92 地上に帰ってきました!

 イヴァンを回収した後、銀髪少年の姿に戻った俺は、皆と合流して北の氷結監獄アイスプリズンを目指した。

 そして、ついに氷結監獄アイスプリズンの先、水溜まりと青空の広がる場所に戻ってきた。

 俺は二つの鍵を持って台座を操作する。

 

「どうだ?!」

 

 台座の中央の水晶を囲む、四つの鍵穴が全部埋まる。

 水晶が輝き始めた。

 空をつらぬく透明な硝子の柱の根元に、ぽっかり穴が開く。

 無事に装置は作動したようだ。

 

「エレベーター、ノル!」

 

 エムリットが飛びはねながら、俺に言った。

 相変わらず意味が分からないな。

 

「……あの透明な柱の中に入るんじゃないか?」

 

 腕組みしてイヴァンが言う。

 なるほど。

 言われてみれば入ってくださいという雰囲気だ。

 

「罠かもしれんぞ」

「じゃあルーナ、お先にどうぞ」

「私を生け贄にする気?!」

 

 すったもんだの末、全員で乗ってみようということになった。

 警戒していたゴッホさんも最後は好奇心が勝ったみたいだ。

 柱の中はそんな広くなかったが、俺たちは子供に大地小人ドワーフという組み合わせなので、余裕で全員乗り込めた。

 

「わっ!」

 

 床が動き始める。

 浮遊感があり、俺たちが乗った床は上昇を始めた。

 移動は滑らかで高速だ。

 水溜まりの大地がみるみる遠ざかっていく。

 青い空を突き抜けて、柱の中をどこまでもどこまでも昇っていった。

 雲の上には夜空が広がっている。

 夜空には銀色の星がチカチカ光っており、とても美しい光景だった。

 

「ちょっと、行く先真っ暗じゃない! 本当に大丈夫なの?!」

 

 ルーナが不安そうに見上げる。

 彼女の言う通り、夜空の向こうは真っ暗闇が広がっている。

 このままだと暗闇に突入だ。

 俺はいざという時に備えて、時の魔法で時間停止できるよう準備した。

 だが、不思議と大丈夫だという予感があった。

 

「暗くなるぞ……!」

 

 緊張が走る。

 暗闇がしばらく続いた後、視界が急に明るくなった。

 目が慣れるのにしばらく掛かる。

 

「ここは……?」

 

 そこは黄色い花が咲き乱れるお花畑だった。

 俺たちは花畑に囲まれた古い遺跡に到着していた。

 足元には円があって、装置の床がはまっている。

 崩れて横倒しになった石の柱が、円の外に転がっていた。

 

「エーデルシアだわ。ここ、エーデルシアよ!」

 

 ルーナが突然、大きな声で言った。

 エーデルシア。

 俺は前世の戦争の最終決戦でエーデルシアに来たが、こんなお花畑に心当たりはない。あの時は殺伐としてたからなー。

 周囲を見回しながら、イヴァンがルーナに聞く。

 

「確かなのか?」

「ええ。この黄色いキンポウゲの花は、エーデルシアにしか咲かないわ」

 

 ルーナは円の外に出て、黄色い花をちぎって観察している。

 よく考えてみると、図書館で戦った邪神ヒルデは「エーデルシアから戻ってきた」と言っていたから、図書館の奥にあった装置でエーデルシアに辿り着くのは必然な訳だ。

 

「地上に帰ってきたんだわ……!」

 

 俺たちは、ちょっとしんみりとした。

 ちなみに転移魔法が使える感覚があるから、地上で間違いない。

 

「こうしちゃおれん、時間を測らなくては!」

 

 ゴッホさんが杖を地面にぶっさして影の位置をメモし始めた。

 

「ワシは正しい時間に合わせた時計を、ニダベリルに持ち帰る! そして奴らに、この地上への道を教えてやるのじゃ」

「そっか。頑張ってね」

 

 俺はゴッホさんに心ばかりの応援を送る。

 ゴッホさんは地下に帰るつもりのようだ。

 市長のバーガーさんと揉めるかもしれないが、その時はその時だよね。

 せっかく地下に出入りできるようになったことだし、今度は兄たんと一緒にニダベリルに遊びに行こう。カトブレパスの肉が旨かったからまた食べたいな。

 

「ゼフィ、あなた転移魔法が使えるんでしょう。私をレイガスまで送りなさい!」

「なんで?」

「赤ちゃんを領事館に届けてあげる!」

「しょうがないなあ」

 

 ルーナが偉そうな態度で俺に頼んでくる。

 赤ちゃん盗んだのは君なんだけどね。

 うーん、でもとりあえず、ルーナを連れてレイガスの領事館に戻るかな。兄たんたちも領事館にいるだろうし。

 俺は、ぼんやりしているイヴァンに声を掛けた。

 

「イヴァンも一緒に来る?」

「あ、ああ。よく考えたらエーデルシアから故郷へ帰る道が分からない。まずは地上の地図を手に入れないとな……」

 

 イヴァンは我に返ったように答えた。

 よし決まり。

 レイガスの領事館に行こう。

 

「開け、転移の扉!」

 

 俺はゴッホさんに別れを告げ、エムリットを片手に持って魔法を使った。

 



 あれ? 兄たんの気配がしないぞ。

 レイガスの領事館の庭に転移門を開いて移動した俺は、すぐに兄狼の匂いがしないことに気付いた。

 タヌキの獣人の少女、侍女のミカだけがいつもと変わらず出迎えてくれる。

 俺は彼女に問いかけた。

 

「兄たんは? ティオは?」

 

 ミカは、赤ん坊ローズをルーナから受け取りながら答えた。

 

「皆さん、白銀山脈フロストランドに帰られましたよ」

 

 何だってー?!

 よーし、俺も里帰りしよう。

 

「イヴァン、エムリット持ってて。ミカ、こいつら客人としてもてなしといて」

「ちょっとゼフィさま?!」

 

 後の対応をミカに丸投げして、俺はいそいそと白銀山脈フロストランドへの転移門を開き直した。

 雪風の吹きすさぶ門の向こう側へ飛び込む。

 

「わっ!」 

 

 俺は青空にダイブしていた。

 転移門を開く位置を微妙に間違えたっぽい。

 

「うわあああああっ!」

 

 結構な高さから柔らかい雪の上に墜落した。

 ボスッ!!

 衝撃で変身が解けて、子狼の姿になる。

 俺は雪かきしながら穴を脱出した。

 ぶるぶるして雪を振り払う。

 

「ゼフィ!」

「兄たん!」

 

 クロス兄とウォルト兄だ。

 なぜか二匹は泥まみれの姿になっている。綺麗な白銀の毛皮が黒い泥でまだらの状態だ。

 ともあれ感動の再会である。

 俺は兄狼にもみくちゃにされた。

 

「おおお、願いが通じたぞ! ゼフィが生き返った!」

「ウオオオオン!(やったな)」

「いき?」

 

 なんのこっちゃ。

 

「この世界のどこにもゼフィの気配が感じられない、死んだと早合点したクロスとウォルトは、フェンリルに伝わる黄泉返りの魔法を試そうと、泥んこになって叫び狂っていたのですよ」

「母上!」

 

 丘の上に優美に立つフェンリル母上。

 ちょっと呆れているような気配を漂わせている。

 俺は母上に駆け寄った。

 母上はそっと身をかがめて「おかえり」と言い、俺と鼻先を合わせてくれる。

 

「安心したら腹が減ったぞ! ウォルト兄、どっちが大物を狩れるか勝負だ!」

「ヴヴヴ(負けんぞ)」

「兄たんおれもつれてってー!」

 

 兄たんたちは狩りに行くと張り切っている。

 俺は連れていって欲しいと足踏みした。

 この雰囲気、やっぱり実家が一番だな。

 久しぶりに生肉をもりもり食うぞ!

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます