女優になった理由

 夜の部を終えて外に出ると、日が陰っていた。空はとうの昔に茜色を通り過ぎて、紺色に染まっている。時刻は午後九時。小学生なら眠っている時間だ。真白もまぶたが重くなってきたところである。


 会場は昼夜ともに満席で、熱気があった。人気の理由は分かる。花咲彩葉だ。彼女の色香は老若男女を惹き寄せる。清らかな容姿はさることながら、やわらかな所作と優しげな雰囲気も、印象がいい。


 相手が国中の憧れの的だからこそ、大女優の秘密にメスを入れたかった。彼女の素顔を一つでも知るだけで、ステータスになる。


 興味を抱きながらも、真白は黙って少女のそばにい続けるつもりだ。謎は謎であるからいいし、ミステリアスなほうが魅力的がある。否(いな)、言い訳だ。首を横に振る。


 真白は自分に自信がない。なまじ、大女優と同じ屋根の下で暮らしているせいで、彼女との差が浮きぼりになる。一般人の分際で特別な人間に近づくなんて、おこがましい。


 心を風が吹き抜けていった。木々が揺れる音がざわざわと、鼓膜こまくを揺らす。


 自問自答をしても頭に生じた霧は、増えるばかり。一つ言えるのは、彼は常に逃げてばかりだった。秘密を知って七色の女優のイメージを壊すことを、恐れている。自分の理想を崩す可能性を考えて、言い訳を繰り返す。


 心の内がハッキリすると、体が軽くなった。


 地べたをはう虫けらにも、『知る権利』はある。女優の秘密に興味があるのなら、思い切って尋ねるべきだ。


 建物の影から抜ける。彼女を探した。

 ちょうど裏口から大女優が表に出る。姿を変える前のようだ。メイクはナチュラルで、舞台よりも薄い。オパール色の髪がつややかに揺らめく。コートの色は今朝と同じだ。お忍びの格好ながらスターのオーラを、内側からにじみ出している。


 遠目から見ても彼女は美人だ。思わず見惚れる。白状すると本来の目的を忘れてかけていた。

 裏口へ向かう。いきなりの運動に体力を使った。膝に手を置いてゼーゼーと息を吐いていると、クスッと少女が笑った。


「そんなに私に会いたかった? 嬉しいな」

「はい。でも、質問があって」

「言ってみて。少しは打ち明けてもいいわよ」


 穏やかな顔で少女は誘う。


 一瞬、ためらった。地雷を踏む可能性を危惧して、ほおに汗が浮かぶ。本当に尋ねてもいいのかと考えて、目が泳いだ。

 しかし今吐き出さなければ、チャンスを逃す。真白は眉をつり上げて、ついに口を開いた。


「君が女優になった理由は、なんですか?」

「インタビューね、いいわ。今度は真実に近い情報を特別に公開してあげる」


 誇らしげに胸を張って、少女は明るい表情を浮かべた。


 静寂の中で鼓動が高まっていく。

 握りしめた拳が震えて、手のひらに汗がにじんだ。

 少女の澄んだ匂いを感じながら、ツバを飲む。


「ホンネを言うわね。私は、私が嫌いだったの」


 第一声を聞いて光が当たったかのように、視界がクリアになる。


 彼女の言葉が意外だったため、内心で「え」とつぶやいた。まばたきをしながらウソかホントウか確かめるように、相手を見つめる。萌黄色の瞳は真剣な光を宿していた。


「誰だって、自分が嫌になるときがあるでしょう。あなただって、自分のことを大好きだと思ってる?」

「いいえ」


 首を振る。


「私も、自分の弱いところや短所が受け入れられなかったの」


 少女はあえて明るい口調で、自身の過去を打ち明ける。


「子どものころね、結構嫌われていたのよ。ただ立っているだけでみんなが勝手に、トゲのある視線を向けるの。原因は自分にあったのでしょうね。気づかないだけで最低な人間だったのだわ」


 淡々と少女は語る。

 嫌われ者だったとは、ピントこない。

 今や国を代表する女優であり、ファンクラブも多いと聞く。


「性格が悪かったのよ。周りが私に厳しく接するのは、自分のことしか考えてこなかったから。だから矯正したの。それが全てのきっかけ」


 彼女の話は具体的であったため、リアルな印象を受けた。うんうんと相づちを打ちながら、話に耳を傾ける。


「ここからが本番よ。あるとき、白い人と出会ったの。あなたみたいな……ええ、真白を女性にした雰囲気かしら」

「え、僕?」


 流れ弾が飛んできたので、目を丸くする。

 彼女は口元に笑みを浮かべてから、話を続ける。


「彼女は女優だったの。素敵な人だったわ。悪魔の一族だといわれる人たちに手を差し伸べて、みんなと平等に扱ったのよ。知名度はそこそこだったけど、演技はすばらしかったの。人のよさがにじみ出た印象かしら。彼女のセリフはきれいごとでも真実に聞こえるの。芯が通っているから、説得力があったのよね」


 思い出を回想するような表情で、軽やかに言葉をつむぐ。


「ボランティアにも積極的だったわ。理想の女って感じだったし」

「付き合っている人とか、いなかったんですか?」


 少女は首を振る。


「それらしい人はいたの。でも、婚約を結ぶ前に、死んじゃったの」

「どちらが?」

「彼女が」


 急に静かになった。

 頭上に厚い雲が垂れ込める。

 気持ちまで沈んできたところで、彼女は雰囲気に沿うように、淡々と話す。


「彼女の死は謎に包まれているの。私もくわしくは知らない。だけど、誰かのために死んだことだけが確かなの」


 明るさの裏に、シリアスなエピソードを隠していたとは、意外だった。


『大切な人の死』に関する話を聞くと、目がくらむ。

 きちんと覚悟を決めて問いかけたとはいえ、ショックが大きい。

 彼女の話した内容が耳の奥でエコーを続ける。


 フォローをするべきか、同情を表に出すべきか。彼女はおそらく三つ目の選択肢を期待している。一方の真白は口を一文字に結んだまま、下を向いた。彼は黙って彩葉の言葉を待つ。


「私は彼女の影を負っているの。彼女のような女優になりたくて、演技をしているの。でも、むなしいわ。彼女、最後まで評価されなかったもの。私が褒められたって、仕方がないのに」


 眉をハの字に曲げたさみしげな表情で、彼女は言った。

 彩葉の端正な顔に影が差す。

 濃紺の闇が広がる空間で、少女はつぶやいた。


「ときどき不安になるの。私、きちんと演じられているかって」


 彼女は悩んでいた。

 淡い唇から繰り出した本音は、必死に隠し続けた弱音だったのかもしれない。


 この瞬間、真白は思った。彼女の守りたい。悪意から、敵意から、ありとあらゆる負の感情から救いたいと。そして、抱えている悩みを解消させたいとも感じた。


 彼女のためになにができるか。そもそも、本当に彩葉が救いを求めているのか。

 不安材料が心を惑わしても、最後にはやると決める。

 せめて、一人だったころの自分に手を差し伸べてくれた彼女に、恩を返したかった。


「大丈夫ですよ。君は、世界が誇る大女優ですから」


 思い立つと唇が勝手に動いていた。


「君以上の人間はいません。女の人とは親しかったんですよね。なら、彼女は君が有名になって喜んでいます。その女優ためになにかをしたいのなら、彼女のできなかったことをすればいいんです。みんな、君を肯定します。責める者が現れても、僕がやっつけてみせます」


 彼はふところからアクセサリーを取り出すと、彼女の首にかけた。銀のペンダントが少女の胸元で、神秘的な輝きを放つ。バラのシンボルが彼女によく似合っていた。


「これって?」

「プレゼントです」

「いいの?」

「君が渡したんですよ」


 元より真白は無欲だ。資金を使うのならプレゼントに当てたほうがいい。

 それに対して少女の顔がパーッと明るくなる。ほおにバラ色が差し込んだように見えたのは、月光のせいだろうか。


「おいしいプレゼントだわ」


 彼女が歌うようにはずんだ声を出す。

 ふんわりとフローラルの香りがただよい、こちらの心も溶けた。


「それで、あなたは私を守ってくれるのね?」

「ええ、まあ」


 急に自信がなくなって、視線をそらす。

 目の前でくすっと笑い声がした。


「気持ちだけでも受け取るわ。しっかりしてね、きちんと守ってね。あなたは、私のナイトなんだから」


 やわらかな唇から、甘い声を漏らす。

 彼女の頼みなら、「はい」と言わざるを得ない。

 守らなきゃ……そんな言葉が心に生まれた。


「ありがとう。少し、元気が出たわ」


 にっこりとして、彼女はこちらの両手を取る。


「言っておくけど、あなたを助けたのは自分のためなの。今も好きで世話をしているだけなのよ。だからね、これからも、よろしくね」

「はい。こちらこそ」


 手を握りかえす。

 今、初めて自分を誇らしいと思った。


 その後、二人はバスに乗って家に帰る。真白は舞台の感想をパソコンを通して、国中のファンと共有をして、一日を終えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます