第88話 職場見学① 移動中

 自分達のクラスは職場見学をする為に馬車にて 《ガスデール》に向かっていた。


 先生10名、お手伝い10名、生徒30名。 馬車12台。


 2年生全員参加だから結構な人数になっている。 この人数を1日で移動するのはかなり大変だなと思ったけど、ファンタジーをナメてたよ……。


 馬車の通る大通りはしっかり舗装されていて、荷台には重量軽減化の【魔道具】を使用し、馬には定期的に回復ポーションを投与して休憩時間を減らす等の対策をしていてバスに乗ってる感じだった。


 そして定期的にある高速道路のサービスエリアみたいな休憩所でお昼を食べていた。


「それにしてもあの馬車すごいね、いつも帰省に使ってるの馬車とは全然違う感じだったね。」


「なんでも今回の馬車はレンタル代だけでも、凄い金額らしいにゃ。」


「そんなレンタル代も私達は無料なんて凄いですよね。」


「全国の、学校を、こんな感じに、支援してる、聖教会が、凄すぎるよね……。」


「それは神様パワーが凄いんだにゃ。」


「おおう。 神様パワーはなんでも有りだな。」


 そんな感じでエレナ、コーデリアさん、シンシアさん、ブラットと話していると、先生が話に入ってきた。


「お前たち、勘違いして社会に出ると困るから訂正しておくぞ。」


「……勘違いって何ですか?」


「学校の行事だからって普段はこんな高い馬車は使わないからな。 これは去年の魔狼襲撃の様な問題が起きない為の保険だ。そう言う理由もあって貴族やお金持ち用の舗装された道を使わせて貰っているんだ。 通常この舗装された道を使うには年会費を払わないといけないから俺も初めてこんな馬車に乗るからな。」


 貴族やお金持ちが払う年会費で毎年舗装を修繕維持しているらしい。


「それにしても鍛冶工場と建設会社は楽しみだな~。」


「あれ? レイくんは鍛冶や建設に興味あるんですか?」


「就職先の候補としてね。」


 鍛冶はスキルがあるのに使えてないから見てみたいって理由で、建設は前世の技術に比べてどれくらいの差があるかを知りたいと思っていた。


「レイくんの職種の【魔導剣士】って前衛職ですよね? それなのに生産職に就職ですか?」


「僕は職種関係無く前衛職より生産職が向いていると思ってるんだよね。」


「……これは(レイくんとの将来設計を)見直さないと?」


「え? 何の話?」


「いえ。 なんでも無いですよ?」


(【ジョブホッパー】のスキルを隠していると、こういう時に不便だとは思うな。 だけど子供の間はセシリアにしか秘密を言うつもり無いしなぁ。)




 ☆


 馬車内にて、コーデリアさんとシンシアさんに文化祭について聞いてみた。


「そういえば、コーデリアさんとシンシアさんは文化祭の出し物について何が良いか考えた?」


「私はカフェをやりたいかな、セシリアショップの店員みたいな可愛い服で給仕したいですね。」


「私は、まだ悩んで、ます。」


「レイくんは何かやりたいのですか?」


「スペースがとれるなら迷路系やりたいな~。」


「迷路系?」


「魔獣パニックやスライムパニックとか?」


「……なんか物騒なネーミングですね。」


「迷路を作って使役した魔獣などを使い、生徒を驚かすやつをやりたくてね。 何の魔獣が出るかは秘密だけどね。」


「……それは低学年の生徒だと漏らしたり気絶すると思うんですが大丈夫ですか?。」


「……有り得るな。 そこまでは考えて無かったな。」


「そして先生は減給確定ですね……。」



「お前達、問題はマジでやめてくれよ……。」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます