終電

ゆう作

終電

 ‪いつもはビッタリ付けているイヤホンも、流石に今日はそんな気になれず外してみる。


 今まで聞こえなかった世界が流れ込んでくる。車輪が擦れる音、窓が軋む音、学生の世間話、何処からか聞こえてくる降車駅を知らせる機械音。そのどれもが噛み合って、綺麗に聞こえてしまった。知らない世界に触れてしまったみたいで、なんだか情けなく目が潤んでしまった。‬‪


 機械音に言われるがままに降りてみる。革靴越しからでも伝わる程、冷気が刺さる階段を上る。風が強い。前に進めない。何処から吹いてくるんだろうと、足を踏ん張りながら考えにふけってみる。似たようなものを感じた事がある。そうだ。社会だ。出口は見えてるけど、風の吹きどころは見えない。自然と口角が上がったから、気味悪く嗤ってみた。なかなか気持ち良い。


 ‬‪先程のそれよりも、何故か少しだけ暖かく感じる階段を下りる。一際強い風が吹いて来た。同時に冷たい光も迫ってくる。いや、よく見たら暖かい。咄嗟にそれに包まれたいと身体が感じた。それは正しいと脳で判断した。


 一歩踏み込んでみる。意外と軽い。もう一歩踏み込んでみる。足が地面に粘りついたように重くなった。光が来てる。焦りと同時に色んなものが流れ込んできた。それでも、濾過ろかしてみたら、残ったものは、特に何も無かった。粘りも消える。体が軽い。馬鹿みたいに軽い。飛んでみる。このまま落ちないんじゃないかとさえ思えた。光に、包まれた。‬


 ‪──車輪が擦れる音、窓が軋む音、悲鳴。やっぱり綺麗に思えた。‬


 だから、染まる赤も、風も、きっと綺麗だったんだろう。‬

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

終電 ゆう作 @mano3569

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画