14◇15 リアンナ②


  ◇◇九話◇◇



 マルコライスの剣がロイに向かって突き出された。

 鋭い一撃は、防御を跳ね除け直進する。


 ロイは体を捻って躱そうとするが、バランスを崩して転倒。

 間髪入れず。マルコライスは追撃を振り上げた。


――その表情には強い殺意が浮き出ている。


 それが稽古用の木剣であろうと。

 低い位置への振り下ろし。大怪我を免れない一撃だ。



「そこまで!」


 兵士たちが二人。

 マルコライスとロイの間に体を滑り込ませ、対戦を中断させた。


「……フゥ! ……フゥ!」


 マルコライスは呼吸を荒らげ。二人の顔、周囲、ロイと見渡し。

 まるで、たったいま状況を理解したかのように。


「ああ、そうか……」と、呟いた。



 稽古中、このように。

 マルコライスが激情から本気になってしまうことが度々あった。


 この時の彼は我を忘れてしまい。事故を起こしかねない。

 その為、必ず二人以上の介添人を同行させるようにしている。



「大丈夫ですか、ロイ様」


「平気、です……」


 兵士のひとりがロイを助けおこし、怪我の有無を確認した。


「ロイ。お前、変な癖がついているな。

 剣を置きに行ったり、待ち構えたり。怖気ずいているのか?

 修正しろ、それでは人は斬れん」


 マルコライスはそう指導し。

 直後、激しく咳き込み始める。


「父上、今日はこれくらいで。お身体に障ります」


 マルコライスは高齢に加え。長年、城にこもりきりの生活だ。

 体力は著しく衰えていた。


 躁鬱の激しさや、突発的な奇行もある。


 若くから戦争に身を置き。心身ともに酷使してきた彼だ。

 それが現在は、玉座に座っているだけの日々。

 その落差でどうかしてしまったのだと。


 皆、疑問を持たずにいた。



「そうか……。ところで、道化師はいずこかな?」


「存じません。見かけたら、駆けつけるようにと伝えます」


 思考があちこちに飛び、意味不明なことを言い始めたりもする。

 それに合わせ、適当なジョークで場を和ませることが出来たのは。


 道化師のイウだけなのだ。


「年は取りたくないな……」


 帝国の英雄は、寂しげに呟いた。



 マルコライスは英雄である。


 数百年と続いた旧王国は、彼の率いる帝国軍によって滅んだ。


 現在、騎士団長こそ別の人物が務めているが。

 立場を度外視し、もっとも優れた騎士は誰かと問われれば。


 皆、ジェスター将軍かマルコライスの名を思い浮かべるだろう。


 そんな二人のうち、方や国境警備の隊長との冷遇を受けているのは。

 その影響力を恐れた騎士団長の采配によるところが大きい。


 偏狭なマルコライスは。

 前皇帝の死後、現在の居城に引きこもり。


 長らく、首都とは絶縁状態にある。


 領地の運営さえ順調であるならばと。

 今日まで干渉もされなかった。


 そういう経緯から。今回、将軍が来訪したのは査察。

 あるいは警告を与えるためだと考えられた。


 対応を誤れば、権限の剥奪も有りうると兄弟たちは危惧していた。


 それ故、当主の交代は必要だとも。




――夜半過ぎ。


 いつもの泉の前で。ロイとリアンナの密会が行われる。


 時間の指定もない。待ち合わせもない。


 いるかもしれないし。いないかもしれない。


 ただ、今日も何度目かの『またね』の約束は果たされた。



「騎士かぁ、考えたことないかも。既定路線というか、うちは家系だから」


『騎士とはなにか――』

 そうリアンナに問われ、ロイは回答に窮した。


「そんなものかもしれないねぇ」


 正式にはまだ騎士ではなく。戦争経験もない。

 無自覚なのも当たり前。



「お嫁さん探しはしないの?」


 リアンナに問われても。


「兄さんたちに悪いよ。いや、それ以前に俺なんかに務まるわけがないんだけど」


 ロイは、このように消極的で。

 今回の後継者争いにも興味を示してはいない様子だった。


「俺のこと、情けないと思う?」


「別に。キミの人生じゃん?」



 彼女は自分のことを話さない。


 正体を追求しない約束だから、訊ねることもできない。


 必然、ロイが延々と身のうえ話をするしかないのだけれど。

 リアンナは飽きた素振りも見せずに。熱心に話に聞き入ってくれた。


 よく茶化しはするけれど。


 基本的に。怒ったり、否定したりすることもなく。

 ただ、首を縦に振ってくれる。


 彼女にとって、この時間がなんなのか。

 なぜ、自分なんかと会ってくれるのか。


 ロイには不思議だった。


 不可解だけれど、心地がよかった。



「ロイくんさ、自分だけ母親が違うのを気にしてる?」


「どうかな……。それで、兄さん達に気負うところは無いと思う。

 でも、旧王国民とのハーフであることで、領民の目は気になるかな」


 ロイの母親は帝国民ではなく、旧王国民の女性だった。

 当時はまだ開戦前で、事情は今ほど複雑ではなかった。


 旧国の滅亡後。

 旧国民は領内での生活を許されたが、被支配階級に甘んじている。


 帝国民を上級国民。旧王国民を下級国民と分類される中で。

 ロイが双方からどう見られているか。


 大手を振って、出歩けるものではなかった。



「いっそ、もっと遠くに行ってみるとかね」


「ええっ?」


 ロイが引きこもっている理由が、複雑な生い立ちにあると知って。

 リアンナは提案してみた。


「そしたら、誰もハーフだなんて気にしないよ」


「でも、逃げ出したって醜聞が立たつでしょ……」


 平民の家じゃない。帝国を代表する名家なのだ。


「逃げちゃえ、逃げちゃえ。

 そんなの気にしてたら時間だけが過ぎていっちゃうよ。

 それよりは、ずっと、キミの為になるんじゃないかな」


 それは判らない。


 裕福な環境を手放して、自立したとして。

 失敗しないとは限らない。


 ロイの複雑な事情に、家族は同情的だ。


 約立たずな寄生虫だと、自分を割り切ってしまえば。

 生きていくのに不自由はしないだろう。


 ただ、それで終えてしまっては――。



「一度きりの人生が勿体ない」と、リアンナは付け加えた。


「ははは」と、ロイは誤魔化して笑う。


 帝国民からは見下され。

 旧王国民からは裏切り者の烙印を押されている。


 家族の中でも、自分だけ境遇が違う。


 ロイは孤独だった――。


 それでも、現状を正当化するための言い訳を口にしてしまう。


「知っている人が誰もいない所に行くのは、怖いね」



「あたしがいるよ?」


 リアンナの一言は、ロイを困惑させる。


「えっ、それって、どういう……」


「仕事を終えたら、ここを出ていくからね。

 城門の外。領土の外。外の世界のどこかにあたしがいるよ」


「ああ、そういうことか」


 期待していた答えと違い、ロイは恥ずかしくなってしまう。


 リアンナはいつか、ここを去る。


 明日か、明後日か。

 永遠に続くはずがない。それは当たり前のことだ。


 それがどうしようもなく、残念に思える。



「あたしに会いたくなったら。引きこもりを辞めて、今度は外まで探しに来てね」


 そうやって優しく諭してはくれるが。


 正体を追求しない都合。

 去ってしまった彼女にたどり着く手がかりを、彼は何も持たない。


――なんだか、意地悪だな。


 ロイは、思い切って質問してみた。



「じゃあ、好きな異性のタイプとか聞いていい?」


 引きこもり脱却の話は一方的で分が悪かったし。

 正体を探ることに抵触せず、彼女のことを知るのに良いと考えた。


 その質問がどこに刺さったのか。リアンナは一瞬硬直し。


「なになに、突然!?」と、珍しく狼狽えた。

 ささやかな反撃が効果を得たようだ。


「俺のことばかりでズルいなと思って」



「ええ〜っ」と、不平を唱え。

 バツが悪そうにしながらも、リアンナは答える。


「んーっ……。頑張ってる人、かな。


 気高く胸を張って、困難に立ち向かえる人」


 言いながら。髪をかきあげ、火照る顔面を手で扇ぐ。


 ロイは思った。――考えすぎだろうか。


 好みのタイプを語るときとは違う。

 特定の誰かを想定した回答のようだった。



「それだと、俺は対象外だね」


 ロイは誤魔化し笑いを交えて言った。


 リアンナと、どうこうなりたい訳じゃない。

 ただ、彼女との会話は楽しく。


 孤独が少し紛れる気がしていた。

 

 そもそも、こんな自分が誰かに何かを期待するだなんて。

 おこがましい話じゃないか。



「遅くないよ。未来は変えられるよ。


 その気になれば、どんな風にだって変われる。間に合うよ」


「…………そう、かもね」


 彼女の言う通りだろう。


 そして、それは早い方が良いに違いなかった。


 ただ、今すぐという訳にはいかない。

 今回の後継者問題など、全ての気がかりが解決したら。


 その時に改めて考えようと、ロイは思う。


――自身の旅立ちを。

 


「ロイくんは? 好みのタイプ」


 当然の流れとして。

 リアンナは同様の質問をロイに返した。


 相手が答えた以上、自らも責任を果たさなければなるまい。

 ロイは、正直に言った。



「年下かな」


「それ、あたし対象外だし。努力の予知がないよね?」


 気の利かない答えだが。

 ロイは誠実さを貫くべく、真実を優先した。


「身長は百三十センチくらいで」


「具体的。てか、ちっちゃくない!?」


 貧乳派だとか、そんなレベルの話ではなかった。


「九才の女子で」


「どこで道を踏み外したっ!!」


 リアンナは「うわぁーっ」と言って、頭を抱える。



「なんでだろう! 孤独をこじらせて、大人が怖くなっちゃった?!


 猫とか拾ってきて、殺してないよね!」


「そんなこと、しないよっ!!」


 不本意な言われようだ。

 憧れと現実の区別はついているつもりだった。


 家族内では、むしろ。

 模範的な立ち振る舞いを心がけている方だと自負している。



「六歳差の夫婦なんて、珍しくもないだろ?」


「それとこれとは、違うと思うなぁ……。


 とにかく、勘違いして人前とかでは言わない方がよいよ?」


 なんにも面白くないよ?


 運命を即死させるよ?

 楽園を不毛の大地に変えるよ?


 目の前の女性との可能性を、一瞬で摘み取ってもおかしくない。


 そうリアンナは説いた。


 特に、次男パトリッケスには知られない方が身のためだろう。

 自分の意思とは無関係に、引きこもり生活は終焉を迎えるだろう。



「誰の前でも言わないよ。泉の妖精に聞かせる独り言みたいなものだから」


 誠実に答えたつもりが、思ったより強く拒絶されたので。

 ロイは慌てて取り繕ったが、手遅れ。


「そんな独り言を聞かされる泉の妖精とか、複雑だろうね……。って、あたしか!?」


 その日以来。

 泉の妖精は、しばらく姿を眩ませてしまったのだった。





  ◇十話、ヤズムート兵士長②

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます