ならばよしと剣を下ろしかけて、首を横に振る。


「『私は』? ほかのメンバーは敵なんですね?」


 口に出すと絶望感が体全体に広がって、脳が空白に染まる。


「なにをするつもりなんですか?」


「うーん」と悩ましげに唇に指を当てたあと、女は大きなタレ目を少年に向ける。


「君のために、君の大切なものを壊したくってさぁ」


 彼女が猫なで声で繰り出した言葉に、息を呑む。


 壊す――軽々しく相手が繰り出した言葉に、不穏な匂いを感じる。

 血の色が鮮やかに頭の裏に浮かび、生々しい鉄の臭いを鼻で感じた。

 緊張と動揺が全身に伝わる。知らず知らずのうちに口の中がカラカラになっていた。


 ガッチガチに固まってしまった真白に、彼女が近寄る。やわらかな手が少年の両手に触れた。自然と肩から力が抜けて、腕が下がる。剣の先も敵から外れた。


「まさか彼女を?」

「まさかぁ。そんな大きなものを壊す度胸はないよぉ」


 引きつった声で尋ねると、相手ははにかんで、顔の前で手を振る。

 彼女が無事ならばよかったため、心が凪いだ。

 しかし、彩葉以外が標的だとするならば、いったいなにを壊すのだろう。

 急に不安になった。胸に轟くサイレンは鳴り止まない。


「今はねぇ。いつか絶対に殺してやる」


 次に彼女は表情から笑みを消した。

 一呼吸をおいたあと無感情な声で、彼女は言う。


「壊すとしたら小さな町だよ。ほら、君の心には響くだろう?」


 ニヤリと口角がつり上がった。

 たちまち背中にじわっと戦慄が走る。


 黒紅色の集団の目的を知ってしまった。次に狙う場所が分かって、心が騒ぐ。


 行かなければ。

 いてもたってもいられなくなって、青年は橋に背を向ける。思いっきり地面を蹴ると、彼は風花へ引き返した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます