84 縁起でも無いことを言わないでください

 ゼフィが地下迷宮都市ニダベリルで酒飲み大会をしていた頃。

 兄狼たちは、またもやゼフィが失踪したことを察知して、吠えまくっていた。

 

「どうしてゼフィはいつも、目を離した隙にいなくなるんだ?!」

「ワオオオン!!」

「しかも気配が全く感じられない! こんなことは初めてだ!」

 

 遠くにいても分かる弟の匂いが突然、消えてしまったのだ。

 動揺したフェンリルの遠吠えによって、火山のふもとの街レイガスの気温は下がり続けている。兄狼が居座る庭は凍り付いてしまった。領事館の人々は、故郷ローリエから持ってきた防寒具を着込む始末である。

 

「まさか、どこかの川か湖に落ちて溺れたのでは……!」

「落ち着けと言っておろうに。ほれ、ゼフィが作った転移魔法のゲートはそのままだろう」

 

 小さな青い竜の姿をしたヨルムンガンドが、空中で腕組みして兄弟をさとした。ゼフィの転移魔法が維持されているということは、本人が無事である証拠だ。

 しかし荒ぶるウォルトとクロスは全く聞いていなかった。

 

「お兄さん!」

 

 怒れる狼に立ち向かう勇者が現れた。

 ティオだ。

 

「貴様のような人間にお兄さんと呼ばれる筋合いは」

「じゃあウォルトさん、クロスさん」

「む……」

 

 金髪碧眼の少年は懸命に前に進み出る。

 クロスはひるんだ。

 兄狼たちは小さくて可愛いものに弱い。

 ティオは金色の猫姿になっていたこともあり、兄狼たちの中では可愛い生き物認定にギリで入っている。勿論、可愛い生き物ナンバーワンは弟である。

 

「ゼフィがいなくなって悲しいのは、お兄さんたちだけじゃない! ゼフィ! ずっと一緒にいられると思ってたのに」

「くっ……」

 

 にわかに通夜のような空気になった。

 泣きながら訴えるティオ。

 とても真剣な表情だ。

 ウォルトとクロスは思わず空気に呑まれ、走馬灯のようにゼフィの思い出を追った。

 

「ゼフィはお兄さんたちが喧嘩することを望んでないよ!」

「そうだな……あいつはいつも、吹雪になるから止めろと言っていた……」

「……ヴヴ……」

「お主ら、ゼフィは死んでおらんと言っておるのに……」

 

 ヨルムンガンドは呆れている。

 

「ゼフィ!」

「我が弟よー!」

「ウオォゥ!」

 

 フェンリル二匹とティオはひしと抱き合った。

 ちなみにティオは以前フェンリルの加護を与えられているので、兄狼の冷気は平気なのである。王子を守る騎士ロキなどは「寒くて凍っちまう」と毛布にくるまって歯をガチガチさせながら感動の抱擁シーンを見守っていた。

 

「過去にゼフィと行った思い出の場所を巡ろう!」

「ゼフィ巡礼の旅だな!」

「ウオオオ(いや弔い合戦だ)」

 

 すっかり弟狼は死んだという前提になっている。

 ヨルムンガンドは消極的に突っ込みを入れた。

 

「だから死んでないと言っておろう……」

「まずは白銀山脈フロストランドに戻って」

「殿下、竜騎士学校は?!」

「休む!」

 

 ティオは白竜スノウにまたがると、フェンリル二匹に続いて転移ゲートをくぐり白銀山脈フロストランドへ旅立ってしまった。

 

「大変だ。フェンリルくん、早く戻ってきてくれ……」

 

 主の行動をフォローしなければならないロキは、ゼフィの早々の帰還を心から祈った。

 

 

 

 ところで別の場所では別の異変が起きていた。

 黄金の聖女バレンシアは、その知らせを聞いて眉をひそめる。

 

「岩の国スウェルレンを、巨人が襲っている、ですって……?!」

「はい。同盟国を支援するため我が国も竜騎士を派遣しましたが、巨人には全く歯が立たず」

 

 膝まずいて報告する兵士。

 彼らは困惑している。

 

「数日前、フレイヤ王女が巨人を討伐したそうですが、いかなる技を使われたのでしょう。竜騎士の攻撃は、巨人に傷ひとつ付けられないのに」

「……」

 

 バレンシアは旧友の生まれ変わりだという、ゼフィという名前の少年を思い浮かべた。

 彼の剣術は達人を通り越して神業の域だ。

 普通の人間は剣だけで巨人を真っ二つにすることなど、できはしない。

 

「いったい何が起きているのでしょう。古代に滅んだとされる巨人が、こうも度々、姿を現すとは」

 

 兵士が深刻そうに言った。

 バレンシアも「邪神復活に続き、巨人復活とは。何か作為を感じるわね」と思ったが口には出さない。

 代わりにこう言った。

 

「巨人など歩く大岩に過ぎません。足場の悪い沼や湖に誘導して、動きを封じてしまえばよい」

「おお。仰る通りです」

「我が娘フレイヤをここに呼びなさい。一緒に、セイル・クレールという少年も」

「ははっ」

 

 巨人を無傷で倒せるのは、ゼフィしかいない。

 そう思って彼を呼び出そうとしたバレンシアだが、この時はゼフィが行方不明中だと知らなかった。

 

 

  

◇◇◇ 

 

 

 

 兄たん今頃どうしてるかなー。喧嘩してなきゃいいけど。

 俺は地上にいる家族を思った。

 早く帰らないとな。

 

「飲み比べの賞金で、俺を雇うとは。考えたな」

 

 俺の隣を歩くイヴァンが、感心したように言った。

 イヴァンは軽装鎧を着て細剣レイピアを持っている。

 大地小人ドワーフたちに飲み比べで勝った賞金は全て、イヴァンを迷宮案内に雇うために使った。立て替えた参加費を倍にして返せと言われていたし、ちょうどいい。

 

「私を赤ん坊の抱っこ係にするなんて……私に給料は無いわけ?!」

「んー。ありがとう」

「きぃーっ、そんな感謝の言葉で誤魔化されないわよ!」

 

 小銭で抱っこ紐を買って、ルーナに赤ん坊のローズを抱えてもらっている。宿に置いていく選択肢もあったのだが、俺たちと離れるとギャン泣きするため断念した。

 というか、迷宮の中で転移魔法を使える場所があったら、転移魔法で外に脱出できる。その時にローズもいないと置いてけぼりだからさ。

 

「イヴァン。この付近の迷宮で、皆が探索を断念してる、とびきり手強い場所を教えて」

「まさか……」

「皆が探索し終わった場所に、出口なんてある訳ないだろ」

 

 そんな簡単にいくなら、皆、外に出られているはずだ。

 イヴァンは当然のように顔をしかめる。

 どうせ危険だからとか言うんだろ。耳タコです。

 

「俺の忠告を聞きそうにないな。やれやれ」

 

 そうそう、諦めてね。

 

「誰も踏破していない迷宮、それは北の氷結監獄アイスプリズンだな」

 

 イヴァンは俺たちを連れて大通りを北に進んだ。

 突き当たりにはがねの扉がある。扉の表面には何か文字が彫ってあった。

 

「親しき者に別れを告げよ、と書いてある。ここから先は迷宮だ。しかも空間がねじれてる場所もあって一筋縄ではいかない。生きて帰れないかもしれない。それでも……行くんだな?」

 

 門番の大地小人ドワーフと挨拶を交わしながら、イヴァンは険しい表情で言った。

 俺は笑って答える。

 

「大丈夫だよ。何とかなるって」

「……泣いて帰ることにならなきゃいいが」

 

 こちらを子供と思っているイヴァンや大地小人ドワーフのおっさんは心配そうだ。仕方ないか。第三者から見ると子供ばかりの遠足パーティーだからな。

 俺たちは扉の先に進んだ。

 隣でエムリットが緊張感無くピョンピョン跳ねている。

 暗い場所はエムリットが目から光線を発して照らしてくれた。便利だ。

 だんだん気温が下がって寒くなる。

 辺りは凍り付いて、いつの間にか足元は氷の床だ。

 氷柱つららが支える大広間に辿り着いて、俺は正面にうずくまる白銀の獣に気付き、息を飲んだ。

 

「これが誰も踏破できない理由さ。迷宮の入り口に、いきなり最強の敵がいるんだから……神獣フェンリル。氷結監獄アイスプリズンの門番さ」

「嘘だろ……?!」

 

 黄金の鎖で四肢を繋がれた獣は、確かに俺の知るフェンリルだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます