正義の子ども、ピーター・パン!

「怒るなよ。『遊び』じゃないか」


 やつは言った。たぶんこの先も、一生この件について悪びれることはないだろう。ピーター・パンっていうのはそういうクソガキだ。


 おれは怒るどころじゃなかった。叫びながら切られた手をおおい、血が流れ続けるのを止めようとした。ピーターはおれの右手を海の上に落とした。はははっと笑い、見ろよ、とおれの背をたたいた。


「ワニが食ってるぜ。おまえの味をしめちゃったかもな。はは、面白い! じゃあ、おれ、さっそく迷子を集めよう。おまえは海賊を集めろよ」


「……海賊は、迷子をさらうぜ」


 息も絶え絶えだったが、おれははっきりと言った。飛び立とうとしていたピーターが、うん? と首をかしげておれを見る。


「海賊は、大人になりかけた迷子をさらう。さらわれた迷子はおれのもんだ。海賊になるか、死ぬかの二択。だけどもしも本人が海賊を選んだら、おれのもんだ。手出ししたら許さない。いいな……パン」


 あいつの名前を名字で呼ぶのは二度目だった。一回目は凍るほど冷たい声で「大人かよ」と言われた。だが、今のおれは、そのとおり。本物の大人だ。


 ピーター・パンはにっと笑って、いいぜ、と言った。


「面白いルールだな。うん、陣取り合戦みたいだ。気に入った」


 はあっと息を吐いた。


 よかった。


 これで、大人になった迷子を救い出せる。この悪魔から。

 そのためなら、手のひとつやふたつ。


「その手、フックをつけろよ」


 ピーターはにやっと笑って、指でフックの形を作った。


「おまえは今日から、フック船長。あはは、いかにも悪役だ! いいねえ、最高じゃんか。おまえは悪い大人で、おれは正義の子ども!」


 血が流れていきすぎて、意識がもうろうとしてきた。ピーターが「じゃあな」と言って、飛び去っていく。新しく犠牲になる迷子たちを探しに……いや、そいつらはおれが救う。ひとり残らず、ピーターが手を下す前に。


 だけど、今はこの大量出血をなんとか……しなけりゃ……。


 誰かの声がする。あわてておれを介抱している。だれだ……おっさん、だれ……。


 うわ言でつぶやいていたらしい。手首が固定され、寝かされて、ひたいの汗をぬぐうおっさんが、かいがいしくおれをなだめて、意識の向こうから声をかけ続けた。


「船長、ご安心を。このスミーめがお世話をいたしますからね。ええ、さっき緑色の服を着た少年に連れて来られまして。もう何十年も執事をやっておりましたんで、いくらでもお申し付けください。あなたが新しいご主人だとうかがっております。スミーです。なんなりとご用命を……」


 ああ……おれは……助かるの、か……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます