第98話 ???

???視点。


とある会議室の様な部屋で話し合いをしているもの達がいた。


会議室の様な部屋には、デカい円卓があり、そこには沢山の席があったがほとんど空席であった。



席に座っているものは3名。


神々しい金色の鎧を着た40代近い男で、ワイルドな見た目なのに知性あふれる印象を受ける不思議な雰囲気をしたもの。


絶世の美女言っても良い見た目に、ダイヤモンドの様な輝きなのに半透明なドレスを纏い、美しい4枚の羽を生やしたもの。


スーツの様な服を着て、髪を腰位まで伸ばし一見女性の様な美しさをもつ青年で、顔は知性と共に狡猾な印象を受けるもの。




40代近い男が羽の生えた美女に話しかける。


「おい、クピド。 例のアーカイブ略奪計画はどうなっている?」


「大丈夫ですよ、マルス様。 半年前に報告したばかりじゃないですか。」


「例の計画は失敗するわけにはいかないんだぞ? 報告はもっと細かくしろ。 計画の状況により必要なら数を増やすし、計画も修正するぞ。」


「既に私以外も動いてるから、これ以上増えたら逆にバレるわ。」


「それもそうか……。 あっちの世界はガイアの複製世界だった癖に、今では俺達ガイアより豊かになりやがって妬ましい。」


「ガイアは現在、発展し過ぎて崩壊寸前ですからね。」


そこで知性的な青年が話してくる。


「あと、クピドさんの担当である【勇者】の成長はどうですか?」


「わざわざ向こうの世界のようにステータスのあるゲームが得意だった人間を送り込んだから、能力を使いこなす才能は抜群ね。 その代わり何故か頭はかなり悪いけど……。 それでも、まあまあ成長しているわ。」 


「私達、支援担当が用意した【賢者】【拳聖】【剣聖】【勇者】の特殊な職種を使うのです、しっかり活用してくださいね。」


「……。」


「どうしましたかクピドさん?」


「私の担当【勇者】は、魔獣使いみたいになってるけどね……。」


「【勇者】は私達がかなりの力を使い、創り出した万能職種ですよ……?。 」


「ヘリオスも知ってる通り、私の加護は魔獣に対する愛情で成長育成するタイプだからしょうがないでしょ?」


「まあ、クピドさんの加護はそうですが……、それなら【勇者】じゃなくても良かったのでは?」


「……そこは本人が【勇者】が良いって言うから仕方ないでしょ。」


「おい、クピド。 ほんとーに大丈夫なんだな?」


話を聞いていたマルスが不安になり聞いてきた。


「だ、大丈夫よ。 マルス様は心配しすぎですわ。」


「他の【賢者】【拳聖】【剣聖】の担当しているもの達は、アフロディーテ、アテネ、エロスだったな……。」


「ふむ……。 ちょっと人選に不安がないか、ヘリオス?」


「我々の計画は魔獣に頼らなくてはいけないので、この選別に……。」


「今更、変更は出来ませんから、フォローしましょう、マルス。」


「そうだな…。」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます