第21話 ソフィア②

【ソフィア視点になります。】



 最近、レイが産まれてから一番の衝撃を受ける出来事が起きた。 それはレイが前からやりたいと言っていた、料理のお手伝いでの出来事だったわ……。


 私は昔から料理をするのは苦手で、私の作る料理は美味しくない自覚はかなりあった。 食堂をやっているシーラが作るお昼ご飯を食べるレイの表情を見れば明らかだわ……。


 初めてレイが料理するというので、怪我をしないかが凄く心配で、後ろから見ていたけど、レイはブツブツ独り言をいいながらも凄く手際が良く料理をしていた……。


(包丁の使い方が私より上手いかも……!?  料理系のスキルでもあるのかしら?)


 途中、何をしているのか解らない行程がたくさんあった。


 そしてスープを完成させていたわ。


 私が用意している蒸し芋と買ってきたパンを準備していると、隣から既に美味しそうな匂いがしていた……。



 そしてスープを飲んだ時、あまりの美味しさで身体に衝撃が走っていた……。



「レイ、このスープ凄く美味しいわ!! もしかしたらシーラが作る以上かも!」


 興奮し過ぎて大声を出してしまった。


(私に料理を作る才能は無くても、味覚は昔から良いものを食べていたから正確なはず……。 きっとシーラが作る料理より美味しいわ。)


「そこまでじゃないよ~。 初めて手伝ってもらったから美味しく感じるんじゃない?」


(……レイに言われるとそんな気がしてきたわ。)


「……そうかしら?  そう言われるとそんな気もする?」


(あれ? ……このスープ危ない成分は入って無いわよね?)


「お昼食べたら遊びたいから、さっさと食べちゃおうよ。」


「そうね…… 食べちゃいましょう。」


(急に身体が熱くなってきたわ……。)


「フローラもしっかり食べようね~」


(私、大丈夫かしら……。)




 ☆



 それからスープに関してはレイに任せることにした。

 何故かスープ以外を作りたがらなくなった……。


 そしてフローラのレイに対する感じが変わった気もする。


 その事をシーラに相談してみると


「ただの親馬鹿なだけじゃないかしら?」


「それなら良いんだけど、レイの作るスープに依存性がありそうな気がするのよね……?」


「レイちゃんの職種がわからないけど、もし料理系の上位職種なら……。 勝手に中毒性や媚薬効果が付与されるスキルがあるらしいけど、私は見たことが無いわ。」


(媚薬効果……。 まさかね……。)


「5歳からの体験学習をシーラの食堂でやらせられないかしら?」


「私は別に良いわよ。」


「ありがとう。 その時はお願いね。」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます