第137話 低学年 修行 ②

 【モロット】近くの森でエリーさんの手伝いの為に付いて来たのだが、逆に魔獣狩りに付き合ってもらえる事になった。


「なんか邪魔しているみたいで申し訳ないです。」


「子供がそんな事を気にしちゃダメにゃ~。 特にレイくんの場合はもう少しわがままでも良い気がするにゃ。」


「確かに、お母さんにもたまに言われます。 結構、わがままを言っている気がするんですけどね。 そう言う意味ではエレナがわがままを言っているところはほとんど無いかも。」


 エレナはファッション位に興味があるのは分かっているが、幼なじみなのに、それ以外の趣味などは知らなかったりするから、結構謎な感じだったりする。


「エレナは、私にはいろいろ言ってくるにゃ。 まあ、他の子供よりは控え目みたいにゃけど。」


「エレナの趣味ってなんなの?」


 ちょっと気になったので、エレナに聞いてみる。


「趣味ではないにゃけど、森の探索は好きにゃ。 服も好きにゃけど、【チェスガン】には好きな服屋が少なかったにゃ。」


 あれだけ自分とブラットを買い物に付き合わせているのに!?と、思ったが精神的に大人な自分は違う返答をする。


「それじゃあ、今度僕がエレナに服を作ってあげようか?」


「にゃ!? レイは服も作れるにゃ?」


「あれ? 知らなかった? 僕が今着ている服も自作だよ。」


 スキルは無いが、前世でコスプレ衣装なども作っていたからミシンさえあればエレナの気に入る服は作れるだろう。


 ……まずは型を作るところからか?


「お願いするにゃ!」


「ちなみに服のセンスは無いから、デザインはエレナがするんだよ? ラフスケッチでも良いけど。」


「分かったにゃ! 約束にゃよ!?」


 予想以上にエレナが食いついてきたな、やはりエレナは服が好きなのか。




 ☆



 自分は魔獣狩りをする為に、【魔導剣】を2本出して両手に構えながら森を歩いていた。  


 その近くにはセシリアとエレナ、もう少し離れてエリーさんが付いてきていた。


 最初はエリーさんがそんなに離れていざという時大丈夫かな?と思ったが、本気のエリーさんは眼では追えないほど速く、20m位の距離なら一瞬で詰める事も可能だった。


 生物があんなに速く動けるのにびっくりした……。



 とりあえず、一匹しかいないはぐれの魔狼を自分1人で狩ることになり、ゆっくりと近づいてみたが【防衛本能】のスキルは発動しないので、多分1人でも倒せるのではないかと思う。


【魔導弾】を放てば直ぐに終るだろうが、それでは修行にならないので近接戦闘で倒すつもりだ。


 まずは【鑑定】をしてみたが、取得しているスキルも無いから、安心して斬りかかる。


 遠足時に教われた時は魔狼が集団だったからか、怖かったが魔狼一匹位ならあまり怖くはなかった。


 魔狼は【魔導剣】で鼻先を斬りつけただけで若干怯え、あとは何回か斬りつけたあと頭を刺して、魔狼を倒した。


「その年で魔狼相手にそれだけ圧勝出来れば十分にゃ。 はぐれを数匹倒してあとは、徐々に魔狼の数を増やして集団戦に慣れると良いにゃ。」


「分かりました。」




 こうして自分は魔狼や魔犬などを近接戦闘で倒していく事で【魔導剣士】の練度が上がっていくのだった。





 ーーーーーーーーーーーーーーー




 名前・レイ(8歳)

 状態・良好

 属性・雷

 職種・魔導技師4.3 魔導剣士4.9

 種族・人族


 パッシブ・防衛本能、建築、土木、料理

      素材の極み、鍛冶、パラレル思考

      共感覚、魔導科学、特殊採取


 アクティブ・魔導操作、鑑定、クリーン

       ストレージ、武器強化、雷属性付与

       魔導工房、魔導具作成、魔導弾

       魔導手、魔導壁、魔導剣

       圧縮魔導砲、魔導細胞生成

  有線遠隔射撃

       魔導剣術、二刀流


 魔導工房内・作業室、金属加工室、合成室、魔導炉


 固有スキル・ジョブホッパー

       鑑定の魔眼


 装備・魔導服




 ーーーーーーーーーーーーーーー




 名前・セシリア

 職種・魔導姫

 種族・魔導生命体


 固有能力・魔素通話、魔素データ通信、同期

      魔素圧縮吸収、魔素操作、指揮


 装備・神装魔導服(メイド服タイプ)

    神木の小太刀

    魔導圧縮銃


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます