Primrose

世淮ひとみ

手紙

 あの日々を鮮明に覚えている。


 僕の弱さを、情なけさを、全て許してくれたあの人と過ごした星屑の様に輝いていた日々たちを。

「貴方を不幸から掬い上げてあげる」と言ってくれた世界でただ一人の人。

 僕を救ってくれた人。

 ある日僕の家のポストに入っていた、可愛らしい封筒に入っていた恋文。

 返事を書くのに何時間も考えて、何枚も紙を駄目にして、やっと返事を出した。

 僕は救われてばかりで、何もあの人へ返す事が出来なかった。結局、返せたのはその手紙だけだった。

 あの人の苦悩を、悲しみを、僕は理解してあげられなかった。甘えてばかりいた。

 今でもそれは変わっていないと思っている。もし、あの日に変えることが出来ていたなら何か違う今があったのかな。


 そんな事を考えながら、僕は今日もポストを開ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

Primrose 世淮ひとみ @sola9029

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る