第54話 結晶化 そして夏イベント?

 シンシア事件から数日後、自分は部屋で考え事をしていた……。



 考え事とは【巨大血液濃縮循環機】が、今も寮の部屋を半分占拠して稼動中であるのだが、思うような成果が出ていないからである。


【巨大血液濃縮循環機】の内部で作られているものを【鑑定】しても【虹魔石】でしかない。


 自分が目指して開発しているのは疑似【巨大結晶】。


 【魔石】ではなく【結晶】が欲しいのだ。


 【鑑定】の名称に変化が無い事に、予測は外れているのでは?という不安を感じてしまう。


 今、自分が作っている【虹魔石】は、言わば胆石みたいなものである。



 よく考えると【邪神】の力を【魔素】として14個に分散して、封印したものが【巨大結晶】であると書いてあった。


 封印という事は……


 閉じ込める…… 


 もしかして、濃縮の他に圧縮も必要ではないか……?


 しかし、【魔素】をそのまま圧縮なんて出来るのかな。


 う~ん。 解らない時は、試しにいろいろな【魔導具】を作ってみるかな……。




 ☆



 またまた自分は試行錯誤して、いろいろな【魔導具】を開発していた。 今回はいろいろな可能性を考え、試しに作ってみた感じが強かった。


 その中でも何となく正解に近いのではないかと、思える【魔導具】があった。



【魔素圧縮封印珠】

 周囲の魔素を圧縮封印してくれる珠。



 ……。


 これをそっと、【巨大血液濃縮循環機】の【虹魔石】付近に沈めた……。




 ☆



 数日後…。


【虹魔石】は圧縮されたのか、小さくなっており、名前が【虹結晶】になっていた。


 原理が解らないが、偶然欲しいと思ったものが作れるという事に、無邪気に喜べない自分がいた……。 正直、これがスキル効果なら嬉しいけど……。


 何か変な力が働いてないか?


 例えば、自分に何かを作らせようとしているとか……。




 気にしたらダメなのかな……?。



 ……そう言えば、そろそろ【魔導技師】の練度が3.1になるんだよなぁ。


 それに比べて、【魔導剣士】は4.1から全く上がらなくなった。


 今までは訓練してれば上がっていたのに、次のステージに上がって、練度が上がる条件が変わったのかな?





 ☆



 学園の授業にて。


「そろそろ夏になる。 夏と言えばプール開きだ!」


 ロナルド先生が汗をかきながら、教室で暑っ苦しく叫んでいた。


 この世界にも四季がある。 というか、王国のある土地限定ではある。


 【巨大結晶】の影響により、場所によっては雪国、砂漠、密林、火山などあるが、王国は中央の火山寄りなので少し暑いが四季があり、日本に近い気候なのかもしれない。



「出身地によっては泳いだことがない者も居るだろう。 たが王国にある学園としては、在学中に是非泳げるようになってもらいたい。」


 これが高校生の夏イベントなら嬉しいけど、6歳の水着イベントとか誰得だよ?


「来週にはスクール水着が配布されるから楽しみにしているように。」




 ☆




 プール開きの話の後から元気の無い奴が1人いた。


「アラン、どうしたの。 元気が無いね?」


「ああ……。 レイ、俺は水が怖くてな……。 顔を洗うだけなら出来るが全身を冷たい水に浸かるのが怖いんだ……。」


「まさかアランが水嫌いとは予想外だね。」


「そうでもないこん。 魔人族は大体が水嫌いだこん。」


 後ろからクライブが教えてくれる。


「……なんで魔人族が?」


「俺の出身地は氷の大陸なんだが、4歳の頃に友達と外で遊んでる時に氷が割れる事故があって、友達が数人亡くなったんだよ。 それからずっと水が怖いんだ。」


「……結構、ヘビーな話だね。」


「氷の大陸では毎年、そういう事故があるらしいこん。」


「そういう意味では王国は良いところですね。 私は知り合いが蛇に飲み込まれる事故があってから、爬虫類が苦手です。」


 コーデリアさんもヘビーな話に参戦してきた。


「他の地域はいろいろ事故があるんだね……。 王国から出たくないかも……。」


「良いところもいっぱいあるこん。 火山地帯は温泉、密林は果物とか甘くて美味しいこん。 湖が綺麗な所や氷の大陸も変わった生き物が多いから、好きな人は好きだこん。」


「……変わった生き物?」


「白熊とかアザラシ、シャチ、ペンギンとかいるこん。」


「ペンギン!?  ペンギンがいるのか! おいアラン! どうなんだ?。」


「ん? ペンギンならいるぜ?  可愛くて女性には人気あるな。 種類もいくつかいるしな。」


「マジか! 僕、ちょっと休学して氷の大陸に行ってくるよ!」


 アランに肩を掴まれる。 その手を離せアラン……。 自分にはやらなくてはいけない使命が出来たんだ。


「いやいや、どうした、急に。」


「はぁ? ペンギンだぞ! 氷の大陸にペンギンが居るのに、なんで僕はここにいるんだよ?」




 みんなが可哀想な目を向けてきた……。


「なんだ。 みんなして痛い子を見るような目をして!。」


「普段から痛い子のレイがさらに痛くなったからだにゃ。 それにレイの場合は両親が休学をまず許さないにゃ~。」


 確かに、両親というかお母さんを怒らせると怖いな。


「……確かに冷静じゃなかったな。」


「レイはソフィアさんの話になると、急に現実に帰ってくるにゃ。」


 だって、お母さんを怒らせたら怖いし……。


「よし、将来の夢は氷の大陸専門の冒険者になるよ!」



「……全然、わかってないにゃ。」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます