37 また人助けをしてしまいました

 あくまでも一緒に考えるだけだからな!

 協力はしないぞ。


「ありがとうございます、ゼフィ」


 嬉しそうなドリアーデに、俺はちょっと困る。


「……だいたい、ここがどの時点の過去なのか分からないし。ドリアーデのお母さんが倒された後だったりしたら、意味ないでしょ」

「そうですね。時間が分かるものを探しましょう」


 俺たちは連れだって部屋の外に出た。

 ちょうど廊下を獣人の女性が通り過ぎる。


「あの! 少し尋ねたいことが」

「……」


 ドリアーデの呼び掛けは無視された。

 どうやらこちらの声が聞こえていないようだ。


「ふむ。我々はこの時間軸に存在するはずのない者だからな。幽霊のような扱いなのかもしれん」


 肩の上でヨルムンガンドが腕組みした。


「そんな……」

「過去を変えるの、難しそうだね」


 俺はドリアーデが諦めてくれないかなー、と思って消極的な発言をする。

 しかしドリアーデは逆に向きになってしまったようだ。


「いえ! まだ分かりません。私は過去を変えたいのです!」


 ドリアーデはずんずん廊下を進む。


「どこへ行くんだよ」

「南の人間の国、ハルファートへ! 私の故郷であり、お母さんのいる場所です」


 ここ、黄昏薄明雪原トワイライトフィールドだよな。

 遠くないか。

 徒歩で雪原を脱出できないし、さらに南のハルファート王国へは、飛竜で一日以上掛かる距離だ。


「……私の背中に乗ればいい」

「ヨルムンガンド?! 過去を変えるのは反対なんじゃ」

「確かにリスクは大きいが、過去が変わると具体的にどうなるのか、興味がある」


 ヨルムンガンドは浮き浮きした様子だ。

 前から知ってたけど、この神獣のおじさん、ちょっと変だ。


「よろしくお願いします!」


 勇みだつドリアーデの案内で、俺たちは複雑な魔王地下城ダンジョンの通路を進み、階段を登って地上に出た。

 俺の肩から降りたヨルムンガンドが、立派な体格の青い竜の姿に戻る。

 乗っても良いと言うことなので、ドリアーデと一緒に遠慮なく背中によじ登った。

 ヨルムンガンドは翼を一打ちすると、軽くジャンプして風に舞い上がるように大空へ飛び立つ。


「すごい! 俺が竜に変身するより速いね!」

「そうだろう、そうだろう。竜と一緒にされては困る。私の翼なら南の人間の国まで半日も掛からないぞ」


 ここぞとばかり、ヨルムンガンドは自分の能力をアピールした。

 ぐんぐん加速していく。

 ちょっと待て、速すぎて目が回るぅー!


「大丈夫ですか、ゼフィ?!」

「うう、ちょっと乗り物酔いっぽい」


 おかしいな、散々クロス兄やウォルト兄の背中に乗って移動してるのに。でも、兄たんの移動はもっと静かで、あんまり揺れないんだよな。

 



 乗り物酔いで気持ちが悪くて、もうこれ以上耐えられないと思ったところで、ヨルムンガンドは目的地に着いたようだ。

 俺たちが背中から降りると、ヨルムンガンドはまた小さな姿に戻った。


 そこは人里に近い森の中。

 一本の巨木を、斧やまさかりを持った人間たちが取り囲んでいた。

 巨木の幹にのめりこむように、目を閉じた女性の上半身が木に寄り添っている。


「お母さん!」


 ドリアーデが叫ぶ。

 一方、俺たちがここにいることに気付かないのか、斧を持った人間たちは木を切る準備を始めていた。


「おっかねえな、魔女の木。斬り倒して、俺らが祟られたりしないのか」

「無駄口叩いてないで、さっさとしろ。国王から多額の報償金がもらえるんだぞ」


 人間たちは雑談しながら、斧を手に巨木に近付こうとしている。

 これってまさかジャストで、ドリアーデの望んだ時間に来ちゃったってこと?


「止めなさい!」


 ドリアーデは魔法を使おうとしたが、掲げた腕の先には何も生まれない。仕方なく、斧を持った男の腕を掴んで止めようとしたが、その手が接触することなく身体をすり抜ける。


「え……?」


 まるで透明になったみたいだ。

 勢いあまってたたらを踏み、ドリアーデは呆然とした。


時間的矛盾パラドックスを出さないための、仕組みなのかもしれんな。世界の法則として、過去は変えられないようになっているのかもしれない」

「そんな……どうやっても、お母さんを助けられないの?」


 ヨルムンガンドの推察を聞きながら、俺は唇を噛むドリアーデに声を掛けた。


「もう、止めようよ、ドリアーデ」

「ゼフィ! でもそこに、お母さんがいるのに!」

「ヨルムンガンドが言ってただろ、過去を変えたら元の世界に帰れないかもしれないって。今生きているドリアーデを犠牲にして生き延びることを、ドリアーデのお母さんは望んでるのか?」


 我ながら卑怯な言葉かもしれない、と俺は思った。

 兄たんたちにもう一度会いたい。

 そのためにドリアーデを説得しようとしている。


「う……ううう」


 ドリアーデは地面に膝を着いた。

 泣き出す彼女を、後味の悪い気持ちで見つめていると、突然、虚空に女性の声が響き渡った。


「……その少年の言う通りです、ドリアーデ」

「お母さん?」


 俺は辺りを見回したが、声の響いてくる方角は分からなかった。

 ドリアーデは顔を上げて巨木の方を見る。

 木の幹に同化した女性は静かに眠っているようで、動きは無い。

 それでも響いた声が、ドリアーデの母親のものであることは、ドリアーデの反応から明らかだった。


「私たちは森と共に生き、死と同時に木に身体を捧げて森と一つになって、生き続ける……そういう種族です」

「お母さん!」

「私の人としての生命は終わりました。だから時の流れをさかのぼって、 会いに来てくれた、あなたの存在が感じ取れるのです。ドリアーデ……」


 驚いた。ドリアーデのお母さん、俺たちのことが分かるんだ。

 空から響く声は、優しくさとすように続けた。


「木になった以上、人間に斬り倒されるのは、当然の自然の摂理……何も悲しむことはないのです」

「……」


 ドリアーデはうちひしがれているが、母親に説得されて、納得しようとしているようだった。

 これで諦めてくれれば、後は元の世界に帰るだけだな。

 兄たんを解放して、太陽の精霊を渡してもらえば、全部解決……じゃない!

 嬉しいのは俺と兄たんたちだけで、ドリアーデは可哀想じゃないか。


「……当然の自然の摂理? 人間に切られたら、それは自然でも何でもないだろ!」

「ゼフィ……?」


 さっきまでドリアーデを諦めさせようと思っていたが、気が変わった。

 だってドリアーデの母親の言葉がどうにも引っ掛かる。


「それに、何十年も掛けて母親を復活させようとした、ドリアーデの想いはどうなるんだよ?!」


 俺の言葉に、ドリアーデは驚いた顔をした。

 その時。

 周囲の空間が渦を巻くようにねじれ始める。


「何が起きてるんだ?!」

「……そうか! どんな魔法も永遠には続かない。過去へ時空転移する魔法の時間切れだ!」


 ヨルムンガンドが推測を述べる。

 時間切れ、ってそんなのあり?!

 どうなっちゃうの?


「そんなっ、まだ話したいことがたくさんあるのに! お母さん!」


 思わぬ幕切れだった。

 時空のねじれが、口を開けて俺たちをぱくんと飲み込む。

 白い光に視界が塗りつぶされて……。

 気が付けば、俺たちは元いたお風呂に戻っていた。


 ドリアーデは悲痛に暮れた表情で、水に濡れた石畳に座り込む。


「お母さん……」

「……はい」


 なぜか空中から返事があった。

 見上げると、淡い光に包まれた小さな人影が、繊細な虫の翅のような翼で空中に浮いていた。おとぎ話に出てくる妖精のような生き物だ。


「え? お母……さん……?」

「はい。どうしてでしょう、私、妖精に生まれ変わってしまったようです」

「えええっ?!」


 妖精はドリアーデの母親らしい。


「ふむ。これもゼフィの魔法の副作用のようだな。あの場所での時空転移が、彼女の魂に影響を及ぼしたのだろう」


 なぬ、俺のせい?


「夢のようです、またお母さんと一緒に生活できるなんて」


 ドリアーデの表情は喜びに輝いていた。


「本当にありがとう、ゼフィ!」

「ふえ?」


 俺、何もしてないんだけどなー。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます