第76話 噂のお菓子屋

 セシリアショップのオープン翌日には女性騎士も噂を聞きつけて来店していた。


(執事や女性騎士の情報収集能力が高いのか、みんな暇なのか解らないな……。 そういえばエレナも恐ろしく情報収集能力が高いな。)


 ダンディー執事と同じ条件で女性騎士も個別注文が出来て笑顔だったみたいだ。


 こちらも本人は忙しい?らしく代理の騎士さんがくるらしい。


 リリさんが、ついでに2階の雑貨も案内したら、『ポーション類も大量に注文出来きますか?』と聞かれたらしくて、自分は出来ると答えたら大量注文が入った。


【回復ポーション小】100本、【解毒ポーション小】50本


 最近は王国内での魔獣出現率が増えている理由からポーション類は品薄になってきていて、しかも本来はポーションを作るのに凄く時間がかかるから、他のポーションを扱う店からは品薄状態が続くと、どこでも言われてるらしい。


(自分の場合は【魔導工房】内で、素材さえ集めればボタン1つで出来上がるとは言えないな……。)


 念の為、素材不足になったら作れないと伝えたら、その時は必要な分の素材は持ってくるらしい。

 現在、街では素材はいっぱいあるが制作者の作る時間が追い付かない状態だった。



 ☆


 セシリアショップはオープンしてから数日経過後に、近所の主婦達からの強い要望で、庭にイートインスペースを作る事になった。


 丸机を2卓と椅子を10脚だけ作って、庭を提供しただけにした。


 なんでもお菓子を買って家で食べると子供も欲しがるが、買える数量的に子供の分が無いという理由で家では食べられないのだった。


 ちなみにお菓子の値段は400~600コルト(ほぼ円と同じ)

 平均で500コルトだから少し高い。

 ポーション小は2000コルト。

 アクセサリーは1万~3万コルト。



 ☆


 セシリアショップがオープンして1ヶ月位経過したとある日。


 放課後にシンシアさんが話をかけてきた。


「レイさん、最近、住宅街に、美味しいと、噂のお菓子屋さんが、あるらしくて、一緒に行きませんか?」


「……そ、そうなんだ?」


「そこは私も気になってました! 私も一緒に行きたいです!」


 コーデリアさんまで話に入ってきた。


「有名なの?」


「なんでも主婦の間で話題らしいです。」


「一度食べたら止められないとか。」


「そのお菓子屋なら俺も聞いたことあるよ。」


 まさかのブルーノが入ってきた。


「ブルーノも甘いもの好きなの?」


「俺ではなくて姉が騎士団に入っていてね。 女性騎士団内で奪い合いになる至高のお菓子があるって聞いたよ。 最近までは本当の奪い合いだったらしいけど、今は騎士団内で活躍ポイントを作ってランキング上位だけが食べられるんだってさ。」


「ご褒美的なやつか。」


「その影響で女性騎士団は凄い活躍らしいよ。」


「僕もそのお菓子屋の噂は聞いたこん。」


 今度はクライブが……。


「貴族の間で噂らしくて、権力を使い買おうとした貴族が居たらしいけど、王族の力でそのお菓子屋は保護されていて買えなかったらしいこん。」


「それは本当の噂だよね?」


「かなりマジみたいだこん。」


「……。」


 嫌な汗が止まらない。


(まだ1ヶ月経ってないのに、低学年の子供すら知ってる噂になるとは……。)



 ぽんぽんとエレナに肩を叩かれる。


「(そのお菓子屋、レイが関わってるにゃ?)」


「(なぜそれを……。)」


「(最近、シーラさんの食堂で噂になってるにゃ。 凄く美味しいスイーツを作りだしたとにゃ。)」


「(………。)」


「(内緒にして貰えないかな?)」


「(大丈夫、秘密にしておくにゃ。)」




 ☆



 結局お店には行く事になったのでセシリアには事前連絡を入れて、リリさんとネルさんには自分の事は知らない振りをしてもらった。


 あと今回だけ特別にと念を押して同級生達にはお菓子を食べてもらった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます