第2話 爆走!夏美と正蔵のタンデムライディング

 俺と握手を交わしたその少女、佳乃夏美は事務所の奥に引っ込んだかと思ったら、今度は襟回りに毛皮の付いた革ジャンを着て外へ出てきた。

 手には皮手袋と大昔の飛行帽とパイロット用の四眼ゴーグルを掴んでいる。

「なあ、正蔵君。キミ、大型二輪免許持ってないんだろ?」

「ええそうですけど」

「このZ、乗りたいよな」

「まあ、そうですけど」

「じゃあ、オレが乗せてやる。頼爺よりじいいいだろ?」

 頼爺は笑いながら頷いている。

「え? タンデムですか?」

「免許が無いんだからしょうがねえだろ」

「まあそうですけど」

 話しているうちに手袋をつけ飛行帽を被りゴーグルを当てる夏美さん。そしてライムグリーンのZに跨りサイドスタンドを外した。


 飛行帽?


「あの、夏美さん? ヘルメットは?」

「ああ、オレはアンドロイドだからヘルメット不要なんだ」

「へ? アンドロイド? ヘルメットはいいの?」

 頼爺は笑いながら頷いている。

 チョークを開けクラッチを握ってセルを回す。

 グオーンと轟音を立ててエンジンがかかった。

 アクセルをあおると甲高い排気音に変化する。集合管がついていた。

「オリジナルはカーカーだがこいつはモリワキだ。性能はピカ一だから安心しろ」

 モリワキだとかヨシムラだとかどっちでもいい。俺は人型アンドロイドの運転するバイクにタンデムするという未知なる体験について巨大な不安感を持っていた。

 夏美さんはアクセルをあおりながら暖機運転をする。チョークを戻してアイドリングが落ち着いてきたところでポンポンとリアシートを叩く。

「さあ乗った乗った」

 俺はタンデムステップを引っ張り出し、それに足をかけてリアシートに跨る。

「オレの腰をしっかりとニーグリップしろ。両手でオレのベルトを掴め。落ちるなよ」

 そう言ってタイヤを軋ませながら急発進する。そのまま旧国道191号線を北東方面へ向かう。

 急発進に急加速、急減速に右左折でのフルバンク。

 市街地でこんな走りをしちゃダメでしょうという見本市のようなぶっ飛ばし方だった。

 海沿いの道。北長門海岸国定公園を眺めながらゆったりとしたツーリングになる……はずがなかった。狂ったように、タイムアタックするかのように攻めまくる夏美さんだった。

 そう言えば、夏美さんはアンドロイドだって言ってたわけだが、まさか、エディ・ローソンのライディングテクがインストールされているのかと信じてしまう位の凄腕ライディングだった。

 タンデムなので基本的にはリーンウィズ。派手な体重移動はしないものの、適度にリアタイアをスライドさせながら鋭角的にコーナーをクリアしていくテクニックはとても免許取り立ての自分には真似できないものだった。

 阿武町あぶちょう奈古なごを過ぎ木与きよへ向かう途中でフルカウルのレプリカマシンを見かけた。あのトリコロールカラーはホンダのマシンだろう。俺達のぶっ飛びぶりを見かけて慌ててマシンに跨るのが見えた。

 そのホンダは見る見るうちに追いつき、並走してきた。

 斜め後方に張り付いて来る。右コーナーではセンターラインを跨がない慎重な走りだったが、次の左でポンとインに飛び込んできた。そのままこちらのラインを塞ぎ、立ち上がりの瞬発力を生かして前に出る。

 パンパンという破裂音は聞こえていたのでまさかとは思ったが、そいつは2スト400㏄のNS400Rだった。

 三本出しのチャンバーから白煙が吹きあがる。

 長い直線で再び前に出たZだが突っ込みでNSに負ける。軽量で運動性の高いNS相手にZで二人乗りでは圧倒的に不利なはず。しかし、それと対等に戦う夏美さんの技術は並外れている。

 交通法規をきれいさっぱり無視している二人だが、何故か赤信号では律儀に停止した。お互い相手を確認する。ヘルメットのスモークシールドに阻まれて顔は見えないが、どうも夏美さんはこのNS乗りを知っているようだった。二人は左手と右手の拳をぶつけて挨拶を交わす。

 信号が青になり、再び二台のバトルが始まった。

 一進一退、公道でこんな馬鹿な事は止めて欲しいと心底思う。

 道の駅「ゆとりパークたまがわ」正面の信号で並んだまま減速する。この勝負は引き分けだったようだ。そのまま左折して駐車場に入っていく。

 トイレの前に並んで駐車した二台。しかし、俺はすぐさまフルフェイスのヘルメットを脱ぎ、トイレに駆け込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます