第127話 チェスガン襲撃②

 【騎士団長のクリエラ視点です。】



 《チェスガン》にある騎士団の建物内にて。


 今日は夕方になったので夜勤の団員以外は皆が帰ろうとしていたら、街の外を巡回していた団員から良くない知らせが届いた。


「団長! 街の周囲に見たことの無いタイプの魔獣が多数います!」


「なに! 新種だったら珍しいな? 数と魔獣の詳細を報告しろ。」


「はい、数は正確には解りませんでしたが、ざっと見積もっても500匹以上はいます、そして魔獣の詳細は二足歩行をする魔獣で顔が犬の様です。 あと何故か全員が武装していました!」


「くっ、500以上で新種に武装? 想定外過ぎるぞ!」


(団員の冗談なら笑えるが……。 どうするか。)


「……まずは馬の扱いが上手い4名を選び、王都と近隣の騎士団に救援要請に走らせろ! 斥候部隊はすぐに正確な情報を集めてこい。 その情報を元に住民を学園へ避難させると共に、防衛戦の支援を学園にする。 すぐに取りかかれ!」


「「はっ!」」



 ☆


 斥候部隊から敵の詳細が届いたが、数は約600匹、全員が武装をしていて統率も取れている。

 もはや、これは魔獣の軍隊のようだった。


 我々、騎士団は戦争を想定していないので集団戦が苦手なのだが……。


 王国女性騎士団 総数60名。 戦力差約10倍か……。


 私を含む40名を街の入り口付近で防衛戦を展開する事にして。


 副団長を含む残り16名は、学園の教師と共に学園前でバリケードを張り、防衛することにした。

 街の外に罠を仕掛ける余裕は無いが、学園前には大量の罠を仕掛けて貰っている。


 魔獣は統率が取れているが、指揮を取っている魔獣を発見出来ていないのがとても気になる。


 もしかしたら別働隊でもいるのか?


 本来、魔獣は動物と同じ動きをするから、予測しやすいが新種だから魔獣だと決め付けて行動すると命取りになりかねない……。


 本来、私は作戦を立てるより動く方が好きなんだが……。




 ☆


【セシリア視点になります。】



 私は現在、マスターの指示通りに完全武装状態になった上で容姿を隠蔽する【魔導具】を使い、街の外で魔獣を監視していた。


【魔導スライム】に蓄えたエネルギーを消費して強力な攻撃をする【魔導散弾銃】と【魔導砲】を待機状態にしている。


 魔獣が進行するまでは、こちらからは手を出すなというマスターの指示なので、騎士団と魔獣達が戦闘を開始したら後方を叩く事で後続の敵を減らす作戦になっていた。



【魔導散弾銃】は1回で50発の弾を発射する銃で、【魔導スライム】のエネルギーを1匹分消費する。


【魔導砲】は直径10メートルの【魔導弾】を好きな属性で撃ち出せる大砲で、【魔導スライム】のエネルギーを3匹分消費する。



 ☆


【騎士団長のクリエラ視点です。】



 魔獣発見から3時間が経過した時に、魔獣達が侵攻を始めた。


「皆、可能性は低いが、応援が到着するまで街を死守する! すまないがみんなの命を私に預けてくれ!」


「「団長に着いていきます!」」


「まずは遠距離攻撃から始め!」


「はっ!」



 戦闘が始まりまもなくして、魔獣の群後方に巨大な魔法の光が通過して魔獣を凪払った!


「増援か?  いや、早すぎるな。 しかもあれはメイド服を着ているぞ?」


 開始10分位で600匹近く居た魔獣は200匹位が、一気に討伐されていた。


 しかし、大砲みたいなのは弾切れ?なのか後方に下がっていき、群の後方から攻撃しては下がるを繰り返していた。


「誰かは知らないがとても助かるな……。」



 ☆



【セシリア視点になります。】



 マスター達が到着するまで、あと約6時間というところで魔獣達の侵攻が始まった。


 騎士団40名と魔獣600匹の戦いはかなり絶望的な戦力差と思われる。


『マスター、魔獣達が侵攻を開始してしまいました。』


『そうか、間に合わなかったか……。 セシリアは【魔導砲】を3発撃ってから、退避をしながら街以外に誘導してから【魔導散弾銃】を使い、纏めて倒してくれ。』


『わかりました。 魔獣達が街中に侵入したらどうしますか?』


『その時は学園を守ってくれ。 随時指示を出すよ。』


『わかりました。マスター。』



 そして、騎士団と魔獣が戦闘を始めたので、魔獣の後方で固まっている群れに向かい【魔導砲】を3発を撃ち、約100匹位を倒すと、3割位の群れがこちらに向かって来る。


 騎士団の方からも何か言っているみたいだが、あまり余裕は無いのでゆっくり後退しながら【魔導散弾銃】を3発撃ち、さらに100匹ほど倒す。


【魔導スライム】のエネルギーが無くなり、使えなくなった【魔導砲】と【魔導散弾銃】の【虹結晶】を回収してから、岩陰に掘っておいた穴に埋めて隠す。


 その後、残りの魔獣は街に向かい、騎士団とかなり激しく戦っていて、騎士団は苦戦しているみたいだった。


 私は魔獣の後ろから【魔導圧縮銃】で1匹ずつ倒していくのが精一杯だった……。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます