第116話 文化祭 最終日③

 魔技の部が遂に自分達クラスの番になった。


 順番は、シンシアさん、コーデリアさん、自分の順だ。


「シンシアさん、リラックスしていこう。」


「はい、頑張ります。」


 シンシアさんは深呼吸をスーハー、スーハーしている。


「行きます!」


 シンシアさんは開始と同時に2個、火属性付与した【ファイアボール】を展開する。


 相変わらず威力がデカい、それにしては【魔力操作】も良く出来ているな。 シンシアさんは去年とは違っていた。。


 そして1個目の的は外れ、2個目の的には当たる。


 ズガッーン!


 今までにない激しい音がして、会場も少し揺れた。


「ダメージ点は直ぐには分からないけど、かなりのダメージだよね、あれ。」


「シンシアらしいですね。」


 その後も【ファイアボール】の展開に時間がかかったが、4発撃ち、2回的に当てて計3回当てていた。


 合計点 945点


 平均105ダメージ×3×3回=945


「予想以上に高得点だね……。」


「かなり堅いはずの的に傷が付いてますからね。 次は私が頑張ります!」


「コーデリアさんも頑張ってね。」


 頑張ろうとしている姿が妹みたいに可愛いので、つい頭を撫でてしまう。


「ふにゃ~。」


 コーデリアさんの顔が真っ赤になってしまう。撫でるのは、まずかったかな?


「コーデリアさん、ごめん。 大丈夫?」


「だ、大丈夫です! やる気200パーセントです。」


「そ、そう? ……それならよいけど。」


 コーデリアさんに変なスイッチが入った気がした。


 コーデリアさんは開始と同時に膝をつき、祈りのポーズを始めた。


 その光景に観戦しているみんなは何してるんだ? と思っていると……。


 スコーン!


 的が現れると共に突然現れた水の玉に撃たれる。


 その後もコーデリアさんは祈りのポーズを続けていたが、的が現れるたびに、全部水の玉に撃たれていた。


 スコーン! スコーン! スコーン!



(【水精霊魔法】は精霊が他の人には見えないから突然水の球が出てくる様に見えるんだよな……。 自分の魔眼でも見えるのは精霊が居るかもしれない場所で魔素の動きがあり、水の球が出来ているから【魔素操作】に近いのかもしれないな。)


 そしてコーデリアさんの結果は、



 合計点 1000点


 平均10ダメージ×10×10回=1000


 コーデリアさんはシンシアさんに少し勝っていた。




 自分は今回の為に新技を考えてきていた。 既に実験済みだからスキルも取得しているのだが、他の人のレベルを見ると使用するのが躊躇われる……。



【有線遠隔射撃】 銃口の付いた触手を任意に操作する。


【魔導操作】と思考処理能力次第で範囲と本数、威力を操作出来る。


 今回の様に、自分が動かず、準備時間があり、射程も短い場合はかなり有効なスキルだ。


 空にしか向けて撃っていないから威力は試していないから少し不安だが、まあまあの威力はあるはずだが、シンシアさんの威力には負けてるような気がするんだよな……。


 コーデリアさんやシンシアさんが予想以上に凄かったからな。

 多少やり過ぎても大丈夫だろう。


 一つの的に対して【有線遠隔射撃】を5発同時に撃てば威力が5倍になるんじゃないか? そうだ、念のためにそうしよう。


 触手10本位余裕だから、5本、5本に分けてやろう。



 自分の番が開始され、的が出た瞬間に伸ばした触手から近接射撃を5回する。


 ガガガガガッ!!


 射撃後、的が半分削れていた……。


(やり過ぎたか?)


 そんな考えをしていると次の的を見逃す。


(くそっ、今は競技に集中だ。 無心に撃ち抜くんだ!)



 ガガガガガッ!!


 ガガガガガッ!!


 ガガガガガッ!!



 競技が終わり、周りを見てみると先生や生徒達がポカーンとした顔をしていた…。



(うん。 そのみんなの顔は解るよ。 きっとやり過ぎたんだね……。)



 合計点 20250点


 平均250ダメージ×9×9回=20250




 文化祭の闘技、魔技、軽技の3種目共に2年生Aクラスが完全制覇したのだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます