花瀬理佐の遠鳴り 其の三

 怖気づいてしまった月山は、苦笑いして聞いてみる。

「お、怒ってる?」

「怒ってない」

 月山には怒っているようにしか見えない。眉を寄せ、目を少しきつく細めている。声も少し低く、ぶっきらぼうのよう。

『好きな人いるか』と聞くのは、その相手に好意を寄せているパターンが多い。もしそれが事実だったら、と考えると理佐はむっとする。

「どうして怒ってるって思うの?」

 と、理佐が聞いた。

「怒っているように見えたから」

「そう」

 会話の歯切れが悪い。理佐は目の前にあるコーヒーをブラックのまま口に運ぶ。苦い、と思った。

「で、どうだったのよ」

「どうだったって、何が?」

 カップをコーヒー皿に置く。でも、飲めなくもない。後から甘さが際立ち、後味がすっきりしている。

「何て言ったの?」

「『居るよ』って言っておいた」

 手をミニフォークに持ち替えて、スイートポテトに生クリームを乗せる。それを一口サイズに切った。咀嚼した後、

「で、その後は?」

 と聞いた。

「その後は、『そっか』って言ってた」

 程よく甘く、サツマイモが口の中でいっぱいになる。しかし、物足りない。もう一度、スイートポテトにフォークで切り込んでいく、以前よりも力を入れて、大きく。それをパクリと口に入れる。

 その様子を見た月山は低い声で、

「機嫌直せよ」

 と言った。

「……分かった」

 イラっとしているのは珍しい。理佐は素直に受け入れた。「ごめん」と言ってスイートポテトを切り取り月山の口元へ運ぶと、彼は少し腰を上げてそれを食べた。

「美味しい」

「でしょ」


「ねぇ、理佐に聞きたいことがあるんだけど」

「何?」

「橋波さんの様子が変だった事が気になっているんだ」

「と、言うと?」理佐は、ガムシロップとミルクをコーヒーカップに注ぐ。

「そうだな……。スタッフルームに二人だけ居たんだけど、やけに声が小さいし、目を合わせてくれなかった」

 スプーンでかき混ぜながら、

「他には?」

 と理佐が聞いて、コーヒーをもう一度口に運び、

「泣きそうになってた」

 という彼の発言にコーヒーが吹きそうになった。

「な、泣きそう!?」

「そう。そんな顔されると何て言えばわからないだろ」

「そりゃ誰でもそうでしょ」

「でも、どうしてそんな顔されなきゃいけないのか俺にはさっぱりで」

 おい月山君、それは間違いなく結衣に好かれていたんだよ。何て言っても彼は首を傾げるだろうと思って、理佐はあえて言わなかった。代わりに、

「君はどう考察してるの?」

 と、聞くと彼は唸り始めた。

「……さっぱりわからん」

 理佐は大きなため息を吐く。鈍感男を好きになる苦しさも分かる。デリカシーがない返事をされたのだろう。ショックを考えると自ずと溜め息が出る。

「え、何で溜め息」

「その後雰囲気はどうだった?」

「雰囲気も何も、『ごめんね』ってなぜか謝られて直ぐにスタッフルームから出て行った」

 泣いているところを見られて恥ずかしかったのかな。月山は、前のめりになって

「何で謝られると思う? 俺そんなことした覚えないんだけど」

 と言った。

「ちょっと待って。他に何か聞かれた? 恋人居る、とか」

 前のめりの姿勢から背筋を伸ばして、月山はおぉ、と呟く。

「よく分かったね。聞かれたよ」

「それぐらい分かるわよ。で? なんて答えたの」

「居るよって言った」

「私だって言った?」

「いいや。それを言う前に出て行った」


 状況をまとめると、スタッフルームで二人きりになったとき、結衣が月山に「好きな人いるか」と聞いた。「居るよ」と答えた。「恋人居るの?」と聞くと、月山は素直に「居るよ」と答えた。泣きそうになった顔を月山に見られた結衣は、「ごめん」と言ってスタッフルームを直ぐに出て行って、残された鈍感な月山君は、首を傾げるしかなかった、ということになる。

 理佐は、溜息を吐いた。

「君が唸るのも仕方ないか……」

「今なんて言った? 声小さくて聞こえなかった」

「君の鈍感さが顕在してくれたことにホッとしている自分も憎いわ」

「え? 何の話?」

「君はもうちょっと、恋愛小説を読もう。いや、読んで」

「はぁ」と言って、月山はもう一度首を傾げた。

「ねぇ、私たちの関係、ちゃんと結衣に言ったほうがいいんじゃない?」

「俺には判断しかねるから、理佐に任せる」

「分かった」

 袖に隠した腕時計を露わにして、

「もう六時だ。そろそろ古本屋へ行こうか」

 と月山が言うと、「そうね」と理佐が微笑む。

 二人は立ち上がり、カフェを後にした。

 ちなみに、会計は月山が済ませた。


 カフェの扉を開けると、冷気が二人を殺風景な冬の世界へ連れて行く。

「さ、寒い」と先に呟いたのは、理佐だった。

「うん、寒いね」と理佐に答える。

「古本屋ってどこら辺?」

「ここから二駅先に行ったところ」

「じゃあ、ちょっと遠いね」

「家まで送るよ」

「ありがとう」

 青を背景にネオンカラーが街を彩る街を二人は歩き出した。理佐は、何も施していない手を擦り、吐息で手を温める。

「手袋は?」と月山が聞く。

「忘れた。朝急いで学校行ったから」

「ドンマイ」

 はいはいと理佐は言い、手をコートのポケットの中に突っ込こもうとした時、

「ほら、手貸して」

 と声を掛ける。え、と声を出すと同時と手を握られる。歩く足が止まる。

「ちょ、何やって」

「いいじゃん。たまには」

 もう、と言って顔をそらす。

「あれ? 照れた?」月山は理佐の顔を覗き込む。

「て、照れてない!」

「んー? そういう風には見えないけどなー?」

 そらした顔を俯いたまま月山に向ける。真っ赤にした顔を上げて、上目遣い。

「でも、ありがと」

 月山は口元を腕で隠して「ど、どうも」と照れる。

「何で諒が照れてんのよ」

「いや、想像以上というか」

「どういう意味よ」

「まぁ、いいじゃん。早く行こう」

「はいはい。分かった」


 理佐の右手には、あのスイートポテトが入った袋。左手には、月山の手の暖かさが理佐の体温を染み込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます