83 お酒はハタチになってからですか

 俺の「ご飯ちょうだい」という思いが伝わったのか、やっと料理が運ばれてきた。

 

「里芋のスープと、カエルの唐揚げだよ」

「カエル?」

 

 あのケロケロ鳴く水辺の生き物のことだろうか。

 狐色に揚げられている肉を口に放り込む。衣がサクッと良い歯ごたえ。ジュワッと染み出す油。もぐもぐ。鶏肉の味がするぞこれ。

 次にスープを見る。

 黄金色の液体にコロコロ丸い、ひとくちサイズの芋が入っている。スプーンで芋をすくいあげる。スープはとろみが付いていて、優しい味だった。芋は噛みしめるとホクホクする。

 

「うまー」

「本当、美味しいわね」

 

 俺とルーナはご飯に夢中になった。

 

「おお、よしよし!」

「きゃっきゃっ」

 

 ローズは大地小人ドワーフたちが面倒をみてくれている。

 エムリットは机の上に転がって休んでいる。動かないとただのボールのようだ。

 

「赤ん坊もいるし、今日の飲み比べは無しにした方がいい」

 

 イヴァンが大地小人ドワーフたちに向かって言った。

 大地小人ドワーフたちから「別にいいじゃねえか」とブーイングが上がる。俺は疑問に思った。

 

「飲み比べ?」

「ああ、定期的にこの店で、酒の飲み比べ勝負をしてるんだよ。誰が最後まで立っていられるか、一番の飲んべえを決めるんだ」

「勝者は参加費をひとりじめ出来るんだぜ!」

 

 大地小人ドワーフのおっさんたちは楽しそうに騒いでいる。

 待てよ……参加費ひとりじめ……?

 

「それって俺も参加できる?」

 

 俺は手を挙げた。

 

「参加費が要るよ。君、ニダベリルのお金を持っているのか?」

「貸してよイヴァン。後で倍にして返すからさ」

「うーん」

 

 イヴァンは困った顔だ。

 一方、大地小人ドワーフたちは好意的である。

 

「酒に興味があるとは、見所のある子供だ!」

「おうよ! 酒好きは大地小人ドワーフの心の友さ」

 

 面白がっているようで、こぞって俺を参加させろとイヴァンをけしかける。イヴァンは諦めたようだ。

 

「分かった。お金を貸すのは今夜だけだからな! 倍にして返してくれよ。でないと、次は貸さない」

「へへっ、そうこないと!」

 

 俺は腕まくりした。

 

「お子さまの癖に飲めるの?」 

 

 カウンターに頬杖をついたルーナが問いかけてくる。

 

「さあ」

「はいぃ?」

 

 わざとはぐらかした返事をした。

 前世では当然、酒を飲んでたけど、フェンリルに生まれ変わってからは初めてだ。この身体ではどうなるか試したことはない。

 ルーナは「大丈夫なの?」と心配そうだ。

 まあ、なんとかなるだろ。

 

 大地小人ドワーフたちは大きな空のジョッキに硬貨を投げ入れ始める。

 店員が酒の入ったコップを参加者に配り始めた。

 もらったコップをのぞきこんで、俺は驚いた。

 

「燃えてる……」

火酒ウォッカだからな」

 

 酒の表面に赤い炎がめらめら燃えたぎっている。

 雪と氷のフェンリルは火が苦手だ。

 おかげで俺は火の魔法を習得するのに苦労している。いまだに小さな火の球を作るので精一杯だ。

 

「止めとくか?」

 

 動きを止めた俺に、イヴァンが聞いてきた。

 

「まさか!」

 

 何事も挑戦だぜ。

 俺は思いきって火酒に口を付ける。

 さすがに飲み物だけあって火傷やけどはしない。

 火を飲み込んだような感触が、舌と喉を通っていく。

 腹の底がカアッと熱くなった。

 

「お、一気飲みか。よしよし、もう一杯いけ!」

 

 大地小人ドワーフたちは、やんややんやと盛り上がった。

 店員が酒を注いでくる。

 大丈夫、もう一杯なら。

 

「どんとこい!」

「おおーっ」

 

 勧められるまま、俺は次々と酒を飲み干した。

 参加者たちには周囲が野次を飛ばし「もう一杯、もう一杯!」とリズムを付けて音頭をとる。大変な騒ぎだ。

 

「まだまだいけるよ!」

「坊主、やるな!」

 

 時間が経つと酔いつぶれた大地小人ドワーフが、床に転がり始める。店で寝るのかな。

 俺は頭がぽわーっとしていたが、お腹の調子は悪くない。

 限界目指してさかずきを重ねる。

 

大地小人ドワーフの酒は最高だなー! 良い気持ち!」

「坊主も最高の飲みっぷりだな!」

「今度の迷い人は酒の良さが分かるのか! 坊主、困ったら助けてやるから何でも相談してこいよ!」

「皆、ありがとー!」

 

 いつの間にか壇上の主役が俺になっている。

 大地小人ドワーフたちは周囲で拍手喝采。

 はて、なんでこうなったんだっけ。

 

「勝者は迷い人の坊主だ!」

「すげー……」

「やったね! フェンリルだけど火なんて怖くない! 兄たん怖くない! 俺最強!」

 

 やがて死屍累々の山の上に立って、俺は勝利宣言をする。

 ちょっと自分でも何を言ってるか分からない。

 

「終わった終わった。撤収だー」

 

 大地小人ドワーフたちは、寝てしまった仲間を丸太のように引きずって、店から出ていった。

 後には店員とイヴァンと俺が残される。

 ちなみにルーナは赤ん坊のローズを連れて、早々に二階の宿屋で休んでいたのだが、飲み比べに集中した俺は気付いてなかった。

 

「ふああ……」

 

 皆がいなくなって緊張の糸が切れた俺は、カウンターに突っ伏して眠りそうになった。もう限界だ……。

 

「あーあ。無茶しやがって」

 

 懐かしい声がして、俺の身体を誰かが抱き上げた。

 ぼんやりした俺を抱え、とんとんと階段を登ってベッドまで運んでくれる。

 

「なんだか本当に、幼馴染みのあいつを思い出すよ。何でも一生懸命で、剣術バカだった……あいつ、今どうしてるかな」

 

 お前の背中で寝てるよ、馬鹿。

 

 

 

 翌朝、金槌かなづちで頭を叩かれているような頭痛と共に、俺は目が覚めた。地下だから、今が朝か昼か正確には分からないけど。

 布団を握りしめてじっとしていると、二日酔いの頭痛はだんだんおさまってきた。自分の手を見て安心する。良かった、人間の姿のままだ。

 枕元に視線を移すと、硬貨が入った袋が置かれていた。

 

「これは……?」

「昨日の飲み比べの賞金だって。呆れたわ、本当に一番になるなんて」

 

 ルーナがローズをあやしながら、答えた。

 今さら気付いたけど同じ部屋になったみたいだ。

 それにしてもルーナの奴、ローズの面倒をみてくれるなんて。

 

「もしかして子供が好きなの?」

「……嫌いじゃないわ。昔、孤児院で小さな妹や弟の世話をしていたし」

「ふーん」

 

 ちょっと視線を逸らして言うルーナ。なんだか訳アリっぽい。

 

「それより、さっさと地上に戻るわよ! これからどうするか考えてるんでしょうね」

「うん。とりあえず資金は調達したから」

 

 俺は硬貨の入った袋を振った。

 チャリチャリ音がする。

 どのくらいの金額が入っているのだろう。

 

「あとは迷宮に行って手掛かりを探すかな」

「エムリット、マッピング、デキル!」

 

 ベッドの上でエムリットがぼよんと跳ねた。

 マッピング……?

 

「チズ、ツクル! ミチ、オボエル!」

「地図が作れるのか? じゃあこの辺りの地理を把握すれば」

 

 前世で将軍をしていたので、戦略に必要な地図の重要性は知っている。

 迷路で地図が役に立つことも。

 頼りになる仲間エムリットがいて良かった。じゃあ準備を整えて迷宮探索に出発しようか。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます