GODZILLA 怪獣随筆《エッセイ》録

作者 ミレニあん

④登場怪獣『黄金の終焉』part2 登場キャラ『メトフィエス』」への応援コメント

このエピソードを読む

  • メトフィエスはなんというか、『エクシフという宇宙人』の価値観でもってすべてを成し遂げ、そしてハルオを愛そうとしていたように見えました。人類の単純な価値観では、彼の精神の真髄は永遠に見えないのではないかと思います。

    作者からの返信

    メトフィエスの考えは我々視聴者には理解しがたいかもしれませんね。
    単純に例えられない感情とかを持っていたと思います。

    2018年11月22日 19:51

  • よかった、じっくりことこと尾頭付きで煮込まれてスープにされるヒロインはいなかったんだね……とか、耽美トリウム、とか、本当色々感情が大変に刺激される凄い作品でしたね。
    人類がメカゴジラと合一してもそれはそれで怪獣化ではあったからギドラの餌になっただろう、という意見は、確かに!とハッとしました。
    それが怪獣になる事である、のは劇中で言われた事実な訳ですから。そうさせないようにしたのは、ゴジラのほうがギドラにとって栄養になるからとか、その場合ギドラを呼び出す手続きが面倒になる(英雄の所在、ギドラを呼ぶ声があやふやになる)から、というところでしょうか。
    メカゴジラがアラトラム号の人間も吸収しようとすればそこから助けを請う声を作る事はできたかもしれませんが、ハルオを軸にしたほうがやりやすくもあり……何より「解放する・救う」というメトフィエスの、メトフィエスなりの正義に沿った形だったのでしょうね。
    それにしても登場怪獣のところで紹介されていても違和感のないメトフィエスのパワーたるや、凄いものですよね。

    作者からの返信

    ヒロインのスープ……はて何の事やら……(震え声
    やはりメトフィエスとしてはハルオでやりたかったんでしょうね。メカゴジラシティを排除させたのは異教の弾圧を彷彿させますし、何よりハルオの方が重要だったと思いますね。

    2018年11月22日 19:50