花を冠する少女

 雪の降りかかった道と樹木を背景に、清楚な少女が立っていた。頭身は高く二次元の人間かと見紛う。長い髪はオパール色だ。光が当たる角度によってルビー・黄金と、色を変える。


 一見するとか弱い少女だ。細長い手足が儚げに映る。不良の前に姿を現して大丈夫な人間だろうか。彼女が彼らのせいで傷つく光景を想像すると、手のひらに汗がにじむ。不安のせいで痛みも薄れた。


「この八方美人がよ。よく俺らをこき下ろしてくれたもんだぜ」


 真っ先に刈り上げの男が振り返って、指をさす。

 少女は間をおかずに答えた。


「結果的に傷つけたことは謝るわ。だけど、悪気はなかったのよ」


 彼女は落ち着いた態度で気持ちを口に出す。


「私は国に住む全ての者を愛しているわ。たとえ相手がいかに汚れた人間であったとしてもよ。それが、花を冠する私だから」


 両手を大きく広げて訴える。芝居がかったモーションだ。

 途端に襟足の長い男が怒りを表す。額にピキッと青い筋が浮いた。


「舐めるのもいい加減にしやがれ」


 男が地面を蹴る。


「俺はよ、テメェに不満をぶつけたくて、仕方がなかったんだよ」


 相手が握りこぶしを作った瞬間、声を上げそうになった。


 少女が地面に沈むビジョンが頭をよぎる。彼女が立ち向かったところで、傷つくだけだ。血が凍りついたような感覚が背中を走る。血染めの顔は青白くなり、歯がガチガチと鳴った。唇をわずかに開いて悲鳴を呑む。


 しかし、青年の心配は杞憂に終わった。


 攻撃を当てようとした瞬間、敵の体を突風が押し流した。男は力をなくして地面に落ちる。少女は涼しい顔で立ったままだ。肌はつるんと光っているし、よく見ると健康的な肌をしている。


 なぜ、無事だったのだろうか。


 常識から外れた光景を目の当たりにして、目を見開く。夢またはイリュージョンを見たような気分だ。


 彼女がなにをしたのかは気になるけれど、本人は口を閉じている。全員が黙り込んで繰り出すべき質問を呑んだ。


「お前の態度よほど大事な者だったとお見受けする。助けた理由はなんだ?」


 歩道にエンジンの音のみが響く中、リーゼントの男が冷めた目を少女へ向けた。

 ていねいな口調で飛んできた問いに対して、淡い紅色の唇がゆるむ。


「一方的に被害に遭っている人を助けるのは、人として当たり前でしょう」

「ウソをつけ。知り合いなんだろ?」


 首を横に振る。オパール色の髪が左右に揺れた。


「赤の他人よ」

「平然と答えるか」


 リーゼントの男は舌を打つ。


「なんなんだよいったい」


 襟足の長い男は身を起こした。顔を歪めながら立ち上がって、ズボンについた砂をはらう。


「帰るぞ」


 リーゼントの男が低いトーンで、指示を出す。


「やることは済んだ。関わってもろくなことは起きん」

「だけど」


 地面に転がっていた男が、声を荒げる。


「あきらめろ。今ので分かっただろ」


 正論だ。

 厳しい指摘を食らって最初に仕掛けた男は、肩を落とす。

 彼らは相手の選択に納得したようで、市街地のほうへ去っていった。

 不良たちの影が遠ざかっていく。


 彼らの後ろ姿を目で追って眺めていると、少女がすっと近づいた。


「大丈夫? ケガをしているけど」


 穏やかな声を不意に聞いて、少年は瞬きをする。


「あ、その」


 声に詰まる。

 あらためて視界にとらえると花のような美少女だ。間近で見ると目をつぶしかねない。


「よかったら」


 淡い紅色の唇で言葉をつむぎかけて、途中でやめる。

 少女は真剣な目をして立ち上がった。振り返って後方より迫る影を見すえる。

 シルエットの正体が歩道へ駆けてきた。車のごとき勢いで速度を飛ばす。十秒後、相手は少女と一メートルの差まで詰め寄った。


「あんたのせいよ」


 汚れた湖のような緑色の瞳と、萌黄色の瞳がぶつかり合う。


「分かる? あんたが現れたせいで、こっちの仕事がなくなっちゃったのよ」


 水色の巻き毛を持つ女が早口でまくし立てる。目が血走っていた。鋭い眼光がバチバチと火花を散らす。


 黙ってさえいればスタイルのいい美女だ。目つきの悪さがもったいない。

 されども次に彼女が取り出した物体を見ると、見た目の美しさすら意識から抜けた。


「とにかく追い詰めたわよ」


 犬歯をむき出しにして言い放ってから、ナイフを取り出した。金属のシャープな匂いが鼻につく。切っ先の鋭さにぞっとした。


 巻き添えを食らう可能性が頭に浮かんで、鼓動が速まる。気配を消すために、息を殺した。


「受け入れなさいよ。とんでもない悪人なんだからさ」

「あなたが言うんですか? 人を殺そうとしているのに」

「関係ないわ。あんたはいつもそうやってニコニコ。愛想笑いってのは分かってるのよ。いい加減、素を見せなさい」

「やだな。今も素ですよ、私」


 巻き毛の女が憎しみをたぎらせる中、少女はクールに対応する。


「困ってらっしゃるんですか? 相談なら乗ります。なんなりと申してください」


 幼い顔立ちと落ち着いた態度がミスマッチだ。


「仲良くしましょうよ。こちらだってリスペクトしてるんです。あなたは気が強いじゃない。私も見習おうって思って」

「皮肉かしら、そのセリフ」


 少女が柔和な笑みを作ると、相手は眉を寄せた。


「こうなったらヤケよ」

「ちょっと待って」


 今にも飛びかかってきそうな相手を、止める。


「彼も見ています」


 彼女の言葉を聞いて、巻き毛の女が地面に視線を落とす。

 つり上がった目が地に伏せる少年の姿をとらえた。緑色の瞳に彼の引きつった顔が映る。

 頭上から日の光が差し込んだ。彼女の胸元で蘇芳や紫の宝石が輝く。


「誰?」

「えっと、その」


 顔に汗をかいてうつむく。

 切羽詰まっていた。異形じみた瞳に捕まった以上、降りかかる悲劇が予想できて、頭が真っ白になる。


 女性は数秒目を丸くしたあと表情を戻して、ナイフをしまった。


「ふん。目撃者がいたんじゃ仕方ないわね。今回ばかりは見逃してあげる」


 巻き毛の女はツンとそっぽを向いた。

 吹き通っていった風に髪がなびき、耳が表に出る。吸血鬼のように尖っていた。長く伸びた爪まで視界に入って、真白は顔を歪める。


「わざわざ雪野まできたのに、昼間じゃ不利ね。人気のない場所でなら暗殺できると思ったのにな」


 物騒な言葉が耳をかすめる。


 真白が凍りついている間に、巻き毛の女はもときた道を引き返して、歩道橋のあるほうへ消えた。


 緑色の瞳から解き放たれた真白は、真っ先に自分の手のひらを見つめる。実体はあるし、無事だ。生き残った事実に息をつく。


 安心するのは早い。先ほど巻き毛の女は『暗殺』と口にした。不穏なワードに胸が騒ぐ。頬を汗がつたった。血の海に沈む少女の姿が脳裏をかすめた。最悪の事態を考えると背中に戦慄せんりつが走る。


「助かったわ。ありがとう」


 雲の広がる空をにらんでいると少女が目の前までやってきて、両手をつかんだ。手袋でおおった手は、温かい。生地の上質な感触が真白の意識を現実に引き戻した。


「今ならきちんと話ができるわね。まず、あなたの名前は?」

「真白、ですけど」


 戸惑いながら答えると淡い紅色の唇がほころぶ。

 彼女が腕を引っ張って、真白は立ち上がった。


「真白。そう、真白くんというのね」


 セリフの繰り出し方がわざとらしくて、ほんのりとした違和感が頭をかすめる。気のせいかと頭を振った。しかし、ドラマの撮影に加わったような空気感は濃さを増す。もしくは儀式だろうか。「成し遂げてから次の行動に移る」と決めた内容を演じたように、真白の目には映る。


「じゃあ、私と一緒に来てくれる?」


 唐突に少女が熱のこもった瞳で誘う。

 真白は目をパチクリした。


「どういうことですか?」

「おわび。私にも責任があるもの」


 彼女はゆったりと語りだす。


「三〇分前に町を歩いていたとき、彼らが現れてアタックしてきたの。私は国民の全てを愛するわ。情報や秘密ならともかく、感情は平等に分け与えるつもりよ。だから特定の人とは付き合わないの」

「振ったんですか?」

「きっぱりと」

「怒ったでしょうね」


 眉をつり上げて肌を赤く染めた不良の姿が、頭に浮かぶ。

 つまり不良から八つ当たりで、真白は攻撃を受けたのだ。理不尽な展開で、損をした気分になる。


「ね、分かったでしょう? おわびをさせてほしいの。それに、あなたは恩人でもあるのよ。もしも現れなかったら、私は殺されていたわ」


 確かに、偶然とはいえ危ないところを助けたのは事実だ。報酬を受け取ってもよい立場にいる。しかしながら本人は複雑な気持ちを胸に抱く。なにしろ「助かった」とはこちらのセリフだ。真白こそ彼女に恩を返すべき立場にいる。


 眉をハの字に曲げて無言で訴えた。彼女はニコニコしたままだ。体からフローラルの香りをただよわせながら、少年を誘う。


「別荘に招待するわ」

「いいですよ。別に」

「遠慮しないで。お礼なのだから」

「だから、そういうのは、望んでなくて」


 目をそらして拒否したものの、いかんせん相手の押しが強い。タジタジになる。


「さあ、いくわよ」


 彼女は少年の腕をつかむと、歩きだす。


 なんてパワーだろうか。力を入れて綱引きをしようとしても、引き寄せられない。


 抵抗しても無駄だとすぐに理解した。彼女は普通のひょろりとした者とは違う。当のもやしっ子も苦い顔をして、全身の力を抜いた。体が重たくなったと感じつつ、ついていく。穏やかな香りが鼻をかすめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます