32◆32 道化師の恋


  ◆◆十五話◆◆



 パトリックたちがイリーナたちを追い返した日の深夜。


 飲み水用の水差しを手に、ロイはマルコライスの寝室を目指していた。


 見回りの兵士とすれ違い、何事もなく挨拶を交わすと。

 一昨日の騒動がまるで嘘のように感じられる。



 長らく悩まされた山賊騒ぎが一段落し。


 首都からの査察など無く。

 花嫁さがしも振り出しに戻った。


 問題は父親の体調くらいだろうか。


 半ば昏睡状態で、物事の判断などできなくなってしまっている。


 今日などは一日、寝たきりだ。


 それすらも静寂の要素とばかりに、いつになく城内は平和だった。



 ロイは立ち止まって窓の外、夜空を見上げた。


――泉を尋ねても。リアンナはもういないんだ。


 ふと、そんなことを思う。


 今となっては、夢みたいな話だ。


 兄弟は同時に恋をした。


 それぞれに別の女性で、かつ同一人物で。

 その上、存在しない相手だったのだから。


 そんな話は聞いたことも無い。



「あっ……!?」


 父親の寝室のドアをくぐると、ロイは驚いた。

 そこには。先程、思い描いていた人物の姿があった。



「水差し、どこいったのかと思った」


 リアンナ。改め、イリーナはロイに向かって語りかけた。


「度々、入れ替えないとね」


 ロイはそれを定位置に戻しながら答えた。


 マルコライスは熟睡しているようだ。



「イリーナさん、だっけ。どうやって、入って来たの?」


 彼女はすでに部外者であり。

 夜中に訪ねてきても、追い返されるはずだった。


「未練が、断ち切れなくて」


 質問の答えにはなっていない。


 けれど、彼女が道化師イウだったのだと考えると。

 何が起きても不思議ではないと思えた。



「キミにも謝らないといけない。ゴメンなさい……!」


 イリーナは深く頭を下げた。


 首都へと帰る前に、父と自分に会いに来たのかと。

 ロイは理解した。


 思い切った不法侵入を、棚に上げての謝罪とは。

 なんだか、おかしくて肩の力が抜けていた。


「俺は、あまり気にしてないよ。


 なんだろう。リアンナもめちゃくちゃな人だったし。

 騙されるのは覚悟の上での付き合いというか」


 何せ、正体に言及しない。それが再会の条件だったくらいだ。


「パトリック兄さんが平民の女性にプロポーズしたのは。

 それはよっぽどの覚悟だったろうし、怒りも収まらないだろうけど。


 俺はイリーナさんが憎かったりはしない。

 て言うか、リアンナとは別人だと思ってるから」


 自分はリアンナという女性に恋をしたのであって。

 イリーナという女性とは初対面だと。


 そのように、ロイは感じていた。


 それを聞いたイリーナは、安堵か焦燥か。

 複雑な表情で、自らの頬を撫でた。



「そうなんだよね……。


 ボクさ。皆のことを知るほど、絆が芽生えている気になってて。

 でも、皆はボクを認識してなかった訳だから、赤の他人のままなんだ。


 そんなの、当たり前だし。自業自得なんだけど――」


 頬に当てた手の指を握って、鼻をすする。


「もう、それが。思いのほかにショックでさぁ……」


 イリーナの眼からは、涙がポロポロとこぼれ落ちていた。


 気が付けば、イリーナにとって兄弟たちは特別な存在になっていた。

 一方、兄弟たちにとって。彼女は見ず知らずの他人になってしまった。


 兄弟たちの失恋の裏で、イリーナの失ったものも大きかった。



「考えたら、父上や俺たちの相手をするのは大変だったよね。

 到底、真似できそうにないよ――」


 都合、四役。切り替えて。

 朝、昼、晩と変わり者の相手をしてきた。


 襲撃時には命懸けの場面だってあったはず。

 一騎打ちで、敵大将も討ち取っている。



「なんで、そこまでするの?」


 彼女は、女王の友人であり。

 同性という理由からの付き人だと聞いている。


 だとして、何が彼女をそこまでさせるのだろう。



「ロイくんはさ。コンプレックスについてとか。

 色々と打ち明けてくれたよね。


 だからこそ、ボクはここに居るし。正直に話すよ」


 それは覚悟のいることなのだろう。

 イリーナは深く呼吸を整える。


 それでも足りず。なんども第一声に挑戦し。

 ついにそれを声にした。


「崇高な信念で仕えてる騎士様たちには申し訳ないんだけど。


――彼女を、愛してるんだ」


 ずっと、胸に秘めて。押さえ込んできた気持ちだった。

 口にすることはないと思っていた。


 すべきではないと。心に誓った言葉だった。



「本気で……?」


 ロイの声は上擦っていた。


 同性相手であることもそうだが、相手は女王陛下なのだ。


「本気で。もう、どうしようもないくらいに」


 イリーナは、頬を赤く染めて俯く。


「女性も男性も、王族も平民も関係ない。

 健気にがんばってる姿をずっと隣で見てきたんだ」


 その口調はまっすぐで、淀みがない。



「でも、心配しないで。

 解ってる。この気持ちは成就しない。しちゃいけない」


 女王には民衆への責任があって、跡継ぎが不可欠だ。

 それを、イリーナは果たせない。


 この恋は、民衆すべてへの裏切り行為なのだから。



「一番好きな人と一緒になれなかったら。

 その後の人生はどうしたら良いんだろうね」


 ロイはついそんな愚にもつかない質問をしていた。

 イリーナは答える。


「次に行かなきゃ駄目だろうね。

 すっかり忘れて、新しい人生を生きるのが双方の為だよ」


 だとしても。必ずしも正解を選べないのが人間だ。

 イリーナは弱々しく笑った。



「ボクは賢くないから。もうしばらく、彼女の騎士を演じるよ。

 彼女を護れる、本当の王子様が現れるまでの代替品さ」


 報われなくて構わない。

 いくらだって命を賭けてやる。


 それでいい――。だって、『愛の目的』は。

 自分の欲望を満たすことじゃなく。


 相手の幸福を願うことなんだから。



「そんな覚悟でいられたら、俺たちの付け入る隙なんてない訳だよ」


 兄弟たちは、真剣に相手を選んでいたが。

 それは権力奪取のための手段という側面があった。


 使命に目覚めたロイは、特にその傾向が強かった。



「まあ、オッパイ揉めてラッキーだった。てことにするか」


 吹っ切れたという調子で、ロイは言った。


「ふぇっ!?」


 役作りで言ってた『ふえっ』が、自然と出ていた。

 あの日の夜のことを思い出して、イリーナは羞恥に硬直する。


「あ、ごめっ……!?」


 相手が照れたことで、ロイも恥ずかしくなってしまう。


――沈黙。


「変な空気になったじゃん!」


「いや、和ませようと思って!」


 そこで、イリーナは避けて通れない話題に踏み込む覚悟を決めた。



「――あのさ。泉の前で女の子と遊んでたって、言ってたじゃん」


 気が重かった。しかし、避けては終われない。

 イリーナは深いため息をついた。


「う、うん。……なに、急に」


 五年前、旧国民の使用人が城を出入りしていた。

 母子家庭の都合、彼女は娘を連れて働きに来ていた。



「その娘とは。きっと、深い仲だったんだよね?」


 胸をまさぐられた記憶からの連想だということが。

 どうしようもなく恥ずかしい。


 しかし、長らく城を出てすらいないにしては。

 ロイは女体に触り慣れていた。


「待って、なんの話……?」


 複雑な事情から引きこもりだったロイにとって。

 娘は良い遊び相手だった。


 しかし、使用人の違反行為により母諸共、目の前で処刑されてしまった。


 話を聞いた時点では、マルコライスの異常性が強調されただけだった。


