第37話 露店

 今日は【魔導工房】で作った低性能なアクセサリーや寮のキッチンで作ったものを露店で販売していた。



露店で販売する為に用意したものは……


【お助けネックレス】軽い切り傷を回復。10回。使用後は使い捨て。 


【電気カウンターの指輪】攻撃を受けると自動で微弱電気の反撃をする。


【変身仮面】20秒だけ変身が出来る仮面。


【至高のシュークリーム】神が食べたいなぁと言っているシュークリーム……。


 アクセサリーは各5個、シュークリームは30個用意した。


 シュークリームは別にしてアクセサリーの性能は微妙だから売れても大丈夫なはず。


 金額に関してはアクセサリーが1万コルト。 シュークリームは500コルトに設定した。





 ☆



「坊主。このお助けネックレスの性能は本当なのか?」


 冒険者かな?という強そうな装備をしたおじさんにネックレスについて質問してきた。 こんな強そうなおじさんが必要なのかな?

 もしかしたら子供にプレゼントするのかもしれないな……。 


「そうですよ! 試しに実演しますね~。」


 自分の手のひらをナイフで皮一枚切ってみると痛みはあるが傷が治っていく。 治ると分かっていても自分で切るのは勇気がいるな。


「おおっ、これすげえな! 高性能なのに値段が安い! パーティーメンバー分が欲しいから5個くれ。」


「まいどありがとうございます~」


 ……高性能?




 ☆



「ねえ坊や。 この指輪が出す電撃はどの位の痛さなの?」


今度はラフなシャツを着たお姉さんが指輪について質問してきた。


「試してみますか? 僕が装備しますから、準備が出来たら僕に触ってみてください。 怪我はしないけどびっくりしますから注意してくださいね。」


 自分はアクセサリーに【魔力】を補充して、指輪を起動させる。 これはパーティーグッズ的なやつで、静電気を発生させるよりは強めに作られている。


「どうぞ。」


 バチッ


「イタッ」


 まあ、静電気レベルだから大丈夫なはず……。


「どうですか? 怪我はないはずです。 あと装備者には衝撃は無いです。」


「これ、相手の隙を誘うのに良いわね。 騎士団仲間にあげたいから5個買うわ。」


「まいどありがとうございます~」


 騎士団? 騎士団内のパーティーで使うのかな?




 ☆




「この仮面は本当に変身が出来るのかね?」


 奇抜な服装をしたおじさんが仮面を手にとって話しかけてきた。 


「試しに変身してみますね!」


 自分は仮面を被り、【魔力】を補充して【変身仮面】を入れる。


「へ~ん、しん!」


 マントをつけた白いスーツさんになる。


「おおお! 面白い!」


「お! 劇のアイディアが沸いてきた! 是非5個買わせてくれ!」


「まいどありがとうございます~」




 ☆



「おい! このシュークリームは美味しいのか?」


 超イケメン少年に聞かれる。


「至高のシュークリームといいます。 試食用にぷちシューがありますが、食べますか?」


「食べたい!」


「でん…、 若、私が味見するので先に食べてはいけませんぞ!」


 キリッとしたダンディー執事みたいな人に止められ、ダンディー執事が代わりに食べた。


「ふぁ!?」


 執事さんが目を見開いた!


「なんですか、この病みつきになる美味しさは!」


「うちの料理長が作るものより上手いかもしれませんぞ。」


「じい、落ち着け。」


「この至高のシュークリームは全部買いますぞ!」


「じい!、落ち着け!」


「まいどありがとうございます~。」




 ☆



「割とすぐに売れたなぁ~。 あんな遊び性能アクセサリーにあんなに金を出すなんて、みんなお金持ってるなぁ。」


「これだけ稼ぎがあれば武器や防具買ってもお釣りが出るな~。」



ーーーーーーーーーーーーーーー


 名前・レイ(6歳)

 状態・良好

 属性・雷

 職種・魔導技師1.3 魔導剣士3.2

 種族・人族


 パッシブ・人見知り、建築、土木、料理

      素材の極み


 アクティブ・魔導操作、魔力感知

       鑑定、クリーン、ボックス

       ボール、シールド、ハンド

       ストレージ、ウィップ

       サンダーブレード、雷属性付与

       サンダーボール、サンダーシールド

       魔導工房、魔導具作成


 固有スキル・ジョブホッパー

       鑑定の魔眼


 装備・神木の小太刀

    印象阻害の銀ブレスレット

    身代わりネックレス

    重力カウンターの指輪

    雷属性擬態の指輪



 ーーーーーーーーーーーーーーー


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます