111 格好悪くても目的は達成します

「待てぇーーっ!」

 

 背後から屈強な男たちが追ってくる。

 アールフェスは身を護る銃や武器を持っていない。

 青竜の騎士が「まずは体を鍛えることだ!」と言って、アールフェスの武器を没収したのだ。

 武器と言えば、アールフェスには、卵から育てた黒竜ノワールがいる。しかしノワールとは、エスペランサで別れさせられていた。今のアールフェスは竜騎士ですらない。

 

 残っているのは……

 

 自分の手首の内側にうっすら残る、邪神との契約紋を見下ろす。

 邪神ヴェルザンディと契約した証だ。

 ヴェルザンディが地上での依り代を失って天界に撤退している今、アールフェスとの繋がりは薄くなっている。

 邪神との繋がりを完全に断ち切るのも、この旅の目的のひとつだった。

 

 だが、襲われている少女を助けるには、少しだけ残っている邪神の力に頼るしかない。

 

「――はぁっ!」

 

 アールフェスは後ろに向けて腕を振った。

 紫の光の壁が、追ってくる男たちを通せんぼした。

 

「なんだこの魔法は?!」

 

 男たちが慌てふためいているうちに、通りを駆け抜けて青竜の騎士パリスのいる酒場に飛び込む。

 パリスは、酒場で旅人たちと乾杯しているところだった。

 

「師匠!」

「……なんだアールフェス。そんな鼻血をたらして」

 

 アールフェスは鼻の下をぬぐいながら、やけくそで叫んだ。

 

「今そこで、暴漢におそわれている女の子を助けました!」

「おお! よくやったアールフェス。紳士にふさわしい行いだな」

「だけどまだ追われているところで」

 

 後ろの扉がバタンと開く。

 アールフェスが手を引いている少女が、肩を大きく震わせた。

 

「小僧。こけおどしをしやがって……」

 

 もちろん殺傷力のない防御魔法では、時間稼ぎにしかならない訳で。

 アールフェスは一縷の望みをかけてパリスに頭を下げた。

 

「師匠、僕と女の子を助けてくれませんか……?」

「うーむ。君は本当に弱いなアールフェス。そこは師匠の力を借りずに、女の子を根性で守れないのか」

「根性にも自信ありません! 弱いので!」

 

 すがすがしいまでに言い切るアールフェスに、追ってきた男たちや、助けた少女も、呆れた顔になった。

 追ってきた男は冷静に酒場を見渡し、状況を悟ったようだ。

 強引にアールフェスから少女を取り返そうとせず、パリスに向かって声を掛けた。

 

「なあ、あんた。この小僧の師匠とやら」

「うん? 私に何か用か」

「ああ。この女の子はな、俺たちに借金があるんだ」

 

 アプリコットオレンジの髪の少女は、その言葉を聞いて目を見開いて叫んだ。

 

「口から出まかせを! その男の言うことは嘘です! 真に受けないで!」

 

 だが少女の言葉を証明するものは何もない。

 酒場の人々も困惑した様子になっている。

 

「俺たちも、関係ない奴らに迷惑をかけるつもりはない。なあ、あんたから説得して、その子を俺たちに引き渡してくれないか」

 

 下手に出て頼み込む男。

 愁傷な態度に、酒場の人々はアールフェスと男たちを見比べて、迷う表情になる。どちらの言葉が本当で、どちらに味方したものか、判断が付きかねているのだ。

 

「謝礼なら、はずむよ」

 

 男は最後の一押しとばかり、パリスに頼んだ。

 パリスは無表情になって酒の入ったカップをテーブルに置く。

 そしてゆっくりと立ち上がった。

 

「――断る」

 

 パリスから染み出す威圧感に、周囲の人間がごくりと息を呑む。

 

「私は常に、レディの味方だ」

 

 パリスはアールフェスには厳しい目を、少女には優しい流し目をくれた。

 堂々とした歩みで男たちの前に立つ。

 男たちはパリスの恵まれた体格と、歴戦の勇者を思わせる佇まいに、瞠目した。

 

「あ、あんた! そんな子供の言うことを信じるのか?!」

 

 男は気圧されながら、なおもパリスを説得しようとする。

 パリスが強いのは雰囲気で分かる。

 男もパリスを敵に回したくないようだ。

 

「この私、青竜の騎士の判断に、間違いなどない」

 

 パリスは涼やかな表情で、さらりと言ってのける。

 

「青竜の騎士だと……?!」

 

 あの六英雄のひとり、青竜の騎士なのかと、周囲の人間は色めきたった。

 ちょうど開いた扉の向こうから、竜の咆哮が聞こえる。

 建物の外から「上空に青い竜がいる!」という街の人の声がした。

 

「ほ、本物かよ!」

 

 パリスが本物の六英雄だと知った人々は興奮する。

 少女を追ってきた男は苦々しい顔になって「一旦引くぞ」と部下に声を掛けた。

 もはや注目は青竜の騎士に集まっている。

 去っていく男や、つい先ほどまで追われていた少女、少女を助けたアールフェスを、誰も見ない。

 

「騒がしくしてすまないね。竜は帰らせた。私は旅の途中だ。ここで何かを為すつもりはない」

 

 パリスは周囲を見渡して、貫禄のある雰囲気を放ち民衆を静めた。

 

「さあ、乾杯を再開しよう。今夜の、この酒場の飲み代は、私が持つ。皆、大いに飲んでくれたまえ」

「さすが六英雄! 懐が広い!」

 

 飲み代がタダだと聞いた人々は沸き立った。

 金払いの良い客、しかも伝説の英雄が来店したと知った酒場の店主は、ほくほく顔だ。

 

「……師匠。ありがとうございます」

「なに、私は小さなレディを助けただけだ」

 

 パリスは少女に向けて、安心させるように笑んだ。

 

「君の面倒を見ているのも、黄金の聖女に頼まれたからに過ぎないからね」

 

 その台詞に、アールフェスは複雑な気持ちになる。

 大国エスペランサの王族であり、六英雄のひとり「黄金の聖女」が犯罪を起こしたアールフェスを助命しなければ、アールフェスは今ここにいなかっただろう。

 

「あの!」

 

 少女はアールフェスの前に進み出て、パリスを見上げた。

 白い頬を紅潮させて、目を潤ませている。

 

「助けて頂いて、ありがとうございました!」

「大した事はないよ、レディ。ところであなたは、どこへ行かれるつもりかな? 見たところ一人のようだが」

 

 家族と一緒でも無さそうな少女の様子に、パリスは目を細める。

 少女は緊張した面持ちで説明した。

 

「私はルクス共和国を救うために、六英雄のひとり赤眼の飢狼が使っていた剣を受け継いだという、セイルという少年に会いに行くところなのです」

 

 パリスは「赤眼の飢狼」の下りを聞いて、にわかに興味が出て来たようだ。少女に席に座るように進め、水と食べ物の追加を注文した。

 

「興味深い話だ。天牙を使う剣士なら、私も会って試合をしてみたいものだな」

 

 アールフェスは所在の無さを感じながら、こっそり隅っこに座る。

 バトル好きの言うことには、付いていけない。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます