剣闘王女伝 ~全てを失った王女は、どん底から這い上がり英雄に復讐を誓う

作者 ビジョン

42

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 王女から剣闘士へ、その目的は復讐のため。典型的な流れの異世界ファンタジーものですが、最初の導入で他とは違うものを感じます。まずリアリティを求めた描写が素晴らしい。異世界ファンタジーは現実では起きないようなことが起きます。そのため文章をよく読まなければ今何が起きているのか理解できないことも多いです。しかしこの作品では今何が起きているのか頭の中で映像として再生されます。私たちはそれを手に汗握りながら見るのです。さらには様々な陰謀が渦巻き読者を退屈させない工夫が凝らされています。異世界ファンタジーを読むと疲れると思っている人も一度読んでみるといいですよ。

★★★ Excellent!!!

復讐の為に剣奴に身をやつす王女カサンドラ。

彼女の前に立ちはだかるは……

オーク!ゴブリン!グラディエーター!

剣!槍!槌に鎖鎌!

最後のボスは邪龍殺しの英雄!

連戦に次ぐ連戦!

こんなにヒロインを追い詰めてもいいの?

痛快爽快バトルアクション!
剣と魔法と男と女!

剣闘王女伝!

……伝説は続きます。

★★★ Excellent!!!

最初に言ってしまうと、私は異世界ファンタジーものは苦手です。ところが、この作品は導入からドラマチックで、戦闘描写が映像的だからなのか、気づけばぐいぐい引き込まれて読んでいました。

露出過多な心許ない鎧と小振りの剣だけで、闘技場の猛者たちを見事に倒す美女。彼女はロマリオン国の闘技場唯一の女剣闘士カサンドラ。エレシエル国の王女だった、か弱い女性がなぜこのような身に落とされたのか? 
彼女が復讐を誓う英雄シグルドは、この闘技場を統括し、実質上最高位の剣闘士。序盤、その圧倒的強さを目の当たりにしたカサンドラも絶望しますが……
毎回、とても勝てるとは思えない相手と闘うカサンドラ。しかし、復讐への執念と天性の機転を武器に切り抜けていきます。個人的に三章のグラディエーター戦は手に汗握り、ページをめくる手が止まりませんでした。もちろん戦闘だけではなく、ロマリオン打倒を目論む同盟小国の動きや、カサンドラのロマンスなど他にも先が気になる展開が目白押しです。
はたしてカサンドラはシグルドを倒すことが出来るのか? ぜひ読んで確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

祖国を滅ぼされ、恋する人を殺され、囚われの身となった王女カサンドラ。
彼女の復讐の相手は、竜の力を操る規格外の英雄・シグルト。
シグルトによって、剣闘士の身に落とされたカサンドラは、いつか復讐する時を夢見て、今まで持ったこともない剣を、その手に握り、立ち上がる――。

剣闘士として一歩一歩ランクを上げていくカサンドラの活躍が丁寧に描かれています。
今まで、戦ったこともない王女が剣闘士にされてしまうのですが、彼女が戦えるようになるまでの過程や理由も描かれ、リアリティがあります。

戦闘シーンも読みやすく、また、舞台がアリーナということもあり、戦う敵もバリエーションに富んで、飽きさせません!

特にグラディエーターでのロイヤルランブル戦は、戦況がどうなるのかまったく読めず、はらはらしっぱなしでした!

舞台の裏では、不穏な影も見え隠れし、いったいこれからどうなるのか……まだまだ目が離せない作品です!

★★★ Excellent!!!

成長過程が良い。
剣闘士の身分にされた主人公が復讐のために剣を振るい成長していく。

戦闘シーンが読みやすい。
どれだけ苦難を与えるのだと読んでいてハラハラしましたが、気づけば一気読み。

主人公が戦っている間に動く影……。
仮面の男の素顔は……。

主人公は復讐を果たせるのか?
今後も注目したい作品です!