第27話 体験学習 最終日

 今日は体験学習の最終日だった。 体験学習の期間は実質9ヶ月位だけど、とても楽しかったし、お昼のまかない飯がとても美味しくて幸せだった。


 うちのお母さんのご飯を何年も食べていると、シーラさんの料理が物凄く旨く感じてしまう。



 そして最終日と言う事で、シーラさんと従業員への感謝の意味と追加メニューになればと思い、デザートを作ってみた。


 既存のメニューにプリンアラモードがあるんだけどプリンの別バージョンである。




 ★とろとろのなめらかプリン。 


 まず砂糖と水でカラメルをつくり、容器に入れる。そして冷やしておく。


 鍋に生クリームと牛乳を入れて低温で温める。


 ボウルで卵黄と砂糖を白っぽくなるまで混ぜる。


 温めた生クリームと牛乳を数回に分けて入れて混ぜる。


 2回細かいザルで濾す。そしてカラメルの容器に流し入れ、蓋をして蒸し焼きにする。


 出来上がったら冷やして完成。


(プリン必須のバニラビーンズが無かったから少しブランデーで代用してる。 )




 ☆



「シーラさん、従業員の皆さん短い期間でしたけど、ありがとうございました!」


「こちらこそ、レイちゃんが来てくれて助かったわ。 いつも体験学習を引き受けるんだけど、かなりの数のお皿を割ったりとかあるのよね。 それに比べたらレイちゃんは完璧だったわ。」


「それは良かったです。」


「それに礼儀正しいしね。 あの両親からどうしたらこんな子に育つのか秘訣を知りたいわ。」


(それは前世おっさんだからとは言えないよ。)


「それで感謝の意味でプリンを作ったのですが、従業員のみなさんで食べませんか?」


「……レイちゃん。」


「はい?」


「レイちゃんも今日からうちの子になりましょう! こんな優しい子は見たこと無いわ!」


「あはは、それは嬉しいけど、ブラットに悪いので。」


 従業員からもそれじゃあ、うちの子で! みたいな話が続出してきた。 割りと好印象だったのが分かり嬉しく思う。



 食堂のお昼の片付けを終わらせてから、みんなで席についてなめらかプリンを食べたのだが、事件が起こってしまう。


 何故かみんなが無言で泣き出してしまったのだ……。


(なんで?!)


「旨すぎるわ……。」


「至高の食べ物だポン……。」


「もう死んでも良いや。」


「今までのプリンはいったい……。」


「レイくんを攫えば、毎日……。」




(なんかみんなの反応がおかしいぞ? しかも最後の発言はアウトだよ……。)



「ぼ、僕も食べてみようかな……。」


(!?  ……やばい、旨すぎるぞ。)


 なんでだ?と考えてすぐに思い出した。


 なめらかプリンを【鑑定】してみる。


【至高のプリン】神様も食べたいプリン。 むしろ作って欲しい。



 ……。




(また【素材の極み】、お前の仕業かぁ-!)




 後日、シーラさんの食堂では従業員が秘匿するまかないデザートがあったとかなかったとか。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます