極夜の支配者

29 兄たんを探しに行きます(改題)

 翌朝になっても、ティオは猫の姿のままだった。


「僕、一生このままなのかな……」

「すぐに戻るって」


 俺はティオをなぐさめたものの、正直、何日で戻るかなんて予測が付かない。

 隣で欠伸あくびをしたクロス兄は、俺たちの様子を気にしていないようだ。クロス兄にとってはティオが猫だろうが人間だろうが、大して変わりないのだろう。


「ウォルト兄は、まだ帰ってきていないのか」


 そう、母上に聞く。


「ウォルトなら黄昏薄明雪原トワイライトフィールドへ行ったきり、まだ戻っていませんよ」

黄昏薄明雪原トワイライトフィールド?」


 返ってきたのは聞いたことのない地名だった。


「太陽の昇らぬ夜の国、とも言われます。人間たちが魔族、と呼ぶ者たちの祖国もあります」


 母上はそう俺たちに解説した。

 黄昏薄明雪原トワイライトフィールドは、真白山脈フロストランドの向こう側に広がる雪と氷の大地のことらしい。


 魔族とは、獣人で魔法にけた者たちを指す言葉だ。人間と獣人は仲が悪い。今のところ人間の方が圧倒的に優勢で、獣人は僻地へきちに追いやられ差別されている。

 クロス兄は武者震いする。


「ウォルト兄はそんなところへ行ったのか」

黄昏薄明雪原トワイライトフィールドの主は、あなたたちの父親です。ウォルトは父親に勝負を挑み、その地位を引き継ぐつもりなのでしょう」


 父親かあ。当たり前だけど、フェンリル父上もいるんだな。姿を見たことがないのはどういうことだろう。

 それにウォルト兄がまだ帰ってきてないのも気にかかる。


「ウォルト兄に会いに行こう!」


 俺の提案に誰も反対しなかった。

 クロス兄と俺、それに「置いていかないで!」と泣く猫のティオは、真白山脈フロストランドの北、黄昏薄明雪原トワイライトフィールドへ、ウォルト兄の様子を見に行くことにした。




 ちょっとした日帰りの遠足のつもりだったのだ。

 しかし黄昏薄明雪原トワイライトフィールドは、俺が思っていたよりもずっと広かった。しかも。


「めっちゃ太陽昇ってるじゃん」

「おかしいな……」


 山脈の北側は、なだらかな雪原が広がっている。

 雪原は途中から氷の海とつながり、氷山が並ぶ白氷の大地が永遠に続いていた。


 ここは太陽の昇らぬ国、とのことだが、お天道てんとうさまは通常運転。

 むしろ日射しが暑い。

 雪の上なのに暑い。


黄昏薄明雪原トワイライトフィールドは、いつもは桃色や薄い紫色の空をしているのだが」


 クロス兄は沈まない太陽と、蒼い空を見上げて不思議そうにする。

 桃色の空ってどんなの?

 いやそれよりも今は……


「暑くて溶けちゃう……」

「ゼフィ、大丈夫か?!」


 俺は強い目眩めまいを覚えて、子狼の姿でクロス兄の背中からずり落ちそうになった。

 間一髪で人間の少年の手が俺を掬い上げた。

 たった今、魔法の効果が切れて、ティオは元の姿に戻ったようだ。


「くっ、人間、ゼフィをしっかり抱いていろ。日陰を探すぞ!」

「はい!」


 ティオは、ぐったりした俺を腕に抱き抱えて、クロス兄の背中にまたがった。

 クロス兄は雪原の外れを目指して走る。

 砂より細かい雪の上に他の動物の足跡はなく、フェンリルの駆け抜けた後をすぐに雪風が平らにならしていく。

 雪原には樹氷がいくつか立っていたが、日の光をしのげるほど密集していなかった。


 やがて雪原の段差で崖になっている場所を見つけ、クロス兄は足を止める。


「ゼフィ、生きているか?」

「さかなたべたい……」

「よし! 大丈夫そうだな!」


 大丈夫じゃないやい。意識もうろうとしながら、昨夜の母上の話を思い出して呟いた俺に、クロス兄は「もうちょっと我慢するんだ。後で氷魚ひうおを取ってきてやるから」と励ましてくれる。

 

 クロス兄は洞窟か穴がないか確認しながら、崖の下を歩き始めた。

 突然、その行く手をふさぐように人影が現れる。


「……何を探しておられるのですか、フェンリルさま」


 それは緑の髪と瞳をした少女だった。

 白い肌には植物のような紋様があり、どうも普通の人間とは思えない雰囲気をかもし出している。背格好はティオより少し上くらいだが、大人びた冴えた眼差しで年齢が分からない。防寒具として灰色の厚手のマントを羽織っているが、寒さを感じているようには見えなかった。

 少女の手にした杖の先には青い水晶の花が咲いていて、ぼんやり光っている。


「私は、夜の国の魔王ドリアーデ。よろしければ、我らの国で休んでいってください」


 ドリアーデが岩壁に杖をかざすと、壁に光の線が入った。

 見る間に壁に大きな扉が出来て左右に開かれる。


「ちょうど休めるところを探していたところだ、助かった」


 クロス兄は扉の内側に入る。

 内部はフェンリルの巨体でもつかえないほどの、高さと奥行きのある洞窟が広がっていた。壁のところどころに生えた水晶が光り、照明がわりになっている。

 ティオはクロス兄の背中から降りると、俺を床に置いた。


「ふああー。いきかえるー」


 俺は子狼の姿のまま、冷たい床に転がって体を冷やした。


「まったく、なぜいつも暗い黄昏薄明雪原トワイライトフィールドに太陽が輝いているのだ?」


 クロス兄は俺を心配そうに見ている。


「ご存知ないのですか?」


 ドリアーデが不思議そうに言った。


「つい最近、太古からこの地に封じられていた太陽の精霊がよみがえったのです。黄昏薄明雪原トワイライトフィールドは太陽の沈まぬ地となり、日照りが続いた影響で氷山が溶け出しつつあります」


 なんだってー?!

 淡々と言ってるけど、それって大変なことなんじゃ。


「氷が溶けて水が増えると、洗濯が楽になるって、ダリアおばさんが言ってたよ! 良かったねゼフィ!」


 ティオは俺に向かって笑いかける。

 ダリアおばさんは真白山脈のふもとの村の、洗濯おばさんのことだ。


「水が増えると魚が増える。魚捕り放題という訳か! 良かったなゼフィ!」


 クロス兄も嬉しそうだ。


「……でもあついのヤダよ」

「……」


 何事にも限度というものがある。

 魚食べ放題なのは嬉しいけど、太陽沈まなくて熱いのはなあ。

 溶けて死んじゃうだろ。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます