第52話 運動会 1年目 後半

 運動会も後半になり、残っているのは団体競技が多かった。


 団体競技に必要なのは個人能力と連携する為の組織力だ。



 第5競技 玉当て


 簡単に言うとクレー射撃の魔法版。


 6歳になると魔法系の【職種】なら、ほとんどの人が【ボール】位の【魔法】は使えたりする。


 この競技は、先生が魔法で投げてくれる的に向かって、4~5人で編制したチームが連携しながら的を落としていくものだ。


 自分達のチーム編制は自分、ブラット、エレナ、アラン、クライブ。

 自分とエレナ以外は【ボール】は使えるが【魔力操作】が微妙なのでたぶん的には当たらないから戦力外だ……。


 どうしてこのチーム編成かというと、自分の【魔導操作】は子供にしては、チート級のコントロールなのだ。



「ハッハッハ! 遂に僕の時代が来たね! ここだけは全力でいくよ!」


「こういう調子のったレイは危険だにゃ~。」


「ああ、いつもああなったレイは危険だ……。」


「えっ? 僕たち大丈夫こん?」


「どうかにゃ……。」


「無事を祈るしかないぜ…。」


「……マジかよ。」


 そんなチームメンバーが失礼な事を言ってるが、コーデリアさんとシンシアさんは違った。


「レイくんならトップ狙えるかもしれないですよね!」


「レイさん、の全力、見てみたい、です。」


「流石はコーデリアさんにシンシアさん。解ってるね! 僕の本当の力を見せるよ!」


「……コーデリアとシンシアは余計なことをレイに言っちゃダメにゃ。」


「「??」」


 身体能力が皆無の自分が活躍するところは、【魔法】系の競技である、これしかないんだよ!




 そして、自分達の番になった。


 今までのチームを見ると先生は1秒間に3個ペースで的を投げている。


 的を投げている担当の先生が9人。

 的を打漏らしたり、的を貫通した時の【ボール】が他の生徒に被害を出さないよう、競技スペースを【防御壁】で守る担当の先生が5人いた。 


 先生達は【魔力】が見えないらしく、常時【シールド】系の上位【魔法】を交代で使っている。


 自分は競技のスタート前に【魔導弾】を40個ほど起動して待機状態にさせる。


「レイ、やりすぎはダメにゃ。」


 エレナは見えないが【野生の勘】で【魔力】を感じられるから、40個もの【魔導弾】が本当に制御が出来るのかが、不安なんだろう。


 しかし、【パラレル思考】を取得した自分には、これ位の制御なら余裕であった。


「大丈夫だよエレナ。 僕はまだ余裕を残してるし、制御は完璧だ!」


「違うにゃ! そういう意味じゃないにゃ。」


「ん?」


 エレナと話していると競技がスタートしてしまった。


「エレナ! 競技に集中だ!」


「目立っても知らないにゃ……。」


 投げた的が射撃ゾーンに入った瞬間には、待機中の【魔導弾】で撃ち抜く。


 パーフェクトを目指すつもりでどんどん撃ち抜く……。



「なっ!? 何だと!」


「なんだ、この命中率は! これで6歳とか化け物か?」


「……俺より凄いかも。」



 これ位の的なら、エレナに当てるより楽だから外すわけがない。

 しかし、先生達の反応は、予想以上に驚愕の表情をしていた。


「……ぱ、パーフェクトだと!」 



 【チェスガン学園】の歴代最高得点を叩き出してしまった……。


 ……やりすぎたかもしれないが、自分の活躍はここしかなかったんだ。 いつも負けてるから、またには勝ちたかったから良いかと勝手に納得していた。



 こうして普段、ブラットやエレナの模擬戦等で削られたプライドが少し回復した気がしたのだった。




 ☆



 続いてコーデリアさんやシンシアさんの番になり事件は起きてしまった……。



 最近、シンシアさんは自分との訓練で【ボール】を覚えていた。


 【ボール】など、スキルを取得する利点はと言うと、スキルに【魔力】を込めたら込めた分の大きさの【ボール】が簡単に出来るからだ。


 しかし【魔力】量の制御が出来るかは【魔力操作】次第なので、【ボール】にありったけの【魔力】を込めても良いかは別問題だった。


 シンシアさんは、自分達のパーフェクトを見て、足を引っ張ってはいけないと言うプレッシャーからか、極度の緊張状態になっており、シンシアさんは【ボール】に【魔力】を込めることを頑張りすぎてしまう。


(ちょ! 【ボール】に込めている【魔力】量が以前の何倍もあるよ! しかも【魔力操作】が奇跡的に出来ている!)


『先生、 あぶなーーーい!!!』


 大声で叫んだときには、的は簡単に焼失し、正面のシールド展開していた先生が宙を舞っていた!




 ドッガーン!!



 ……的は吹き飛んだ。


 ……防御壁の正面担当の先生は吹き飛んだ。


 ……グランドの一部も吹き飛んだ。





 そして魔力暴発?事件により先生が怪我をしてしまい、運動会は途中で終わってしまった……。


 この年から玉当て競技は禁止になってしまった……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます