62 好きな食べ物は最後にとっておく主義です

 人間だった頃は身を守るために剣を持ち歩いていたけれど、今の俺はフェンリルだから、天牙を携帯する必要性を感じていなかった。メープルには散々「私を連れていってよゼフィ」と頼まれていたのに。ごめんよメープル。やっぱりお前が必要だわ。

 

 それにしても、あのヴェルザンディとかいう邪神、出会った時にアールフェスごと食べちゃえば良かったな。

 可愛い女の子の姿をしていたから、つい油断してしまった。

 

「どうすれば幻想結界を解除できるのかしら。本の妖精さん、教えて頂戴」

「本の妖精……」

「違うの? 本の妖精だから、邪神や結界について詳しいのかと思ったわ」

 

 フレイヤは、空中に本を浮かせて隠れているヨルムンガンドに問いかける。

 ヨルムンガンドは孫娘に「本の妖精」と呼ばれてショックを受けているようだ。

 黙ってしまったお爺ちゃんの代わりに俺が答える。

 

「じゃしん、いばしょ、わかるよ?」

 

 子狼の姿だと舌を噛みそうになる。

 たどたどしい言葉でフレイヤに説明した。

 

「におい、する。じゃしん、たおせば、みんな、たすかる」

「本当?!」

 

 フレイヤは、腕の中の子犬こと俺に輝くような笑顔を見せた。

 

「着替えて戦いの準備をしなきゃ」

 

 本棚の陰で彼女は武装し始める。

 紺碧のワンピースの上から黄金の胸当てや籠手を装備した。

 戦姫という二つ名にふさわしい姿だ。

 

「よし! 準備万端よ!」

 

 俺を片腕に抱え、片腕に黄金の槍を持って。

 フレイヤは図書室を出た。

 廊下で兵士とすれ違う。

 

「フレイヤさま。民が次々と眠るように倒れております。それにこの夜空は」

「うろたえるな!」

 

 凛々しい表情で彼女は一喝いっかつした。

 

「たとえ国土が闇に沈もうと、このフレイヤがいる限り、明けぬ夜はない!」

 

 おお……恰好いい。

 俺はたのもしい言葉に聞きほれた。

 兵士も希望を感じたらしく、表情を明るくしている。

 

「倒れた者を室内に運び、手当てするのです。後は私がなんとかします」

「はっ! フレイヤさま、ご武運を!」

 

 兵士は敬礼して駆け去っていった。

 フレイヤは兵士が去ると少しリラックスした雰囲気で、俺を見下ろす。

 

「子犬ちゃん、邪神はどこに?」

「かざん。うえのほう」

 

 俺は風上に鼻先を向けた。

 学校の外へ歩き出すフレイヤ。後を追うように浮遊する本と、ヨルムンガンド。

 外に出ると、見知った顔がいた。

 

「ゼフィ!」

 

 慌てて走り寄ってくるティオ。

 護衛のロキが険しい表情で空を見上げている。

 

「止まりなさい」

 

 フレイヤが近づかないように警告する。

 俺しか見えていなかったティオが、目を丸くして立ち止まった。

 

「あなたは、この子犬の飼い主なのですか?」

「か、飼い主というか……友達ですけど」

「そうですか。申し訳ありませんが、事態を収拾するために、この子の力を借ります」

 

 ティオが視線で「どうなってるの?!」と問いかけてくる。

 うーむ。ここは流れに身を任せてみるか。

 関係を説明するのが面倒くさい。

 

「あなたたちは、火山から離れなさい。街に親類がいるなら、無事を確認するといいでしょう」

 

 フレイヤはそう言ってティオたちに背を向けた。

 ロキが「ひとまず領事館に戻って様子を見ましょう」と言っている声が聞こえる。

 領事館といえば……兄たんたち、どうしてるだろう。

 きっとこの状況を把握したら、俺のところに飛んでくるはずだ。

 とりあえず、兄たんたちが来るまではフレイヤと一緒にいよう。

 

「ゼフィ、また後で」

 

 ティオは動かない俺を見て諦めたようだ。ロキと一緒に去っていく。

 周囲にいた他の生徒たちも、フレイヤの言葉を聞いていたのか、学校から退避するようだ。

 俺を抱えたフレイヤは一人、火山の頂上を目指して登り始めた。

 

「竜が眠っている……」

 

 火山は木々が少なく、大きな岩がごろごろ転がっている。

 岩に混じって、竜が地面につっぷして眠りこけていた。

 

「眠らされているのだろう。魔力の少ないものは真っ先に眠りに落ち、魂を抜かれている」

 

 ヨルムンガンドが解説する。

 フレイヤは寝ている竜を迂回して進んだ。

 

「竜が寝ていてよかったわ! 私、竜が大の苦手なのよ」

「え?」

 

 竜が苦手なのに、なんで竜騎士学校にいるんだよ。

 

「お母さまが苦手を克服しなさい、と言って私をここに放り込んだの。授業に出たくないから、いつも図書室にこもっている訳」

 

 俺の疑問を察したのか、フレイヤが竜騎士学校にいる理由を教えてくれた。

 竜が苦手ならヨルムンガンドと会わせられないじゃないか。

 困ったな。

 

「あ、あれは……」

 

 気温が高い火口付近になって、フレイヤは足を止めた。

 満月を背に黒髪に紫の瞳の青年が立っている。

 貴族らしい優美な長衣コートが、熱風に吹かれてひるがえった。

 彼は片手に銀色の小銃を持って、こちらを見下ろしている。

 

「アールフェス・バルト」

 

 フレイヤは青年の名前を呼んだ。

 

「なぜ、あなたがここに?」

「決まっているでしょう。邪神ヴェルザンディに協力するためだ。戦姫フレイヤ」

 

 アールフェスは口の端を上げて答える。

 こいつ操られてるかと思ってたけど、正気なのか?

 フレイヤは戦いの邪魔になると思ったのか、俺を地面に降ろし、黄金の槍を構えた。

 

「なぜ無敗の六将の息子であるあなたが、敵である邪神に協力するのです?!」

 

 かつて無敗の六将は邪神を倒すために戦った。

 親の敵になぜくみするのかと、フレイヤは詰問きつもんする。

 

「はっ! 神童と呼ばれ、エスペランサの戦姫とたたえられるあなたには、僕の気持ちは分からないだろう。英雄の息子と無駄に高い期待をかけられ、それに応えられず勝手に失望された、僕の気持ちは」

 

 アールフェスは自嘲の笑みを浮かべて答える。

 

「僕は、僕を見限った親父や世界の全てに復讐する。そのために邪神と取引をしたのさ!」

「なんて浅ましいことを……恥を知りなさい!」

 

 フレイヤは怒っているようだ。

 一方で俺は、ちょっとアールフェスに同情していた。

 邪神と取引するのは確かに卑劣な行為だけど、強くなる目的を果たすという意味では間違っていない。持つ者は持たざる者の気持ちが分からないというのも、真理だ。

 

「……ゼフィくん、ゼフィくん。どうする?」

 

 岩陰に隠れながら、ヨルムンガンドと俺はこそこそ話をする。

 

「うーん。兄たんがくるのを、まつよ」

「私の孫娘と、邪神の使徒になっている青年は大丈夫かね? 戦いが始まりそうな雰囲気なのだが」

「あぶなくなったら、おれがとめるよ」

 

 互いの主義主張をぶつけ合う戦いも、たまには必要だろう。

 俺たち無敗の六将が最初は敵同士だったように。

 仲良くなるには一度きちんと喧嘩する必要があるのだ。

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます