いけ、ピーター! フック船長をやっつけろ!

「ビルがいなくなったんだ」


 ピーターが言った。ああ、そうかい、とおれはなんてことなさそうに言った。


「きっとはしゃいでかくれんぼでもしてるのさ」

「ちがうよ。落ちたんだ。テムズ川に」


 おれは息を止めた。

 一瞬、このクソガキがなにを言っているのか、本気でわからなかった。


「……は?」


「落ちたんだ、ビルのやつ。たぶん『信じる心』が足らなかったんだろうなあ。突然飛べなくなっちゃったみたいでさ。でも、それでよかったかもな。あいつ、いちばんチビのくせして、なんか妙に大人びててさ。気持ち悪かったんだ」


 ピーターはおれに笑いかけた。

 悪魔が笑っているのかと思った。


「ケビンも、ジョーも、トムも。みんな落ちちゃった」


 あーあ、とピーターは頭の後ろで手を組み、地面をけった。


「あとはおれたちだけになっちゃったよ。つまんないね」

「ちょっと待て……」


 信じられなかった。

 だって、ほかの連中は、まだ。


「いいんだ、また新しい迷子を探すから。子どもはいくらでもいるんだ。探そうと思えば、いくらでも」


 ピーターはにっと笑い、腰の短剣を引き抜いた。

 背筋が凍りつく。


 そうだ。わかっていたじゃないか。


 空を飛ぶのに「信じる心」なんか必要ない。必要なのは「ピーターのお許し」だけだ。もしもティンクが妖精の粉をふりまけば、海賊船だって宙に浮くだろう。妖精の粉なしでこいつが空を飛べるっていうのは……つまり、そういうことだ。


 ピーターが「あいつはいらない」と思えば。それだけで飛行中の迷子は、あっというまに冷たい川の水にたたきつけられる。


 やられた。

 全部こいつにはお見通しだった。


 だましやすい、バカなガキはおれだったってこと。


 気が付くと、おれは雄叫びを上げてピーターに飛びかかっていた。


 短剣をかまえていたやつは、ほんのすこし出遅れた。その一瞬のすきを突いて、おれはやつのみぞおちにつっこみ、身体をがっちり抑えこんだ。短剣がやつの手から滑り落ちて、石畳の上を転がっていく。


「ティンク! ティンカー・ベル! 拾え!」


 ピーターがささやくように叫ぶ。だが、おれの雄叫びを聞きつけ、巡回中の警察が通りの向こうからやってくるのを見て、やつはおびえた。あちこちの建物の窓が開き、大人が顔を出す。


 そう、大人だ。やつが虫唾の走るほどきらいな、大人。それが、わらわらとやつを囲いこもうとしている。


「くそっ、はなせ!」


 ティンクがどこからともなくあらわれて、短剣を拾おうとした。ピーターはそれを待っていられなかった。食らいつくおれをそのままに、がっと空へ飛び上がった。


 ますますピーターにしがみつき、おれは歯ぎしりしながら叫んだ。


「ネバーランドに行け」

「はあ?」


 ピーターは不機嫌だった。今すぐにでもおれを落としてやろうともがいていたが、単純な力ではおれに分がある。


「このままネバーランドに行け」


 おれはぎりぎりしながら言った。


「おれはネバーランドに住み続ける。おまえとは決別だ。おれはおれのやり方でいく。おまえのルールの届かないところで」


「だめだ。そんなの、ゆるさないぞ」


 おれは笑った。あんまり笑いすぎて、ピーターが気味悪がって「なんだよっ」と叫ぶくらいに。


「バカだな。敵がいたほうが面白いだろ? 敵と味方に分かれて戦い続けるんだよ。面白い『遊び』じゃないか」


 ピーターはもがくのをやめて考えこんだ。ティンクがよろよろしながら短剣を持ってきて、ピーターに手渡す。そのままふりおろすこともできたのに、ピーターは「ふうん……それ、面白そうだな」と言った。


「子どものチームと、大人のチームで、分かれるわけか」

「そうだ。おれは……そうだな、海賊役だ。悪い海賊で、海を荒らしまわっている」

「ふんふん、それで?」


「おれは立派な海賊船の船長で……おまえを恨んでいるんだ。いつかおまえを殺したいと、命を狙っている」

「はははは! 面白いじゃん! 気に入った!」


 はっと気がつくと、そこはもうロンドンではなかった。ネバーランドの、海辺。


 ピーターはおれを海辺沿いの岩の上に置くと、飛び回ってあははと笑った。


「ここに海賊船を停泊させよう! うん、おれが用意してやる。おまえはそこの船長だ。そうだな、船長には名前がいるな。なんて名前にしようか……」


 ピーターはくるりとふり返り、にやっと笑って手を叩いた。


「フックだ!」

「は? なんで」

「あたりまえだろ」


 ピーターはおれの目の前に飛んできて、無邪気に笑いながらおれの右手をつかんでひき寄せた。次の瞬間、つかんでいた短剣をふりおろし――おれの右手を切り落としやがった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます