第45話 運動会 選手決め

 自分がコーデリアさんにブレスレットのプレゼント事件?の次の日、みんな授業でグラウンドに集まっていた。


「今日は身体測定と運動会の選手決めをする。 基本的には全員参加だ。」


 【チェスガン学園】は春に運動会をやるらしい。

 新入生同士の親睦を深める意味合いもあるんだろう。



 運動会の種目は……


 ・個人種目

 50メートル走

 障害魔法レース

 干し肉食いレース


 ・2人種目

 二人三脚


 ・団体種目

 玉当て

 綱引き

 闘技戦

 リレー



 

「とりあえず、今日は50メートル走と垂直飛び、握力、砲丸投げの身体測定をするぞ。 この結果で参加種目を決めたいと思う。」


全8競技が運動会の種目で、授業中に身体測定をやり参加選手を決めるみたいだ。



「「ハイ!」」




 ☆



 まずは50メートル走から始まった。


 順番に走り始めているのを見て気づく事があった。


 なんかみんな走るの速くないか? まさか、非力仲間だと思ってたクライブですら獣人族だからか速い!。



 そして自分は焦り出していた……。


 自分が体力の無いのは自覚していたけど、さすがにビリは嫌だなと思った……。


 男子最後に測る自分だったので、全力で走った。


 次の身体測定は考えず必死に走った……。




 しかし、自分は男子の中ではビリになっていた。 


 しかもクライブに3秒も差が付くなんて……。



 そして女子の番になり。 結局、50メートル走で自分が勝てたのはコーデリアさんにだけだった。 コーデリアさんも途中までは自分より速かったけど、体力差なのか後半に失速していたからギリギリ勝てたようなものだ。


 幼女体格のエルフ族であるシンシアさんにも0.5秒差で負けましたよ。


 体力無いと言うより、身体の動かし方が悪いのかな?


 ちなみに順位は上からエレナ、ブラット、バリー、ブルーノ、アランだった。 エレナはダントツでブラットにも2秒差を付けていた。 自分が大人になっても、今のエレナには勝てない気がする。



 その後の垂直飛びはまあまあの成績で真ん中あたりだった。


 握力は……。 10kgしかなかったが、子供だしまあまあかなと思ったら、ブラットがトップで25kgもあった。


 それ位の握力がないと武器は握れないのかな?



 砲丸投げは砲丸が重くてあまり投げられず、結果は1mちょっと……。




 ☆



 全身体測定が終わり、自分はショックから立ち直れないでいた……。


 自分より総合的に成績が低かったのは、【商人】のクライブと【精霊使い】のコーデリアさんだけだった。


 しかもコーデリアさんとは接戦だった……。


 【魔導剣士】さん、頑張って!



 成績が良かったのが、ブラット、アラン、ブルーノ、エレナの4人が上位の接戦だった。


 その下が【シーフ】のバリーと【フェンサー】のマーティナさん。


 そして【魔法師】のシンシアさん。


 あとは最下位集団の自分達。




 薄々気づいていたが、自分の【職種】は【魔導剣士】だったが、【魔導】が使える生産職ではないかと思っている。


 他の人の【職種】は適性が高いものが現れるが、自分の場合は適性より、なりたい【職種】が選択肢に出てるんじゃないかと考える。


 自分は明らかに剣士系に向いていないと思うが【魔導剣士】と【魔導師】が選べたなら【魔導剣士】を選んでいたと思う。


 そんな考えをしていたら……


「レイさんの成長期はきっとこれからだから大丈夫ですよ!」


 コーデリアさんの気遣っての優しさだが、今はその優しさが嬉しい。 なんか女神のように見えてきた……。


「ありがとうコーデリアさん。 その優しさが可愛い女神様の様だよ。」


「……女神様。 ……可愛い。」


 コーデリアさんがブツブツ言いながら下を向いて顔をあかくしていた。




 何か言い方を間違えたか?






「レイはまたやってるにゃ……。」




 ☆



 身体測定の結果、自分の参加競技は障害魔法レース、二人三脚、玉当て、綱引き、リレーになった。




 ちょっと確認したいことがあったので先生に聞いてみた。


「ロナルド先生、【魔道具】を運動会に使って良いんですか?」


「攻撃以外の魔法なら使用しても良いが、【魔道具】はダメだぞ、そんな事したら【魔道具】の勝負になってしまうからな。」


「……ちなみに【強化ポーション】は【魔道具】に入りますか?」


「……レイ。 お前はなぁ、運動会にそんなもの使わないだろ? ルールには禁止されていないが、そこまでする子供が居ると思わないからだ。 だからダメだ。」


「とても残念です……。」


「お前はそんなに競技に勝ちたいのか?」


「勝ちたいです!」



「…まだ6歳だから普通に運動会を楽しめよ。」



「……はい。」




 ☆



 その日の夜、寮の部屋にて若さ故か、即日全身筋肉痛になり、自分はグッタリとしていた。



 そして、ぼっ~と寝ころんで考え事をしていた。


 自分は小さい頃からあんなに身体を鍛錬してきたのに、こんなに体力ないものなのかな。 【魔導操作】なら直ぐに向上したのにな……。


 


 ガチャ


「レイ、元気無いときは飯食おうぜ!」


 普段入って来ないブラットが、ノックもせずに入って来た。


「あっ!」


「ん? …………。」



 ウッカリしていた。 運動神経の無さからショックで鍵すらかけていなかったのだ。




 そしてブラットに見られてしまった。




 グッタリしながら【疑似共感覚体験全身タイツ】を着ている姿を……。


「レイ、飯行こうぜ!」


「えっ? この姿はスルー?」


「いや、だってレイだからな。 いつものことだろ。」


「僕はそんなイメージなのか?」


【疑似共感覚体験全身タイツ】を見られた以上に、幼なじみの自分に対する認識に大ダメージを受けたのだった……。





 全身キラキラタイツが違和感無いくらいのイメージっていったい……。




ーーーーーーーーーーーーーーー


 名前・レイ(6歳)

 状態・良好

 属性・雷

 職種・魔導技師2.3 魔導剣士3.7

 種族・人族


 パッシブ・人見知り、建築、土木、料理

      素材の極み、鍛冶


 アクティブ・魔導操作、魔力感知

       鑑定、クリーン、ボックス

       ボール、シールド、ハンド

       ストレージ、ウィップ

       ブレード、武器強化

       サンダーブレード、雷属性付与

       サンダーボール、サンダーシールド

       魔導工房、魔導具作成


 固有スキル・ジョブホッパー

       鑑定の魔眼


 装備・神木の小太刀

    印象阻害の銀ブレスレット

    変装ペンダント

    身代わりネックレス

    重力カウンターの指輪

    雷属性擬態の指輪



 ーーーーーーーーーーーーーーー

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます