異世界潜入捜査官 乱葉黄太郎

作者 水道代12万円の人(大吉)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第41話へのコメント

    へんたいは大抵、強い!

    あ、主人公もへんたいだった。

    作者からの返信

    へんたい大好きなんですよね。
    強そうでない人が強いとか、頭どうかしてるけど強いみたいなのにそそられます。

    今回もコメントありがとうございます。
    やる気が溢れてまいります。

    2018年12月26日 18:14

  • 第36話へのコメント

    私もその台詞、一度使ってみた……。いや、悪い知らせは嫌ですけども。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    洋画を見ていると一度は使ってみたいセリフですね。

    2018年12月18日 11:30

  • 第34話へのコメント

    そうすることで自分を街に好きになろうとしている

    誤字、ではない? のかもですが。

    そうすることで自分も街に好きになろうとしている

    なのかも? とも思った。です。

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます!! 
    メッチャ誤字でした!!
    大変助かりました!! 

    2018年12月13日 23:31

  • 第33話 へのコメント

    竹書房!? 破壊したはずでは……。

    作者からの返信

    最近ちょぼらうにょぽみ原作のアニメ作品を見始めたのですが、大変良いです。
    超楽しいです。

    2018年12月13日 23:32

  • 第29話 翌朝 その2へのコメント

    王様が覗きしてたんかよ‼️

    怪盗に対抗しての探偵ムーヴかまして来そう

    作者からの返信

    今回もコメントありがとうございます!!

    領主だけで重要なこと決めていいのかな? という疑問があったので、入れてみました。
    金髪ロン毛おじさんでございます。

    2018年12月5日 17:47

  • 第29話 翌朝 その2へのコメント

    ふと思いましたが、キャッチコピーが変わりました?
    前のやつもかっこよくて好きでしたが。

    しかしそうか、キャッチコピー変えてもいいのか。
    なんか、変えるという発想がなかった……。

    いよいよ、異世界での活動が本格化しそうですね。
    王様みてたんかい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ご指摘の通りキャッチコピー変えました。
    もう少しフレーバーテキストっぽくしたかったので。
    フレーバーテキストを眺めるのが好きなので、こういうキャッチコピー考えるのも楽しい気がしてですね。

    それと、王様は流石にこんな話を一領主だけで決めるのも変かな? と思い出しました。

    2018年12月4日 22:58

  • 第27話 交渉回 その4へのコメント

    異世界版シティーハンター、キタ━(゚∀゚)━!

    領主様のほうが、リンボや判定官より扱い方わかってそう。手綱を握ろうとするほうがヤバ味そうだしなぁ(´・ω・`)

    仮に自分だったら手綱握らせたくないだろうに、自分より強いのにどうにかしようとする‥‥‥‥マウンティングは人の業だし仕方ないか(´・ω・`)

    面白かったです‼️
    次も楽しみですな。

    作者からの返信

     今回もコメントありがとうございます!
     コメントを貰えると本当にやる気に繋がります。

     最初のほうの話は文字数が少ないこともあって話の進みが だいぶ遅くなってしまいましたが、やっと本筋に入ってきたので、このままの勢いで行ければと思います。
     
     それでは次回も頑張ります!

    2018年12月1日 21:32

  • 第27話 交渉回 その4へのコメント

    楽しくなってまいりましたね!色々と。

    作者からの返信

     そう言って頂けると何よりです。
     正直ここまでは序盤の序盤くらいなので こんなに話数を割くとは思いませんでした。
     これからが本番くらいに思ってるので、暇なときに読んでいただけると幸いです。

    2018年11月29日 22:53

  • 第26話 交渉回 その3へのコメント

    アメコミっぽいテイストだと思ってたら、シリアスモードがまんま仕事人で草ァ‼️

    面白かったです‼️
    応援してますぜ!

    作者からの返信

     今回もご返信ありがとうございます。
     ふざけても良かったのですが文字数が増え過ぎて話が進まないという理由で黄太郎君にはまじめにやってもらいました。
     彼はふざけたがっていたのですが。
     また、前話でちょっと話に出てきた以外にも数名のエージェントを登場させるつもりです。
     だいぶ先になるとは思いますが……。

     頭の中に膨らむ物語になかなか手が追い付かなくて大変です。
     これからも読んでいただけるよう善処いたします。

    2018年11月28日 19:53

  • 第25話 交渉回 その2へのコメント

    さぁ!!不穏な流れになって来ましたな(´・ω・`)

    そして、悪郎機関の構成員情報がチラッと来たけどこれ以上クセがつよそう


    次も楽しみです
    応援してますぜ!

  • 第24話 交渉回 その1へのコメント

    デブはスパイ物で言う、現地のサポーターみたいですな。

    有能そうだし、早めに勇者と関係があるとか気づきそう(´・ω・`)

    面白かったです‼️
    次も楽しみですな。

    作者からの返信

     今回もコメントありがとうございます!!
     そう言って頂けるおかげで執筆が進みます!!
     精一杯かきますので読んでいただければ有難いです。

    2018年11月27日 19:09

  • 第23話 領主へのコメント

    シリアスなバトル描写が続いたからネタに振ったんですかね?
    素晴らしいですな!

    応援してますぜ!
    次も楽しみです

    作者からの返信

    そう言ってくださると本当にやる気に繋がります!!
    ありがとうございます!!

    元々コメディ強めの作風にするつもりだったのですが、ちょっとコメディ挟む隙が少なくなっていたので、突っ込んでみました。

    2018年11月23日 00:51

  • 第22話へのコメント

    やっと説明会キタ━(゚∀゚)━
    戦闘描写も良かったですが、やっぱり主人公の次の方針を決めるための回も必要ですよね‼️

    異端認定か、厚待遇か、はたまたがっつり利用しようと謀を持ちかけるか‼️

    やっとストーリーが転がり出して次が楽しみです‼️
    応援してますぜ!

    作者からの返信

     感想ありがとうございます!

     そうですね,ちょっとストーリーの進み方が遅かったので,少し修正しました。
     1話当たりの文字数も少ないので,どうしてもストーリーが進むのが遅くなりがちになってしまいました。申し訳ございません。
     書く時間が取れるか次第ですが,ちょっと頑張ってみようと思います。

     コメントがあると本当励みになります。
     いつも本当にありがとうございます。
     それでは,またボチボチ読んでくれるとありがたいです。

    2018年11月22日 17:59

  • 第18話へのコメント

    今さらだけど忍者ならばわざと捕まったりしないのかなって思ったんですが、
    忍者じゃなくてニンジャでしたね。
    こう‥‥‥次々と敵が出てくるのはアメコミっぽくて良いんですが、召喚勇者を探す為に来たとか説明はしないんですかね?本筋に最近触れてない(´;ω;`)

    陰陽ジツとか金槌も魔物じゃなくて異世界のアーツですよーって言ったら多少違った希ガス。

    作者からの返信

     ご指摘ありがとうございます。
     いつもコメントありがとうございます。

     ちょっと早めにバトル描写を入れておきたい、というのがあってこうなりましたが、黄太郎君は それなりに考えて行動するタイプなので 一応それなりに意味はあります。
     それと、こまごまとした説明やら交渉やらする回はもう書いているのですが、ストックをある程度 作っておきたいので まだ そこはアップしていません。申し訳ありません。
     正直バトル描写が長引いたんですよね、書いてて楽しくて、つい。

     長くなりましたが、ご指摘の内容も考えてはいるので、もしよろしかったなら また読んでいただければ幸いです。

    2018年11月15日 07:33

  • 第17話 加勢へのコメント

    隊長が昼行灯キャラみたいなアトモスフィアを感じる(´・ω・`)
    特車二科のリーダーとか無責任な艦長みたいなムーヴすんですかね?

    作者からの返信

    すみません。そこらへんの作品にはあまり詳しくなくてですね……。

    ただ、特定のイメージがあるわけではないのですが、戦うことと日常が一緒になっているキャラクターは強い、というイメージが作者の中にあるので、こういう仕上がりになりました。
    というか私が今までに書いたキャラクターってこんなのばっかな気がしてきました。

    2018年11月13日 23:44

  • 第16話へのコメント

    下の感想でも言われてるが自分もジャービスだこれー‼️ってなりました(´・ω・`)

    異世界の影響とか受けてバグって小粋なジョークとか言ってくれたらクッソ面白そう
    「倒れる時はスタンディングモードで」
    みたいな

    楽しみです‼️

    作者からの返信

    作者としましてもロボットと人間の掛け合いみたいなものは大好きなので、そういう展開も そのうち入れようと思っていますが、実際に本格的にそういうAIが出てくるシーンに入るまでは少しかかるかと思います。
    ぼちぼち待っていただけるとありがたいです。

    2018年11月13日 20:12

  • 第16話へのコメント

    科学と陰陽道の融合! いいっすねぇ。

    イメージ的に、アイ〇ンマンのジャービスが思い浮かびました。
    自分もあれくらい有機的なサポートAIが欲しいっす。

    作者からの返信

    良いですよね、ジャービス。
    現代に陰陽師がいればこれくらいやるのではないか、と想像しながら書いてみました。
    悪郎機関は科学力もそこそこあるので結構いろんなものを作ってる、という設定があります。
    これから話が進むにつれて また色んなものが出てきますので、ぼちぼち楽しんでいただければと思います。

    2018年11月13日 00:12

  • 第15話へのコメント

    ポンコツなのがメア様かと思ってたらこの街全体が平和ボケしてるー‼️

    これは黄太郎がどう国に自分たちの価値を売り込んでくか楽しみですな(´・ω・`)
    でも、平和な所に異質な力を持ってる奴って石投げられそう‥‥‥‥‥

    何か魔物が来て、それを粉砕!玉砕!して村人が大喝采!みたいな?
    楽しみです‼️応援してますぜ‼️

    作者からの返信

    毎回のコメント本当にありがとうございます。
    次回作を書くやる気になります。
    一応,後ほどアイバラの説明は入りますが,基本みんな呑気です。
    また,これからの展開については もうある程度できていますので,今まで通り週四でアップするので読んでいただければ幸いです。

    それでは,今回も読んでいただきありがとうございました。

    2018年11月9日 12:15

  • 第14話へのコメント

    いいねいいね‼️
    こう‥‥‥‥主人公が普段スチャラカだけど締める時には締めてキメてくるのが良いんだよ‼️

    ふざけた奴がマジになった時のカッコ良さったら大好物ですぜ‼️旦那ァ‼️

    ギークってのはザックリ言うと難易度高い貧乏籤です。詳しくは調べてくだち‼️

    作者からの返信

     ノリが軽いわりに賢くて強いタイプの主人公が大好きです。
     ジョジョだとやっぱりジョセフが好きです。

     回答ありがとうございます。
     まだまだ知らないものがたくさんありますね。

     それでは、また続きを読んでいただけると作者冥利に尽きます。

    2018年11月8日 23:46

  • 第13話へのコメント

    アイエェェ‼️ニンジャ‼️ニンジャナンデ‼️
    (うすうすはそうじゃないかと)

    ここからどういう道化になるのか楽しみです‼️
    クラウンかギークか‥‥‥‥‥‥
    多分ギークかな?自分たちと違うと言う点で、妖怪も魔物も変わらないしね

    作者からの返信

    毎回のコメントありがとうございます!

    ギーク? というのが、すみません。不勉強なもので、ちょっとよく分からないですが、書きたいものは山積みなので、これからもぼちぼち読んでいただけると嬉しいです。

    2018年11月6日 22:00

  • 第13話へのコメント

    アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?

    失礼いたしました。若干モータルな感想が飛び出ました。

    ニンジャだったのですね。思わず黄太郎が乱太郎に見えてきそうです。
    自分は子供の頃より忍者に憧れて日光江戸村で働こうとして挫折した人間ですが、今時の創作物で忍者が出てくるのは割と希少なので応援したいですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!
    まさか日光江戸村で働こうとしていた方に読んでいただけるとは思いませんでした(笑)

    確かに、一度は忍者 流行りましたけど、今は下火になってきた感がありますね。あまり気にせずに作った設定ですが、気に入っていただけるとありがたいです。

    2018年11月6日 21:25

  • 第10話へのコメント

    異世界あるある→謎に警備が厳しい。が、門番がザル。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!! 
     まあコメディですからね……。
     あとアイバラの人は温暖な気候の中で生きているので のんびり屋さんが多いというのもあります。
     

    2018年11月5日 23:26

  • 第12話へのコメント

    メア様キャラ濃すぎィ‼️

    初手おちょくりはアメコミにおいて基本だからね仕方ないね(´・ω・`)

    作者からの返信

     いつもコメントありがとうございます。
     メア様は見た目ほどクールではないです。基本コメディで書いてますので。

    2018年11月5日 23:24

  • 第11話 遭遇へのコメント

    黄太郎の実力がついに見られるのか?それとも煙に巻くのか?

    メアジストはキツい性格そう(´・ω・`)
    おちょくるタイプとは食い合わせ悪そうだが、1話の土下座をみる限り黄太郎も仕事モードに思考を切り替えたらどうにかなるんですかね?

    楽しみです‼️

    作者からの返信

    いつもコメントありがとうございます!!
    来週の月曜からの更新で少しずつ物語が動き出すので、読んでいただけると とてもうれしいです!!

    2018年11月2日 20:27

  • 第10話へのコメント

    怪しい奴がこれからどうなるのか楽しみですなぁ(´・ω・`)

    菅田○暉は“大地の囁き”が聞こえるから‥‥‥‥(震え声)

    作者からの返信


     正直に申し上げますと、邦画は詳しくないので菅〇将暉は銀〇くらいしか知らないんですよね。
     勇者ヨシ〇コは見てたのでそっちにも出てたキャストなら まだましなんですが。

     それでは、今週は今日までアップするので、読んでいただけると幸いです。

    2018年11月1日 19:34

  • 第10話へのコメント

    俺が大人になる中で忘れてしまったあの夏の夕暮れの思い出
    って何だろう、気になる。
    まぁ、知らないほうがいいことも世の中にはあるけれど(笑)

    作者からの返信

    早速のコメントありがとうございます!
    筆者は高田純次が好きなので、高田純次を参考に適当なセリフを考えているので、そのセリフもその場のノリで考えました。

    これからもテキトーなセリフは沢山あると思うので、精々笑ってくれると嬉しいです。

    2018年10月31日 18:45

  • 第9話へのコメント

    さて、これからが本番でしょうか。
    メタ異世界というか、一種独特な異世界転移の形で面白いです。
    妖怪とか陰陽道とか好きなので、その辺がどうバトルやら何やらにからんんでくるのかとかも楽しみ。
    異世界モンスター娘と日本妖怪の絡みって一度やってみたかったけど、まだ手をだしてないのでその辺も勉強させて頂きたいっす。

    作者からの返信

     異世界というと中世ヨーロッパ風か、あるいは和風なイメージがあるのですが、折角だしもっと別の形で書けると楽しそうだと思ったのと、あと異世界モノについて抱いた疑問などを形にできたらと思っています。
     こちらこそ、これからアクションシーンも出てくるので、あんこう兄さんの作品で勉強させていただければと思います。

    2018年10月31日 19:42

  • 第7話へのコメント

    楽しく読ませて頂いております。

    なかなかに昨今の事情に突っ込んだ話題ですね。
    私も異世界物書いておりますが、言語をどうしよう?文化をどうしよう?と悩むあまり、設定が曖昧になって描写が曖昧になってしまうという事になり。
    煮詰めずそのまま書いてしまったわけなのですが。(反省しています
    あ、にも拘らず評価及びレビュー本当にありがとうございました!この場を借りてお礼申し上げます。

    元々は伝統RPGの世界観に端を発する問題なんですかねこの辺は。
    だとすれば、この違和感を解決するには。そうだなぁ。

    多次元構造世界にして、現実世界の下層に派生世界が沢山存在していて、その一部にゲーム的情報から発生した世界があるとか。(異世界転移は次元を落っこちる形をとる。一方通行の理由にもなりそう

    いっそ、なんらかの神様を出しちゃってゲームを参考に作りましたってことにするとか。

    あるいは、異世界という名のシュミレーション系世界として、ゲーム媒体形式て構築されていることにするとか。(VRや電脳化のジャンルなので最終的にSFになっちゃうかな?

    私の頭でぱっと考え付くのはこの辺ですが。
    まぁやっぱり何かしらの筋を通したくなっちゃいますね。

    私が一番切実に悩むのは、やっぱ言語なんですけどねぇ。
    こちらの異世界は、色々と「タネ」がありそうで楽しみです。
    長文失礼いたしました!

    作者からの返信

     こちらこそ、こんなにも長い感想文を頂けて大変ありがたい気持ちでいっぱいです!!
     異世界の設定については少しずつ掘り下げていくつもりですが、ただ正直こちらもある程度のラインを設定しただけでかなり見切り発車です。
     ただ正直なところ、あまり設定を考えすぎてもしょうがないかな? とも自分としては考えていますので、基本はざっくりした感じで進めていこうかな、くらいに思っています。
     とはいえ、それなりに着地点を考えたうえで書いてはいるので、これからも読んでいただけると幸いです。

    2018年10月31日 19:22

  • 第9話へのコメント

    アイバラの町‥‥‥
    愛知‥‥‥茨城‥‥‥
    うっ‥‥‥‥頭が‥‥‥‥‥

    グンマーとか言う未開の地ありそう


    勇者少年達は、のぼせあがったオレ最強的な奴か、正義感の塊か‥‥‥‥‥
    はたまたハーレム野郎か‥‥‥‥‥

    楽しみです‼️応援してます‼️

    作者からの返信

    okokok838さん毎度のコメントありがとうございます。

    さて、アイバラの由来ですが本編に関係ないので打ち明けてしまうとタバコの銘柄からとっています。
    ブラックデビルのアイスバニラから『アイバラ』です。
    理由はなんかかっこいい気がするから、という単純なものなのですが。

    ここら辺の設定に関しては切りのいいところでまとめて出そうかと思います。
    それでは、明日も更新しますので読んでいただけると幸いです。

    2018年10月30日 22:54

  • 第8話へのコメント

    前回の話からちぐはぐな文明とかそこにツッコミ入れて行くスタイルと予想してたから、二毛作や輪作は予想してたがトラクターとか草wwww

    普通に工業なのか、スチームパンクなのか謎動力なのか‥‥‥‥‥
    私気になります‼️

    楽しみな作品デスね‼️応援してます‼️

    作者からの返信

    毎度のコメント本当にありがとうございます!!
    これからもコツコツと進めていきますので、楽しみになさっていてください!

    2018年10月29日 22:13

  • 第7話へのコメント

    企画から拝読させていただきました。

    いやぁ~キャラの掛け合いが面白いですね!
    展開よりもそっちの方が気になって読んでしまいます。

    確かに異世界=欧州ってパターン多いですよね
    書きやすいし読み手にも説明省けるから楽なんでしょうが……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!
    大変励みになります!!
    基本的にコメディ要素を強くするつもりなので、キャラの掛け合いを書くのは筆者としても とても楽しいです。

    それと、異世界テンプレに突っ込みたいことはそれなりにあるので、そう言うのもネタにしたいなと思っております。

     それでは、これからも続きを読んでいただけると大変ありがたいです。

    2018年10月29日 22:16

  • 第7話へのコメント

    作者が洋画好きで異世界だから、ちゃっかり悪戯の神とか奇妙な医者とか死の溜まり場サン辺りが作ったのかな?

    ひょっとしたら異世界言っても、バイストン・ウェルみたいに現代と関係深かったり‥‥(´・ω・`)

    作者からの返信

     毎度毎度コメントを頂き、ありがとうございます。
     大変 励みになっております。
     このコメントで次のストーリーを書く気力が湧いてきます。
     流石に作者がネタバレするわけにはいかないので、設定に関わることは答えられませんが、少しずつ話の中で出てくると思いますので、ごゆるりとお待ちいただけると幸いです。

    2018年10月25日 21:32

  • 第6話へのコメント

    これはwwwww
    最後の一文でアメリカドラマ風味がひしひしと感じますな(´・ω・`)

    日本だと、flagや、最近だと仮面ライダービルドみたいな感じで実は報告書だった的な感じかな?
    俺特ゥー‼️

    作者からの返信

     ありがとうございます。
     特に意識せずにコメディ要素として書いたのですが、あとになって思うと勇者ヨシヒコの影響を受けている気がします。

    2018年10月25日 09:26

  • 第5話 オーダーへのコメント

    有九郎の語り口が「本当にすまないと思っている」とか言い出しそうと言うか、
    大変だと思ってる癖にうっすら他人事みたいな物言いに草を禁じ得ないwww

    作者からの返信

    またしてもコメントを頂きありがとうございます。
    お互いに長い付き合いなので、互いの性格を分かったうえでの言動です。
    それはそれとして、有九郎がテキトウな性格なのは間違いないのですが。

    2018年10月23日 22:04

  • 第1話 はじまりへのコメント

    ジャスラッ○パイセンはアニソンにもっと食い込みたくて暗躍し‥‥‥‥うわなにをする‥‥‥‥やめ‥‥‥‥‥(´;ω;`)

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    まだ数話しか書いていないのに、わざわざコメントがいただけるなんて思いませんでした。
    大変励みになります!

    2018年10月23日 08:48

  • プロローグへのコメント

    メン○イン○ブラック的な雰囲気の陰陽師モノ?

    掴みの話でハートを捕まれましたので、楽しみです‼️

    作者からの返信

    コメントしてくださり本当にありがとうございます!
    作者は洋画が好きなので、スパイコメディ風味の異世界もののイメージで書いております。
    これからもコツコツと書いていきますので、よろしくお願いいたします!

    2018年10月23日 08:50