第58話 プール開き

 突然、寮の部屋での新たな同居仲間になった、【虹結晶】に名前をつけてあげようと考えていた。

 流石に、呼ぶときに【虹結晶】ってずっと言うのも、どうかなと思ったからだ。


 ただ、自分にはネーミングセンスが前世から皆無だった為、どうしようかと凄く悩んだ。 


「君の名前はセシリアにしたよ。 【虹結晶】から聞こえてくる声が、女性っぽい感じだったから女性の名前にしたけど、もし嫌なら早めに言ってね。 僕のネーミングセンスは信じられないからさ……。」


『ありがとうございます。 ますたー。 せしりあですね。 きにいりましたのでだいじょうぶです。』


「セシリアも最初より声が聞こえやすくなったね。」


『だいぶなれてきました。』


「なんか昔のパソコンゲームの声みたいな感じだけど、慣れてきたなら良かったよ。」


『これからよろしくおねがいします。』


「セシリア、これからもよろしくね。」


【個体名 セシリアが承認されました。】


【セシリアとの契約により同期を開始します……。】


「えっ? 契約? 同期?」


 いつもの謎アナウンスが脳内に響いてくる。



【セシリアとの魔力同期に成功……。】


【セシリアとの魔素通話が可能になりました。】


【セシリアとの魔素データ通信が可能になりました。】




 突然の出来事だったからよくわからないが、よくあるスキルが勝手に進化したりするのに似ているな。 きっと自分は流れに乗るしか出来ないんだろう……。



 ……そう、謎アナウンスに突っ込んだら負けなのだ。




 ☆



 それからセシリアと、先ほどの謎アナウンスで流れた【魔素通話】や【魔素データ通信】について、いろいろと確認してみた結果、セシリアがスキルみたいなものを取得したって事らしい。


【魔素通話】 魔素が遮断されない限り、離れた所でも会話が出来る。


【魔素データ通信】 セシリアとステータスや視界の共有が出来る。


 スキルというか携帯電話とインターネットみたいな能力だった……。


 ちなみにセシリアを【鑑定】したら、この2つの能力と【同期】しかなかった。


 特に凄い力があるとか、スキルがあるとかは無い。


 今後はどうなるのかわからないが、とりあえずどこにいても【虹結晶】と会話が出来るようになったのだった……。



 こういう結果になったのは予想外だった。 【虹結晶】を作ったのはこんな理由ではなかったはずなのに、自分のスキルなのによく暴走してる感じがするな。


 しかし、起こってしまったことは受け入れようと思う。 これが転生してから学んでしまった事だ……。


「まあ、どこでもセシリアと話が出来ると思えば良いか?。」


『そうですね、ますたー。』





 ☆



 もちろん、セシリアの件は誰にも言える筈もなく、自分はいつも通りに学園へ登校していた。 最近、家族や幼なじみに言えない話ばかり増えている気がする……。



 まあ、それは良いとして今日は学園のプール開きの日だった。


 自分は前世からプールで泳ぐのは好きだったりするので、ひさしぶりにプールに入れると思うと楽しみだった。


 しかし、泳ぐのが好きと言っても、競泳ではなく水中をゆっくり泳ぐ程度で、水中にいると何故かリラックスする事が出来た。



 学園での水着は男子は短パン、女子はスク水だが色は学年で違うらしく、自分の学年は水色だった。


 男子は直ぐに着替え終わってプールに来ていたが、女子はまだ着替え中らしい。 


 自分達は6歳だけどブラットとアランの脳筋ズは年齢に似合わず体格が良い。 まだアランに関しては身長がそんなに高くないから6歳にも見えるが、ブラットなんかは10歳と言われても頷けてしまう程の体格だった。


 そして、バリーとブルーノの体格は普通だけど、ブルーノは超イケメンだ。 いつも思うが、ブルーノはなんかキラキラしていないか? イケメンなんて水爆死すればいいのにと思う……。


 クライブは…… 自分と同じプニプニ体型だな。 しかも、モフモフしている。


「クライブ! お前はずっと僕と友達だ!」


「なんかこの状況で言われても嬉しくないこん……。」


「気にするなよ。 はっはっは。」




 そして、少ししたら女子達が着替えを終えてプールに来た。


 コーデリアさんとシンシアさんはなぜかこちらに真っ直ぐ向かって来て。


「レイくん、水着どうですか?」

「レイさん、似合って、ますか?」


 と質問しながら見上げてくる。


 2人を見ると完全に4歳児位の体型だなと思う。 しかし、自分にはそんな失礼なことは言えない。 だから答えは、


「2人共、水着が似合っていて可愛いよ!」


「「ありがとうございます!」」


 とりあえず褒めておこう……。





「将来レイは女性問題で揉めそうにゃ……。」



 ☆




 プールの授業が始まったが、みんな自由にプールを泳いでいるだけだった。 1年生の最初は水に慣れる為に遊ぶのが授業内容みたいだ。 確かに前世でもそんな感じだったか?


 しかし、水位が腰より下位の高さまでしか無いので、非常に泳ぎづらい。

 無理して水中を泳いでいるとセシリアが話しかけてきた。


『みずのなかはきれいですね。』


『ああ、本当はプールより魚とかいる海の方が綺麗だけどな。』


『いつかみてみたいです。』


『それなら将来海に行こうな。』


 水中でもセシリアと会話が出来てるのは【魔素通話】のおかげで、話さなくても念じるだけで良いから、まるで念話みたいだった。

 セシリアと視界を共有が出来たので、セシリアには学園生活を見せて社会勉強をしてもらっていた。



 自分達が十分にプールを楽しんでいる片隅で、アランは先生と息継ぎの練習をしていたのだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます