第105話 文化祭④ 出店廻り 前半

 文化祭の1日目はメイドカフェでバタバタと忙しかったけど、無事終わり、2日目はみんなが自由に他の学年の出店や展示を見て廻る事が出来る。

 1日目に出店していたクラスなどは見て廻れないのが残念ではある。


 そして自分と見て廻るメンバーはいつも通りのブラット、エレナ、コーデリアさん、シンシアさんの5人になった。


 ブルーノとマーティナさんはブルーノのお姉さんと3人で廻り、クライブは前日の皿洗いで筋肉痛になり、1人でのんびり廻るらしい。


 バリーは他のクラスに友達がおり、その人達と廻ると言っていた。


(……そういえば、自分は他のクラスと交流がほとんど無いな。 クラブ活動もあまり交流が無いしなぁ。)



「それでみんなは廻ってみたい場所はあるの?」


「俺は射的とか輪投げがあるらしくて、それをやってみたいな。」


「私は魚すくいってのをやってみたいにゃ。 捕った魚はもらえるらしいにゃ。」


「私は、お化け屋敷というのに行きたいです。」


「私は、屋台を、廻りたい、です。」


「みんなが行きたいのを順に廻って行こうか。 先に出店を廻って、最後にお化け屋敷かな。 ちなみにエレナ、魚すくいは思っているのと違うかもしれないぞ?」


 出店はクラスの他に、野外スペースもあり、屋台とかは外になったりする。


 まずは、魚すくいがあった。


 大きい水槽?の中に魚の他に亀や水草、貝等も入っていた。


(魚すくいって本当にでかい魚をすくうのかよ! 難易度が高くないか?)


 魚のサイズは5cm~30cmはあり、どうやってすくうのかと思ったら、巨大なポイのまんなかが普通の厚紙であまり破けなさそうだった。


「すいませんにゃ! 1人3回分やりますにゃ。」


「はい! 1回200コルトで……。」


「じゃあ、3000コルトだから、これでお願いします。」


 自分素早く計算して全員分のお金ををまとめて出す。


「は、はい。 丁度貰います。」


「さすが、レイは計算が速いにゃ。」


「まあ、学園では簡単な足し算しかやってないから、それに比べたら速いかもね。」


(前世で散々勉強したから、これくらいは出来ないとね……。)


「レイくん、今日は本当に全部奢ってもらって良かったのかな?」


「私も、払えますよ?」


「レイが奢るって言うんだから良いんじゃね?」


「そうにゃ。 レイが奢りたいんだから気にしたら良くないにゃ。」


「まあ奢るのは今日だけだからね。 低学年のお小遣いで遊ぶと残金が気になって楽しめないしね。」


 今回の文化祭で出店などを廻るのにかかるお金を全部奢るのは、コーデリアさんとシンシアさんのお小遣い事情からであった。


 理由は分からないけど、エレナから聞くには遊べるお金がほとんど無いらしい。

 家庭や部族の事情だろうから聞かないが、文化祭位は楽しみたいから2人にだけ奢るのは変だから全員に奢る事にした。



「さあ! 魚を根絶やしにするにゃ!」


「……殺したらダメだからね? というかお客は他にもいるからあまり取らないようにね。」


 ちなみにポイ1個で1匹制限があるので、根絶やしは出来ないはず……。




「にゃ! でかい魚と水草に隠れたにゃ!」


「うぁ、 これポイは破けなくても水を吸ってかなり重くなって結構難しいね……。」


「やべえ。ポイを水に浸けすぎて魚をすくったら破れた!」


「……。」


「あっ! コーデリア、凄い!」


「ふふ、 水の事なら私は負けません!」


「コーデリア、ズルしてないにゃ? 」


「えっ? な、何のことですか。 水流を操作した魚の追い込みなんかしてませんよ?」


 コーデリアさんはそんなことしていたのか……。


「コーデリアさん、ばれる前に止めようか。」


「……はい。」


 ……。



「結局、コーデリアさんはズルをしなくても強くて1人だけ3匹をすくい、エレナとブラットが2匹をすくったね。 そして僕とシンシアさんはラッキーヒットの1匹だけか……。 最初は楽かと思ったけどなかなか思ったように取れなかったなぁ。」


「でも魚すくいは面白かったにゃ。 次やれば完璧に取れそうにゃ。」


「おう。 俺も後半は大分魚すくいに慣れたぜ。」


「私は次回やったら2人に負けそうです。 2人の運動神経が良すぎて怖いです……。」


「……私は、たまたま、取れた感じ、だったのに。」


「いや、みんな凄いよ……。」


(前世で子供の頃に毎年やってたのに……。 自分はこの中で一番運動神経が無いのか?)




「次はあっちでやってる、輪投げと射的をしようぜ!」


「「了解!」」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます