79 サクッと巨人を倒しました

 ヨルムンガンドの背中から身を乗り出して、上空から巨人を観察する。緑の毛だと思ってたのは草だった。頭や肩に草木がぼうぼうに生えている。

 

「地面の中で寝てたのかな」

「うむ、地中で難を逃れて絶滅せずに生き延びたのかもしれぬ」

 

 俺の推測にヨルムンガンドが重々しく同意した。

 

「それよりも見よ、草の中に人間が立っているぞ」

「あ。本当だ」

 

 巨人の頭の上に、痩せた男が立って指図している。

 

「はーっはっはっは! 踏みつぶせっ」

 

 あいつが巨人をコントロールしているのかな。調子に乗ってるっぽい。

 フレイヤがヨルムンガンドにお願いする。

 

「お爺さま、巨人の頭に近付いてください」

 

 ヨルムンガンドは軽く羽ばたきながら、慎重に巨人の頭に近付いた。

 巨人に乗っている男がこちらに気付く。

 

「なんだ? 子供が二人?」

「そこの者! 私をエスペランサの王女フレイヤと知っての無礼か?!」

 

 フレイヤの声は王者の威厳があって、高らかに響いた。

 男はきょとんとした後「可愛いお姫さまだな」と笑い出す。

 フレイヤは不快そうにしながら重ねて問いかけた。

 

「質問に答えなさい! お前はここに来るまでに、エスペランサの民を殺しましたか?」

「殺しましたよ、お姫さま! ここに来るまでに山の中にあった小さな村を二つ三つ、踏みつぶしたが、それがどうかしましたか?!」

 

 男はこちらを舐めきった態度で答えた。

 巨人が掴みかかってきたので、ヨルムンガンドは上昇する。巨人が片手に持つ棍棒からは人間の血の匂いがした。

 

「なんてことを……絶対に許さない!」

「あ、フレイヤ」

 

 フレイヤは黄金の槍を持って飛び降りる。

 血の気が多いだなあ。

 

「喰らえーっ!」

 

 紅蓮の炎をまとった槍の一撃が、巨人の脳天を串刺しにかかった。

 

「ははっ、魔法は効かないぞ! 竜は魔法で空を飛び火を吐くが、この巨人はあらゆる魔法を吸収し、無効化する竜の天敵なのだ!」

 

 男が嘲笑う。

 フレイヤの槍から炎が消えた。

 

「きゃあっ」

 

 巨人に近付くほど炎の勢いは弱まり、フレイヤは巨人の腕に薙ぎ払われて空中を落下する。ヨルムンガンドが慌てて彼女の身体を受け止めに飛んだ。

 低空飛行する青い竜の背中に、フレイヤが一回転して着地する。

 その隙を狙ったのか、ヨルムンガンドの尻尾を巨人がむんずと掴んだ。

 

「む。力が抜ける」

「ヨルムンガンド?!」

 

 巨人から離れようとヨルムンガンドは翼をばたつかせる。

 敵は早くも勝利を確信したようだ。

 

「無駄ムダあっ! エスペランサの竜騎士などもはや敵ではない! お前たちは今日をもって滅びるのだ!」

 

 男は巨人の頭の上でふんぞり返って高笑いした。

 

「……ふーん。それはどうかな」

 

 俺は天牙を鞘から解き放つ。

 シャリンと心地いい鋼の音が鳴った。

 

「ふんっ、剣などという原始的な武器で巨人を傷付けられるものか!」 

 

 男が俺を見て馬鹿にするように言った。

 原始的、ときましたか。

 悪口を聞き付けたのか、空色の髪の少女の姿をした天牙の精霊メープルが、俺の肩に乗るように姿を現す。

 

「私をそこらの剣と一緒にしないで! ゼフィ、やっちゃえ!」

 

 メープルが人差し指をビシッと突き付けるのと同時に、俺は駆け出した。ヨルムンガンドの尻尾を握った巨人の手に、刃を走らせる。

 硬い手応え……だけど斬れなくはないな。

 

「せやっ!」

 

 巨人の手首がごとりと落ちた。

 

「うっそお?!」

 

 男が両手を頬にあてて青ざめる。

 俺はそのまま尻尾を伝って巨人の腕に飛び移る。

 肩に駆け登り、天牙を一閃。

  

「えええええっ?!」

 

 男の悲鳴と共に、巨人の頭がスパッと胴体から離れた。

 頭の上に乗っていた男は地面に落ちていく。

 巨人の胴体は仰向けになって倒れた。

 どしーん、と地響きが鳴って盛大な土埃が上がる。

 メープルが空中でガッツポーズをした。

 

「意外と呆気なかったね、ゼフィ!」

「そうだね」

「セイルさまーっ」

 

 フレイヤがヨルムンガンドの背から飛び降り、いきなり俺に後ろから抱きついてきた。メープルが「むっ」と嫌な顔をする。「私のゼフィなのに」という呟きが聞こえたが、俺は聞かなかったことにした。

 

「我慢していましたが限界です! やっぱり竜は苦手です! 特にうろこのぬめぬめした感じが蛇に似ていて」

「落ち着いてフレイヤ。言い忘れてたけど、師匠は竜じゃないよ」

「え?」

「私は神獣である!」

 

 地面に降りたヨルムンガンドが翼を広げ、どや顔で胸をはる。

 

「ええーーっ?!」

 

 フレイヤは「私は何て恐れおおいことを」とおろおろした。

 当然だが、竜より神獣の方が凄いのだ。

 神様の一種だからね。

 

 

 

 巨人さえ倒せば、後は普通の兵士同士の戦いである。

 竜騎士をようするエスペランサは圧倒的に有利だ。

 巨人の後ろにいた敵国の兵士を倒したり、捕虜にするのに、一日も掛からなかった。

 ここに来た目的は達成したので、後は黄金の聖女が指揮する兵士たちに任せ、俺たちはレイガスに帰ることにした。

 

「待て、少年」

 

 聖女バレンシアに別れの挨拶をして、ヨルムンガンドに乗り込もうとした俺を、竜騎士の一人が呼び止める。

 何だろうと俺は振り返った。

 

「我らの王女と共に戦ってくれた若き英雄に、感謝する!」

「へ?」

 

 整列した竜騎士や兵士たちが、じっと俺を見ている。

 えっと……誉められてる?

 しかし真剣な雰囲気だ。雑な態度をとると、まずそうな気がする。

 

「……俺のような若輩に過分な評価、痛み入ります。エスペランサに栄光と永久とこしえの平和があらんことを」

 

 咄嗟に昔の記憶から、それらしい返答を捻り出した。

 観衆の視線や竜騎士たちの眼差しが柔らかくなる。

 良かった。この答えで合っていたらしい。

 

「セイルさまは不思議な方ですね」

 

 ヨルムンガンドの背中によじ登ると、フレイヤが感心したように言った。

  

「私は英雄の娘として振る舞おうと努力していますが、セイルさまは自然体で英雄に見えます」

「……買いかぶりだよ」

 

 しまった。人間の世界には関わらないようにしてたのに、何だか有名になりそうな気がする。

 俺は急いで話題を逸らした。

 

「そういえば、フレイヤの竜嫌いはもう、大丈夫なの?」

「どうでしょう。お爺さまは竜ではないということですし」

 

 今は普通にヨルムンガンドに乗っているが、他の竜だとそうはいかないかもしれない、とフレイヤは浮かない顔をした。

 

「そもそも、なんで竜が嫌いなの?」

「子供の頃に飼っていた小鳥を、かごの中に入ってきた蛇が丸飲みにしたのです。それ以来、蛇のようなうろこを持つ獣が苦手になって」

「なるほどね……」

 

 蛇は細い隙間を出入りして、自分より大きな動物でもペロリと食べてしまう。お腹がボールみたいに膨らんだ蛇は滑稽こっけいな姿だ。あいつら、人間も飲み込むことがあって……この話は止めておこう。

 

「じゃあ、ヨルムンガンドにパートナーの竜になってもらえばいいんじゃない?」

「それは良い考えだ!」

 

 ヨルムンガンドは喜んで翼をばたばたさせた。

 ずっと普通の竜の振りをする必要があるんだけど、分かってるのかな。

 

「お爺さまさえ良ければ、よろしくお願いいたします」

 

 フレイヤも異論ないようだ。

 よし、これで師匠の課題は解決したぞ!

 

「師匠、約束覚えてる?」

「む」

「尻尾ステーキ!」

「ゼフィ、君は本当に食べ物に関することとなると目の色が変わるな……」

 

 竜騎士学校のある街レイガスに戻る手前で、俺はヨルムンガンドの尻尾の先を切らせてもらった。フレイヤは微妙な顔をしていた。

 欠けた尻尾は可哀想だから、時の魔法で治してあげた方が良いかなと思ったけど、ヨルムンガンドは「ふんっ!」と気合い一発。

 にょきっ。

 再生するの、早すぎ!

 

「それじゃ、フレイヤ、また学校で」

「ええ、セイルさま。この度は本当にありがとうございました!」

 

 人目の付かない場所で、俺たちは挨拶をして別れた。

 俺は持って帰った尻尾を領事館のコックに「料理して」と言って渡した。もちろん素材の出所は伏せて。

 尻尾の味?

 なんかスルメみたいな味だったなあ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます