第87話 遠足?

 プールの季節が終わりに近づいてきて、そろそろ秋が近づいてきた、ある日の授業前。

 ロナルド先生から報告があった。


「さっき、職員会議で今年の行事予定が決定したから伝えるぞ!」


「ロナルド先生! 今年はもう半分終わってますよ!」


「仕方ないだろ! 大人の事情なんだから俺に言うな!」


「うわ~。 それ子供に言っちゃダメでしょ。」


「ダメついでに言うなら、俺が貰う今年の給与が半分になることも決定した! もう不祥事起こせないぞ。」


「マジですか?」


「マジだよ。 次に問題を起こしたら給与が7割カットだ! 3割なんてその辺でバイトした方が稼げる位だからな? だからおまえ等は絶対に問題起こすなよ! 絶対だぞ?」


「それは問題を起こして欲しい振りにゃ?」


「ちがう!!」


「……これは7割確定のフラグだな。」




「まあ……。 本題に入ると、1週間後に5日間かけて遠足に行く。 そこから1ヶ月後に文化祭をする事になった。」


「遠足で5日間もですか?」


「とりあえず一気に説明するぞ。 遠足の内容は職場見学で場所は王国の産業都市と呼ばれる街 《ガスデール》だ。 移動は専用の馬車で片道1日かけて移動して、向こうには夕方に到着後に同じ宿で4泊する。滞在は3日間だな。 見学するのは職業紹介所、鍛冶工場、パン工場、建設会社、商会に行く。」


 結構なハードスケジュールじゃないか?


「商会こん……。」


「どうした? クライブ。」


「いえ、なんでもないこん。」


「そして文化祭は毎年恒例行事で5日間やっている。 クラスの出し物が2日で、残り3日が競技大会をやる予定だ。 競技大会は闘技が2日間、魔技と軽技が同日に開催の3種目で自由参加だ。」



「文化祭のクラスでの出し物は何がしたいか各自考えて、遠足後にどれが良いかを話し合おう。 学園からクラス費として5万コルトが出るからお金の使い方も考えるようにな。そしてお金の管理は俺がするから相談してくれ。」



 ☆



「ブラットは競技大会には出る?」


「おう! 去年もあれば出たかったけどな。 レイは魔技の部か?」


「出るか迷ってるんだよね~。」


「なんでだ?」


「いや、魔技の部って威力と命中率を競うらしいけど、僕の魔法は命中率は良いけど威力がね……。」


「レイは魔法の威力も強いだろ?」


「属性無しだと弱いし、属性が有りだと強すぎるんだよ。」


「最近、お前が修練所で魔法を使わないのはそう言う理由なのか?。」


「それもあるけど、最近はブラットとエレナについていけなくてね。」



「レイさんが、出ないなんて!」


 近くで会話を聞いていたシンシアさんが驚きながら会話に入ってくる。


「シンシアさんは魔技の部で出るんだよね?」


「はい! 訓練の成果を、お見せます!」


「レイくん、私も出ますよ。 精霊魔法をお見せします。」


「コーデリアさんも出るのかぁ。 負けても良いから出てみるかな?」


「そうですよ! 一緒に、頑張りましょう。」


 自分も競技大会へ参加する事にした。



 闘技の部 ブラット、アラン、ブルーノ、マーティナ


 魔技の部 レイ、コーデリア、シンシア


 軽技の部 エレナ


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます