第27話


「ふっふっふー。どう? わたし、ちゃーんと十歳くらいの女の子に見えたかしら?」


 街道を歩きながら、くるんと華麗に一回転するハリエットに、しかしお供二人は「えー」と揃って顔を見合わせる。


「どうでしょうねえ。カイリさんはともかく、あの二人は疑ったんじゃないですかね」

「え」

「マシューの言う通りです。何と言うか、私達の前だと喋り方の語尾が『じゃ』とか言いかけて、ぶれていましたしね。知識もひけらかし過ぎです」

「え」


 ぐさぐさと駄目出しをされて、ハリエットの顔が曇る。

 だが、そんな憂いでお供二人が止まるはずがない。人差し指を立てて、ぴっと失点を挙げ連ねていった。


「しかも、あんなに無邪気に振る舞っていたくせに、カイリさんのこと、『お兄さん』って!」

「な、何よ?」

「貴方くらいの年頃で、あそこまで子供なら『お兄ちゃん』でしょうね。別に、『お兄さん』と呼ぶ子もいるでしょうし、おかしくは無いですが……いやはや。ちぐはぐでした」

「え……」

「カイリさんが素直で良かったですね。もうちょっと、演技もお勉強しましょうか」

「えー……」


 二人揃って容赦なく駄目出しをしてきたので、ハリエットは唇を尖らせる。自分では上手く演じられたと思っていたのに、と文句の一つも言いたい気分だ。

 とはいえ、演技を見抜かれては危険に片足を突っ込むことになる。仕方なしに、課題として受け入れることにした。


 今現在、ハリエットはカイリ達と別れ、南の国に帰るところだった。


 色々と駄目出しをしてきたが、お供二人は笑って自分の隣に並ぶ。その横顔がどことなく楽しげで、ハリエットはこれ見よがしに溜息を吐いた。

 街からも遠ざかっている。――これ以上、演技の必要はないだろう。



「……何じゃ、お前達。そんなにわらわがはしゃいでいるのを見て、楽しかったかの?」



 きっと、カイリが聞いたら目を丸くしていただろう。

 だが、これが本来のハリエットの喋り方だ。彼らの前では演技をしていたに過ぎない。


「ええ、それはもう! ハリエット様、めっちゃ真っ赤になってて面白かったですし!」

「って、おいマシュー。言い方を考えろ。ハリエット様は、あんなに熱烈に男性に言い寄られたことが無いから、免疫が無くてのぼせあがっているだけだ。どうせすぐ冷める」

「ああ、そんな……! せっかくの優良物件が……あ、いや。ハリエット様の本性を知ったら、裸足で逃げ出すかも。というより、カイリさん、可哀相か」

「そなたら、大概たいがいじゃぞ。わらわを誰だと思っておるっ」


 ぱちん、とぬいぐるみを抱える反対側の手で、器用に扇子せんすたたむ。

 苛立ったハリエットに、しかし従者二人は何処吹く風だ。マシューは飄々ひょうひょうと肩をすくめ、ハンスは至って生真面目にうやうやしく一礼した。



「それはもちろん。我らがファルエラ国の女王陛下にあらせられます」



 彼らの言葉は面白がる様でいて、その実ひどく忠誠心に溢れている。

 ハリエットが信頼するだけはあるということだ。むしろ、彼らでなければお供など許すはずもない。

 彼らの言葉に満足し、ハリエットは昨夜のことを思い出す。

 捕えられたハリエットに向かって、窓の上から必死にカイリが叫んでくれた言葉は、想いの源泉がどうあれ熱に溢れていた。久方ぶりの相手を想った言葉に、ハリエットも少しだけ心が痺れたものだ。


「……まあ、カイリお兄さんの言葉は、満更でもなかったがの」

「あ! やっぱり! おいハンス、未来の王配おうはいが決まったぞ!」

「はあ。やはり、免疫が無さ過ぎてハリエット様は簡単に攻略出来る、と」

「って、違うわ! た、確かにカイリお兄さんは誠実だし、可愛いし、素直だし、なかなか信用出来そうではあるが、……」


 しかし、彼は聖歌を扱う者だ。


 つまり、これから教会に所属することになるのは間違いがない。

 今は聖歌騎士の身分では無い様だが、傍にいる二人は教会騎士だ。向かっている先は、確実に聖地と呼ばれる教会の総本山だろう。

 彼は、これから否応なく黒い世界に巻き込まれる。

 憐れとは思う。だが、手を貸しはしない。

 教会騎士は、ただでさえ胡散臭い輩が多いのだ。あくまで事務的に徹しなければ、こちらが喰われる。


「でも、ま、カイリさんがあれだけのことを言ってくれて手間は省けましたね。あの狂信者共、あのままだったら彼が下りてきた途端、ハリエット様を殺そうとしていたでしょうしね」

「……まあのう。カイリお兄さんが物凄いまくし立ててくれたおかげで、あの男。苦々しく周りに『……一応、殺すなよ』と言ってくれたからの。お兄さんの判断は間違ってはいなかったじゃろう」


 とはいえ、少し残念だ。

 あれが本気であったならば、色々手を回し、何が何でもファルエラに招いて従者にしたのに。教会に取られる前に保護すれば、こちらもあらゆる手段で守って戦力にしてしまえる。



「……聖歌を歌える者が欲しいのはどこも同じ、かの」



 溜息を吐きながら、ハリエットは今回の目的を達したことをしみじみと実感した。

 ハリエットが北に赴いたのは、第十三位の人となりを見極めたかったからに他ならない。

 各国に放つ数少ない密偵から、第十三位の団長と団員が長期で北へ向かうという報告があった。第一位から第十二位までは直接調査し終えていたため、残るは第十三位のみだったのだ。

 故に、ハリエットは二人を連れて直に接触することを決めた。

 カイリは報告には無かった人物だ。恐らく、彼らの目的はカイリだったのだろう。


「……確か、村が無くなっていたのだったかの」

「ええ。彼らが来た方角に行ってみましたが、……むごい跡地でした」

「そうか」


 村が一つ丸ごと無くなっているとは穏やかではない。

 聖歌を手に入れるためか。恐らく狂信者の仕業だろう。

 そういう意味では、カイリは一番良い形で保護された。もう少し早ければハリエット側に欲しかったが、仕方がない。

 それに、あの村に向かっていたおかげで、ちょうどカイリを狙う野党共にも出会えた。



 第十三位と近い位置を狙って忍び寄り、ちょっと涙目で近付くだけの簡単な手順だ。



 それだけで、明らかに高貴な身分のハリエットは、強欲な彼らにとって極上の餌となる。逃がすわけがない。

 おかげで、第十三位に近付く良いキッカケになってくれた。狂信者にはむしろ感謝している。

 だが。


「それとこれとは、話が別、とな」


 目的を達成すれば、用無しだ。狂信者は、見つけ次第始末の対象である。生かしておくメリットは何一つ無いどころか、デメリットだらけだ。



「ところで、昨夜の狂信者共はどうなったかの」

「全員始末しましたよ。生かしておく理由も無いですし、ハリエット様、常日頃からそう仰っているじゃないですか」

「それに、万が一……も無いでしょうけど。逃げられたら、カイリさんの新たな情報が大元に伝わってしまうでしょう?」

「うむ。よくやった」



 昨夜の内に教会に引き渡された狂信者一同は、この二人が始末した。問題は無い。

 カイリの聖歌は、使い手の中でもかなり強力だった。もしまかり間違って狂信者の上に伝わってしまえば、彼は教会にかくまわれても、四六時中狙われる羽目に陥っていただろう。聖地であっても、お構いなしになる可能性があった。

 いずれはそうなるとしても、現時点でそれは見るに忍びなかった。、無事に生き延びてもらわなければならない。

 だが。



 ――どうせ、狂信者共は全員自害していただろうがの。



 冷たく、ハリエットは分析をする。

 狂信者は、教会側に情報が一粒でも渡るのを極度に毛嫌いしている。

 故に、彼らは教会に捕えられた場合、よほど隙を見つけて逃げられない限りはこぞって自害するのだ。無論、雇った者達諸共もろともである。

 一応、教会の方も尋問のためにあらゆる手を尽くして自害を阻止するが、狂信者は自害についてかなりの熟練者だ。逃走手段が確保出来なくても、自害をする道は何が何でも確保するという厄介な輩である。



 第十三位のあの二人も、半ば予想はしていただろう。



 本気で尋問を考えるのならば、あの二人本人がルナリアの騎士団の詰所に残っていたに違いない。彼らの腕前なら、一つ二つ情報をしぼり取れていただろう。


 それをしなかったのは、カイリがいたからだ。


 彼が、狂信者を含めて全員生け捕りにした。

 もし、あの二人が尋問に関われば、最終的には狂信者達の首を彼ら自身でねざるを得なかっただろう。生かしておけば、カイリの詳細が、特に歌の力の強さが狂信者の大本に伝わる。それは絶対に避けたかったはずだ。



 逆に言えば、そうなるとカイリの苦労を水の泡にするということに他ならない。



 彼は、まだ教会側の世界に染まり切っていない。

 むしろ、純朴で優しい、極々普通の少年に見えた。どれだけの覚悟を持っていようと、命のやり取りには未だ抵抗があるに違いない。

 最初の手柄を、無意味に虚無に変える必要はない。

 故に、あの二人は尋問を放棄することにしたのだろう。狂信者達が勝手に自滅することを狙った。ハリエットの想像以上にお人好しである。

 それでも。



 今朝の時点で、狂信者達の末路は教会から伝わっていたはず。



 誰が手をかけたか、恐らく二人は薄々気づいていただろう。彼らの目が、お供達の腕前を見抜けぬほどの節穴には見えない。朝食で顔を合わせた時点で、ハリエット達に疑いは抱いていたはずだ。

 それでも二人は素知らぬ顔を通してきた。カイリにも伝えていなかった風に思える。


 だから、あくまでカイリは何も知らない。渦中にいながら、知らぬまま守られた。


 今だけの処置なのだろうが、彼らには彼らの考えがあるのだろう。彼らもなかなか食えない連中である。他の騎士団よりは信用は出来るかもしれないが、注意は必要だ。

 しかし。



「……本当に、お兄さんの歌声は優しかったのう」



 本当は聖歌に抗おうかとも思ったのだが、あまりに気持ちの良い歌声に、素直に眠ることにしたのだ。


 ――寝首をかかれることもあるまい。


 彼らが自分達を見捨てたり、下手を踏んだら自力で抜け出すつもりだったが、あの時点でもう大丈夫だとハリエット達は判断していた。



 わざと、自ら捕まった甲斐があったというものだ。



 おかげで、彼らの人となりも存分に見られた。カイリという人材をこの目で見れたことも僥倖ぎょうこうである。


「第十三位が、一番まともだということも分かったの」

「はい。あのフランツとシュリアという者も、他の団に比べれば人情がある」

「まあ、全員が全員まともじゃない、とは言わないですけどね。……カイリさん、出来れば第十三位に入れると良いですね」

「全くじゃ。そうすれば、まとめて依頼が出来る」


 とん、と扇子で口元を叩く。

 その仕草に、二人が意味ありげに口の端を吊り上げた。


「……では」

「うむ。行動を起こす時が来たら、第十三位に依頼する。カイリお兄さんがそこにいればそのまま、他の団にいれば名指しをするとしようかの」


 心を決めたことを明かせば、マシューがぱしんと手を叩く。かなり気合の入った笑みに、これまでの苦悩が垣間見えた。


「いよいよか。……あの堅物ども、見てろよ」

「マシュー。勇むな。……一番辛酸を舐めていたのは、ハリエット様だ」

「分かってるよ。なあ、ハリエット様?」

「うむ」


 二年前、両親が死んだ日から。

 ハリエットは、ある未来を夢見て歩いてきた。

 そのために、どれだけ苦汁を舐めようと、手を汚そうと、全てこの日のためと耐えてこれた。

 だから、迷わない。

 そのために。



〝大丈夫。……生きていれば、また会えるさ〟



 例え、心優しい者を利用しようとも。ハリエットは、立ち止まりはしない。



「……本当のわらわを知ったら、お兄さんはどう思うのかの」



 怒るだろうか。軽蔑するだろうか。

 だが、どの負の感情も彼には似合わない気がして、ふっと口元が緩んでしまった。

 もう一度会えたその時には、全てを明かすことになるのだろう。

 少しだけ恐いと思うのは、ハリエットがまだ未熟だからだ。そう、片付けることにした。


「また会おう、カイリお兄さん」


 一度だけ街を振り返り、彼がいるだろう方角を見つめる。

 だが、すぐに背を向けて歩き出したハリエットの背中は、もう未練など微塵も残されてはいなかった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます