第114話 文化祭 最終日①

 今日で文化祭も最終日になる。


 最終日の今日、開催されるのは魔技の部と軽技の部の同時開催である。


 魔技の部は威力と命中率を競うもので、射撃の的が下から10枚ランダムで出現する。出現している時間は3秒だけでその的にダメージセンサーが付いており、ダメージ総量×当てた的の数の総合点で競い合う。



 10のダメージを的5枚に当てると


(10ダメージ×5)×5枚=250点になる。


 魔法のほとんどは威力を上げると命中率が下がる。 これは魔法のイメージ固定時に魔力を込めるのに集中力を必要として、的を狙うにも集中力がいるからである。


 右手と左手で別のことをする感じなので両立が難しい上に的がモグラ叩きみたいだから当てるのも大変なのだ。


 実際、この競技は大人がやるものらしくて、それなりの高い能力が求められるので、なんで低学年の自分達にやらせてるかよくわからない。


 子供の平均ダメージは20らしく。威力に集中したら40~50出れば良いらしい。


 50ダメージでも1枚なら50点


 10ダメージで3枚当てれば90点になる。


 だからみんな命中率重視でいくらしい。


 競技の詳細を聞いて思ったことは、自分にすごく有利だと言う事だ。


 なにせ、自分は産まれた時から【魔力操作】の訓練をしているから、命中率には自信があるからだ。



 そして軽技の部は疑似迷宮の1層を進むもので、魔獣は出ないがトラップの回避や宝箱を探しながらゴールするものだ。


 最初の持ち点が100点で5分経過毎に-10点になり、トラップの種類で減点が変わり即死トラップならー100点、軽微ならー5点などさまざまである。


 宝箱も罠タイプがあるので難しい。 宝箱の罠があるか見分ける技術が無ければ触らない方が良かったりする。

 しかしトップを目指すなら宝箱は必須らしく、一番の当たりは300点で罠だと最大30分拘束(実質-60点)などがあるらしい。



 時間の関係で同時開催になるから、自分は軽技の部は直接見れないが、セシリアに頼み、エレナの活躍時は視界を回して貰うことにしてある。


 やはり、幼なじみの活躍は見ておきたいのである。



 ☆


 今はコーデリアさん、シンシアさんと一緒に魔技の部、会場にきていた。


「そういえば最近、レイくんの魔法を見てない気がしますね。 あまり修練所に来なくなりましたよね?」


「確かに、授業終わると、すぐに、帰りますよね。」


「確かにそうだね、最近は【魔道具】作りとかしてるから、魔法も体力作りも基礎訓練しかしてないかな。」


(何故かずっと【魔導剣士】の練度も上がらないんだよな……。 練度が上がればモチベーションも上がるんだけどね。)


「今日は、レイさんに、勝つ、つもりで、来ました!」


「私も最近になって覚えた攻撃系の【水精霊魔法】を見て欲しいです。 命中率は精霊がしてくれるので良い点が出そうです。」


「2人はそんなに自信があるのか……。 ブラットが優勝したし、エレナもなんか優勝しそうな気がするんだよな。」


「エレナさんが、負ける、イメージが、出来ないです。」


「私も負けるところが想像出来ませんね。 きっとエレナさんが圧勝するんじゃないですか?」


「幼なじみの中で僕だけが1人だけ優勝じゃないのは嫌だから、優勝を狙うかな……。」


「聞いた話によると魔技の部の優勝候補は4年生の方みたいですね。」


「僕も前に聞いたな、確か光属性の攻撃魔法が得意な女性のアメリア先輩だっけ?」


「天才魔法師と、呼ばれてる。」


「闘技のディアナ先輩、魔技のアメリア先輩の2人の天才がいるって有名らしいです。」


「その片方に2年生のブラットは勝ったのか……。 天才に勝ったブラットは天才かな?」


「「……ですね。」」


 アメリア先輩の魔法は光収束魔法の【レーザーガン】を使うらしく、命中率はもちろん、威力も凄いらしい。

 光属性は回復のイメージがあるが、回復魔法はない。

 光属性の人はブルーノの守り特化やアメリア先輩の攻撃特化のどちらかになる極端な属性だ。


 ちなみに闇属性は搦め手などが多い。




 アメリア先輩に勝つには封印していた技を使うしかないか……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます