20 人間の国を征服するって本気ですか?

 雪の結晶は、よく見ると六角形だったり、樹氷の形をしていたり、色々なバリエーションがある。

 人間時代、幼い俺に母は、不思議な幾何学模様をした銀色の飾りを「これが雪の結晶よ」と言って渡してくれた。異国の品に心踊らせた、懐かしい思い出だ。

 

 ローリエ王国南西の街、ガートルードで、俺はその思い出の雪飾りを見つけた。


「ロキ、あれ何?」

「ああ、雪祭り用のオーナメントだよ」

「祭り?!」

「……白竜くん、我々がこの街に来た目的を忘れてないかい?」


 俺は白々しく明後日あさってを向く。

 義賊団のロキ、王都に向かう旅の途中のティオ、それに俺は、神獣フェンリルが暴れているという街ガートルードにやってきた。

 ロキはガートルードを守るため、そして俺は兄たんが関わっているか確認するため……ティオはおまけである。

 ちなみに山猫のルーナはいつの間にかいなくなっていた。また悪事を企んでいる気がするが、ひとまず放っておこう。


 神獣が暴れているという噂のわりに、ガートルードの街は平穏そのものだった。


 空は晴れているが、綿雲からは白い雪が降っていて、街の地面にはうっすら雪が積もっている。雪からはクロス兄の匂いがした。近くにいるのだろうか。

 通りの店では美味しそうなミートローフや木の実、色とりどりのオーナメントが売られていた。

 街角に立った若者が楽しげに笛や太鼓を鳴らしている。

 祭りの浮き足だったムードが、そこら中に漂っていた。


「噂と違うな。いったいどういうことだ。おい、店の親父」


 ロキは足を止め、出店で焼き林檎りんごを二つ買った。俺とティオそれぞれに焼き林檎をくれる。わーい。

 蜜入りの温かい林檎は甘酸っぱくて旨い。

 情報収集のつもりなのか、ロキは店の親父と立ち話を始めた。


「ガートルードで、フェンリルが暴れていると聞いたが」


 ロキの疑問に、店の親父は愛想よく答えた。


「はい、フェンリルさまがいらしてますよ!」


 フェンリル……さま?


「神獣さまが街におられるおかげで、理不尽な徴税をする奴らがやってこない! 降り続ける雪のおかげで、水不足が解消される! フェンリルさまさまですな!」


 店の親父は笑顔で語った。

 兄たん、なんでいきなり人助けを始めたんだろ。


「……ゼフィィィーーッ!」


 噂をすれば本狼が、通りの向こうから雪を蹴散らして駆けてきた。

 街の人々はフェンリルの巨体を見慣れてしまったのか、普通にスルーしている。


「兄たん」

「やっぱり人間と一緒にいたんだな! 怪我はないか? 心配したんだぞ! 今までどこにいたんだ!」


 クロス兄は、俺に全身をすりよせて、ぐいぐい押してくる。

 今さらだけど罪悪感におそわれた。


「心配かけてゴメン、兄たん」

「全くだ! お前に何かあったらと思うと、夜も眠れなかった!」


 俺は、狼の姿でよくやるように兄たんと軽く鼻面をあわせた。

 これで仲直りだ。

 再会の儀式が済んだ後、先ほどから不思議に思っていたことを聞いてみる。


「ところで兄たん、どうして人間の街に?」

「ふっ、聞いて驚け。俺は人間の国を征服する!」


 せいふく……制服?

 いや違う。なんだか物騒な単語が出てきたぞ。

 クロス兄は得意そうな顔をして続けた。


「手始めに、この人間の街に雪を降らせてやった!」


 街の人は水不足が解消されると喜んでいる。


「武器を持った人間たちがやって来たが、俺のひと睨みで退却していった!」


 理不尽な徴税、に来た人たちかな。


「恐れをなした人間たちは、俺にひれ伏して崇めるようになった!」


 超、感謝されてるね。


「どうだ?!」

「兄たん、すっごーい!」


 とりあえず俺は兄たんを褒めた。


「すごいだろう! この国が俺の支配下に落ちるのは、時間の問題だ。くっくっくっ」

「人間、殺さないよね?」

「当然だ。気に入らない人間は、ちょっと冷凍するかもしれないけどな」


 なら、いいか。

 とりあえず何の問題も無さそうだ。「支配」や「征服」という物騒な言葉が出てきたが、きっとクロス兄なりのユーモアなんだろう。棲みかを変える時の、フェンリル独自の表現なのかもしれない。


「ああと、白竜くん……?」


 数歩下がったところで、恐々と俺たちを見ていたロキが、遠慮がちに発言する。

 焼き林檎を食べ終わったティオが、汁のついた指をなめながら、訂正を入れた。


「ロキさん、ゼフィは白竜じゃなくて、フェンリルだよ。ねえ、ゼフィ」

「フェンリル?!」

 

 ティオ、何でもかんでも正直に暴露するのはやめようぜ。

 と言っても、別に隠す理由もないか。


「ロキ、俺はティオの言う通りフェンリルだ。そしてこれは俺の兄……兄貴は、人間の国が欲しいと言ってる」

「何?!」

「この街の人たちが、それを歓迎しそうな雰囲気なのが、気にかかるんだよなあ。理不尽な徴税って、何?」


 兄たんがこの国を手にいれて何をするつもりか知らないが、俺は弟として手伝いをしよう。そのために障害になりそうなことは、早めに解決しておかないとな。


「騎士のあんたが、義賊団のかしらに扮して旅をしてるのと、何か関係があるんじゃないの」

「……っ!」


 突っ込むと、図星だったのか、ロキは目を見開いて絶句した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます