ピーター、一緒に空を飛ぼう!

 何年ぶりのロンドンだろう。おれは震えていた。となりのケビンを見た。ケビンはやはり青ざめて、ぎょろりとした目でおれを見た。


「落ちたらどうしよう」

「考えるな。本当に落ちるぞ」


 おれはそう言ってケビンをなだめた。


 ほら、バカだろう?

 おれはまだ、ピーターの言葉を信じているふりをしていたんだ。


 迷子たちは夜のロンドンを飛び回っていた。


 すごい景色だった。頭上には星がまたたき、地上では数え切れないほどの家の窓から光がもれて、まるで上下から光のつぶつぶに押し寄せられているような感覚だ。


 帰ってきたという感慨はほとんどなかった。不思議なことだが、おれはあんなにも帰りたがっていたくせに、ちっともロンドンが好きではなかったんだ。


 そうか、と思った。おれはたしかにピーターがきらいで、逃げ出したくて仕方なかった。だが、きらいなのはピーターだけだったのだ。


 おれはネバーランドが好きだった。あの場所を愛していた。


 ピーター・パンがいるというそれだけの理由で、あの場所を離れなければならないなんて、おかしいと思った。なんてこった。おれは今すぐ、あの場所に帰りたくて仕方なかったんだ。危険をおかして迷子たちをけしかけたくせに、当のおれがこのざまだ。


 だがもちろん、今そんなことを宣言するわけにはいかない。

 とりあえずは迷子たちを安全にピーターから逃がすんだ。


 ネバーランドに帰るのは……それからでもいい。


 ピーターはけたけた笑っていた。いつものとおり、子どもの遊びさ。やつには責任感なんてものはない。迷子たちが消えたって、心配して探すのかあやしいもんだ。次の瞬間、なんてことない顔をしてすますだろう。そしてさっさと帰って眠りにつく。


 子どもってのはそういうもんだ。

 自分のことしか考えちゃいない。

「子どもは最高」だなんて、戯れ言だ。


「ビル、お前の妹がいる家はどこだ?」


 町の上空を飛びながら、おれはこそっとビルに近づいていって声をかけた。ビルがテムズ川の向こうを指さす。おれはうなずいた。


「行け。帰れ。迷子は家に帰るんだ」


 ビルはうなずいて、言うとおりにした。おれはすっとビルから離れ、家のあいだをすり抜けた。いかにも子どもらしく遊んでいるって感じでな。と、石畳の上にキラリとしたものをみとめて、興味をそそられて地面におり立ち、金色のものを拾った。


 懐中時計だった。すこし大きい。音がしないのでネジを巻いた。


 どきどきした。時計は大人の持ち物だ。子どもは時間なんか気にしない。だけど、大人は……これをふところにしのばせて、ときどき巻いて、その音に耳をすませる。


 ああ、おれ、やっぱり間違っていたのかもしれない。


 ピーターは人間じゃないから、おれたちが成長する理由をわかっちゃいないんだと思っていた。おれたちは望んでいないのに大人になっちまうんだ、なのにピーターはそれを認めず、大人になりたいからおれたちが成長するんだと、決めてかかっていると思っていた。


 だけど時計のチクタクという音を聞いた瞬間、おれは思った。


 おれは確かに、大人になりたかったんだ。

 いい加減、子どもを卒業したかったんだ。


 おれは心の底で、やっぱり大人になってみたかった。だから、成長したんだ。


「なにか見つけた?」


 背後から声がした。ピーターだ。あわてて懐中時計をポケットに押しこみ、引きつった顔で「別に」と笑った。


 ピーターは軽やかな動きでおれの目の前に飛んでくると、地面におり立って、すっかり背の高くなったおれを見上げた。そばの家の窓から、あたたかな家族のだんらんが聞こえていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます