11. 魔女


「瀬那……」


 はかなげに佇む立ち姿も、雨に光る黒髪も、瀬那を強く想起させる。

 数瞬の間、口を開けて固まっていた亨は、ゆっくりとタイトルプレートに目を移した。


『雨の魔女』、作者は……佐路さじ啓太郎けいたろう

 聞いたことの無い名前に、眉をひそめる。


 ――偶然そう感じただけ? だけど、この雰囲気は彼女そのものだ。


 相当な時間、絵の前に立ち止まっていたらしい。人の流れに逆らい、じっと見つめる彼へ、背後から声が掛かった。


「その絵が見たかったの?」


 会場を一回りしてきた水原が彼の横に立ち、二人の間から真田が顔を出す。


「この絵は俺でも分かりやすいな。幻想的って言うんだろ?」

「他のに比べたら写実的ね。でも、確かに雰囲気がある。矢賀崎くんの作品に似てるかも」


 中三の時、亨の描いた絵を父が褒めて市のコンクールに出品したことがある。彼は入賞など期待しておらず、親の身贔屓と冷めていた。

 選考の結果、奨励賞を獲得し、その時に水原は初めて彼の絵を見た。彼女は亨の人柄を知る前に、先に作品に惚れ込んだのだ。

 十代にしては大人びたタッチが、受賞の理由であり、若い水原の憧れであった。


「この作者、佐路啓太郎って知ってるか?」

「うーん……知らないなあ」


「俺も知らない」と言う真田に、当たり前だと彼女がつっこむ。

 真田の関心はサッカーとゲームくらいで、知っている画家の名前などピカソとゴッホくらいなものだった。


 気になるなら図録を見てみればという彼女のアドバイスに従い、亨はショップで芳画会の作品一覧を買い求める。

 大判でフルカラーの図録は、財布を空にする高額だったが、別に問題は無いだろう。

 もう用事は済んだと亨が宣言し、三人は会場を出た。エスカレーターに向かう途中で、亨は早速、図録を取り出して中を開ける。

 『雨の魔女』の詳細を得ようと、彼の手がページを繰った。


 選考理由や、作品サイズはどうでもいい。

 巻末の便覧に、制作は昨年、佐路の出身地が真波市ということが記載されており、これは制作経緯を知る手掛かりになろう。

 ここの展覧会でトリを務めていたのは、同郷の出身だからのようだ。


 然しながら、この街でプロの画家として十年以上を過ごした亨も、佐路啓太郎の名を聞いたことがない。

 既に他所へ引っ越したから、または、極端な寡作家なのか。

 現実に戻った際には、この画家についても調べようと、心に強く刻む。


 ――問題は、この期に及んでもまだ、夢が終わらないことだが……。


「ねえ、まだ時間は大丈夫?」

「ん、他に行きたいところでも?」

「一階でクレープ食べようよ」


 そう言えば、この頃はクレープ屋が流行はやっていたなと思い出す。

 一時いっときの流行のことであり、一年も経てば別のブームに乗り換えられてしまう。本格クレープと銘打った、やたらと品数の多いメニューが売り物だ。

 この最盛期だけは、百貨店の側面入り口に、オープンカフェ風のクレープショップが設けられていた。


 水原は最初からそちらも目当てだったらしく、ちゃっかり割引クーポンまで入手済みで、準備万端である。

 晩飯前にクレープとは――と彼は口に出しそうになったものの、その感想も高校生相手には年寄り臭い。

 腹が減ってきたから丁度良いと真田も賛同し、皆で下りのエスカレーターへ乗り込んだ。


 宝飾品の七階、生活雑貨の六階と通過し、徐々に彼らの前後にも客が詰まってくる。

 急いで歩み下りるサラリーマンもいたため、三人は一列になって片側に寄った。


 一番下段に立った亨は、水原のクレープ話を適当に聞き流しつつ、どこか古めかしい売り場を覗く。

 商品の陳列方法や、一押し品のデザインなど、些細な時代の移り変わりを楽しんだ。


 五階、四階と衣料品のフロアで更に混み始め、女性服の三階を過ぎた時だ。特価販売でもあったのか、妙齢の婦人たちが大挙して現れた。

 人で埋まったエスカレーターが、亨を下階へ運ぶ。


 あと少しで二階に着くというタイミングだった。

 最上段に乗った七十過ぎの買い物客が、小さな呻きを漏らす。

 脂汗に塗れた右手が、手摺りから滑り落ちた。


 気温の下がったこの日、老いた男性は独りで贈答用の小物を買いに百貨店を訪れる。

 体調が思わしくなく、外出を控えていた矢先のことで、暑くなる前にと彼は無理を押してやって来た。

 慣れない婦人服売り場の雰囲気も、その心身に負担を掛ける。


 やっと緑色のスカーフに決めて購入し、下りエスカレーターへ足を乗せた時、笹飾りがかしいで彼の顔の前に飛び出した。

 これを避けようと、咄嗟に身体を捻る。急激な運動に、心臓が悲鳴を上げた。


 男は狭心症を起こし、力無く崩れ落ちる――倒れた場所は、最悪に近い。

 前にいた女性も足腰の弱った老人で、背中を押されて同じく前方へ倒れた。人々は折り重なって、亨たちのいる下段にまで雪崩を打つ。


 真波市東王百貨店、将棋倒し事故。死者二名、負傷者八名。


“何があるか分からないもの”


 事故報道を新聞で読んだ叔母は、亨に携帯を持つように勧めた。


“外で倒れた時なんか、困るわよ。事故に巻き込まれることもあるし”


 危険を察知したのは、キョロキョロと周囲を窺っていた真田だけだった。

 動くベルトを固く握り、足を踏ん張った彼は、友人二人へ警告を発する。


「避けろ!」


 それは無茶と言うものだ。雪崩は一瞬、総計一トンを軽く超える圧力を逃れる暇は無かった。

 二階フロアへジャンプ、亨がそれを選ぶと、立ちすくむ水原を見殺しにしてしまう。


 次の瞬間、彼の逡巡を、客たちの悲鳴を、飛瀑が押し戻した。

 重力にあらがって遡る、道理に外れた幻影の滝。

 亨以外には見えなくとも、幻は質量を持ち、降り落ちる人々を上へと吹き飛ばす。


 ――滝じゃない。シャチだ。


 きらめく飛沫の奔流は、跳ね登る緑の巨体が生んだものだ。

 倒れていた客は次々と三階に撥ね上げられ、亨たち三人は押し潰されることなく無事に下までエスカレーターで運ばれる。


 降り口の端で踵を引っ掛けてしまい、こけそうになった亨は、たたらを踏んで二階フロアに後退あとずさった。

 彼と同様、バランスを崩した水原を支えながら、エスカレーターで跳ねるシャチを見上げる。


 空中で彼の方へ回頭したシャチは、刹那の間、動きを止めた。

 そこらかしこに設置されたハロゲン灯が、緑の身体を透過して乱反射する。

 長かった役目を果たし、シャチが粉々に砕け散ると、光が雪の如く舞って亨の世界を明らめる。


 全ては白く、無垢の狭間へ。

 百貨店の陰影は消え、両手に感じていた水原の重みも失せた。


 シャチは二度、助けてくれた。三度かもしれない。

 しかし、と彼は続ける。これは本当に起きたことなのだろうか。それとも、過去を材料にした単なる夢想なのか。


 思考は次第に輪郭をぼやかせて、深い眠りが取って代わる。

 この後、彼が有意な夢を見ることはなく、次に目を開いた時には薄暗い寝室の天井が在った。




 繰り返される玄関チャイムが、亨の頭を現実に引き戻す。

 放浪の末、独り寝る二十年後の自宅へ帰ってきたものの、それほど嬉しくもなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます