109 ニュー天牙で試し切りしました

「えらく大地小人ドワーフの数が少ないわね」

 

 邪神ヒルデは、壁を破って地下都市ニダベリルに侵入した。

 そこで彼女が見たのは、やたらヨボヨボした大地小人たちの姿だった。

 

「本にしたいならワシらを本にすればいいぞ!」

「大往生の人生じゃ!」

 

 市長のバーガーが動ける大地小人たちを率いて避難したので、街には老人しか残っていない。

 

「ちっ。若い方が生きたい気持ちが強いから、志半ばで倒れる極上の悲劇に仕上がるのに! 私はバッドエンドのストーリーが好きなのよ」

 

 ヒルデは舌打ちした。

 老人たちは、自分の人生が本になると聞いて逆に喜んでいる。

 

「自伝じゃあ。ワシの人生が形に残るんじゃー」

「よきかなーよきかなー」

「私はボランティアで自伝作りをしてる訳じゃないのよ!」

 

 大地小人の寿命は人間より長い。

 分厚い人生の本で埋め尽くされた本棚を思い浮かべ、ヒルデは青筋を立てた。

 

「ええいっ、本作りはもう良いわ! 皆殺しにしてくれる!」

「そんなぁー」

 

 がっかりする老人たちを踏みつぶそうと、ムカデの節足を動かしてのしかかった。

 そこに一陣の旋風が吹く。

 

「せいっ!」

 

 青い刃が残光を残して通り過ぎた。

 ムカデの足の一部が切り落とされる。

 

「何?!」

 

 あまりに素早い動きだったので、ヒルデの反応は遅れた。

 足を切られて一拍後に振り返る。

 そこには銀髪の少年が、抜き身の青い剣を手に立っていた。

 

 

 

 

 俺はムカデの足を斬って着地する。

 前回と違い、剣が引っかかるような嫌な感じはしない。

 しっかり斬ったという手応えが腕に伝わってきた。

 

「わお。新しい天牙、最高だな!」

 

 青い刃を惚れ惚れと眺める。

 視線を剣から外すと、怒りに顔を歪ませたヒルデが立っている。

 周囲には難を逃れた大地小人ドワーフたち。

 

「おお~、孫が助けに来てくれたぞ!」

「ワシの孫じゃ!」

「いやワシの」

 

 なんかお爺ちゃんばっかりだな。

 しかも俺を孫だと勘違いしてるし。

 

「爺ちゃん、危ないから下がってて!」

 

 人違いされてても良いかと思い、剣を振って下がれと言うと、老人たちは感動にむせび泣きし始めた。

 

「なんて立派になったんじゃ、リックや!」

「トムの雄姿をこの目に焼き付けなければのぅ」

 

 爺ちゃんたち、だいぶ呆けてるな……。

 

「ゼフィ! 牙の調子はどうだ?」

「兄たん」

 

 颯爽と追いついてきたクロス兄が、俺の隣に並ぶ。

 

「調子すごく良いよ!」

「よし。俺が奴の動きを止めるから、ゼフィはその刃でとどめを刺すんだ」

 

 クロス兄は弧を描くように走って、ヒルデの背後に回り込もうとする。

 俺は正面からヒルデに突進した。

 

「私を殺しても無駄よ。私たち運命の女神の本体は、こことは違う天界にある。下界で死んでも、何度でもよみがえる!」

 

 青い剣が脅威だと認識したのだろう。

 俺の剣を見ながら、ヒルデは引きつった笑みを浮かべた。

 そうか。ここで倒してもヒルデはまた復活してしまうんだな。

 できれば二度と大地小人を襲えないよう、復活できないようにしたいけれど。

 

 

 ――大丈夫。ゼフィならできるよ。

 

 

 不意に、耳元でささやくような少女の声がして、俺は目を見張った。

 

「メープル?」

 

 天牙の剣の精霊、メープルの声なのだろうか。

 

 

 ――ゼフィの魔法で、時空を切り裂いて、邪神の本体にダメージを与えるの。

 

 

 時の魔法と、空間の魔法を応用して、ヒルデの本体がある天界につなげるんだ。

 俺は剣にまとわりつかせるように、魔法を発動した。

 自分でも細かいことはどうやっているか分からない。

 天牙が魔法をサポートしてくれている気配がする。

 

「時空斬り!」

 

 クロス兄がムカデの尾の上に飛び乗って、ヒルデの動きを止めてくれている。

 その間に俺は、ヒルデの胸めがけて天牙を振り下ろした。

 時空のひずみが黄金の光となって、剣の軌跡を描く。

 

「そんな馬鹿な!!」

 

 届いた。

 理由もない直感がした。

 ヒルデの肉体が、光の粉になってほどけ始める。

 

「あああっ! 下界に干渉できない?!」

 

 信じられないという表情のまま、ヒルデは消えた。

 せっかく仕留めたのに肉が無くなっちゃったよ、残念だな。

 俺は、消滅したヒルデが立っていた場所にフワリと降りる。

 ヒルデが連れてきたモンスターの群れが、じりっと俺から逃げるように遠ざかる。

 

「よーし。お前ら、今日の俺のおやつな」

「?!」

 

 統率を失って逃げまどうモンスターたちを、俺と兄たんで後始末する。

 美味しくなさそうな奴ばっかりだな。

 

 

 

 

 モンスターをやっつけた後、俺の後を追ってきたイヴァンやゴッホさんと一緒に、ニダベリルで休憩することにした。

 

「なんか、つかれたー」

 

 俺は子狼の姿に戻った。

 ヒルデを倒すために使った魔法で意外に消耗したらしい。

 安眠場所を求めて、クロス兄の背中によじのぼる。

 ふわあ、と大あくび。

 今日はもう寝よう。

 

「……ゼフィ! 見て見て! 大地小人のお婆ちゃんに、素敵なスカートを着せてもらったの!」

 

 たったかと軽い足音がして、空色の髪を腰まで伸ばした美少女が現れた。

 兄たんの上で今にも寝そうな俺に向かって、チョコレート色のスカートを、ひらりとひるがえして見せる。星みたいな黄金の瞳をきらきらさせた、快活そうな娘だ。

 

「だれ?」

「私だよ、メープルだよ! 打ち直してもらってグレードアップしたおかげで、光焔剣の精霊エンバーみたいに、実体化できるようになったの!」

 

 なんだと?

 

「これからもよろしくね、ゼフィ!」

 

 メープルは俺たち兄弟に近寄ると、仰天して固まっている俺に両手を伸ばし、鼻先に軽くキスをした。

 どうしよう。

 俺の剣が歩いてしゃべるようになってしまった?!

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます