それが、詠み人の使命だから

作者 バババルトス