ブレイガーO -異世界で作られたスーパーロボット-

作者 来賀 玲

プロローグ:私の名前は、良露井 洸(よろい こう)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ケンズォさんがどれだけ皆に慕われていたのかが分かります。

    惜しい人を亡くしました…。

    作者からの返信

    あいつ、悩んでる時に空気も読まず酒飲みに誘うような迷惑な人間なんですけど、気がついたら一緒に悩みを解決してくれるロクデナシだったんですよ……
    惜しい人、おかしい人を一変に無くしてしまった……

    2019年5月5日 16:51

  • ・その娘であるアイゼナも、無論栗のドレスを着て喪に伏している。

    栗のドレス→黒のドレス

    ・薄汚れ、機械油、爆発の後のスス、くたびれた記事に落ちない汚れ。

    くたびれた記事→くたびれた生地


    死してなお、これだけの人たちに惜しまれる人物だったわけですね。合掌。

    作者からの返信

    ロクデナシだし空気は読めないけど、悩んでいるとき通りすがりに軽い調子で的確なアドバイスしてくれる愛されるクズでした

    2019年1月23日 00:56