「お父さんが、許せないくらい。本気の相手だったんでしょ?」


「いや、俺はまだなにも……」


 下級民と虐げられた旧国民の使用人は、人生の逆転を夢見ていた。

 そして、混血児であるロイに目を付けた。


 それを恋愛と呼べたかは判らない。


 娘は母の指示に従い。

 ロイと性的な関係を築いた。


 二人は男女の関係だった。


 妊娠でもすれば、領主を脅す材料にできると考えたのだ。


 十歳の子供同士。周囲は健全を疑いもしなかったが。

 母親の金銭着服が発覚し、すべてをマルコライスに知られてしまう。


 彼は、下級民の分際でと怒り狂ったのでは無い。


 大切な息子を、復讐の道具として弄ばれたことに激怒したのだ。



「襲撃の夜。お父上は、殺されるって。ボクに助けを求めてきた。

 それが引っかかってたんだ――」


 ロイの口から、医者に見せた。と、言われれば。

 誰も、嘘だなんて疑わない。


 兄たちは可愛い弟を信頼して、父親の世話を任せたはずだ。


「それとこれと、なんの関係が……?」


「水差しの水、飲んでみてくれないかな」


 お願いではない。強い口調だ。


 言葉にしてはいないが。

 それが、毒を盛ったことを疑っての発言であることは明らかだ。


 イリーナにその確証はない。


 世話係の彼が毒を盛るタイミングなんていくらでもあるのだから。


 ただ、水を入れ替えるにしても不自然な時間だと感じただけだ。



「あのままでいたら!! 殺されそうだったのは、俺の方だよ!!」


 ロイはイリーナの要求には答えずに。

 心外だという勢いで反論した。


 命を狙われていたのは自分の方だと。


 稽古中、マルコライスに殺意があったというのは。

 ロイの錯覚だ。


 しかし、旧国民という理由で。父が使用人親子を殺す姿を見た。

 そして、自分には旧国民の血が混じっている。


 子供心に植え付けられた恐怖から、父を誤解せずには居られなかった。


 害するのが目的ではなかった。

 殺されない為だった。


 翌日の稽古が無くなれば良いと考え、微弱な毒を食事に混ぜた。

 そして、一度成功すれば。もう歯止めが効かない。


 いつしかそれは、恋人を殺した相手に対する復讐にすり変わっていた。



 彼女がたとえ、ロイと過ごす時間より。


 そうした後。母が良い服を着せてくれたり。

 美味しい食事ができたことを喜んでいたのだとしても。


 家族のなかで自分を異物視していた彼にとって。

 たとえ一方通行でも、初恋はより特別なものだったのだから。



「それはもう、自白だよ……」


 ロイの反論は言い訳にすらならない。


 致死性の毒では無かった。


 覚悟を決めた暗殺者ならば。

 何食わぬ顔で一口含んで、疑いを晴らせたかも知れない。


 しかし、激情を抑制できないくらいにロイはまだ子供だった。


「父さんは俺を愛してくれなかった!!

 それどころか、殺そうとしたんだよ!!」


 そして、孤独だった――。



「そんなことない。そんなことないよっ!


 だって王様は、後継者選抜には平等な方法を選んだじゃないか!」


 マルコライスが『花嫁さがし』を提案した時。

 誰もが、気でも触れたのかと思った。


 だがそれは、マルコライスにとっては熟考したすえの結論だ。


 後発のロイが兄たちと同条件でスタートを切れる選択肢は。

 それ以外にはなかったのだから。



「妄想だ!! 俺はもう騙されない!!」


 ロイは『王の剣』に刃を具現化させる。


 ナージアからイリーナが回収し、マルコライスに返還されたはずのものだ。


 それを手中にしている事実が、彼の野心の現れだった。





  ◆十六話、断罪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます