72.聖獣いたら、オレは必要なくね?(1)

 少し先で縛られたユハが這う。そして向かい側のオレも立てずに地面にへばり付いていた。足の甲に刺さった、あの面白いナイフを一息に抜く。どばっと溢れ出た生温かい血の感覚に、くらっとした。


 貧血になりそう。


『もったいない』


 なにが? 尋ねたいが怖いから答えを聞きたくない質問を飲み込み、近づいた黒豹に抱き着いた。この上によじ登って移動しようと思ったオレと、治癒すればいいと考えたヒジリのすれ違いが起きる。


 抱き着いたオレを転がして押し倒したヒジリが、靴を器用に脱がせた。靴下も脱がされ、傷口から溢れる血を舐められる。これが人相手ならぬるっとしたんだろうが、ヒジリは黒豹――猫科の猛獣だ。


 猫を飼った人は想像できるはずだが、彼らの舌はざらざらしていた。骨から肉をこそぎとる為の、ざらざらは……オレの肉も遠慮なく削った。


「うぎゃああああ!! 痛っ、なに! 離せぇ!! こらっ、ヒジリ!!」


 全力で抗ったが、抵抗むなしく血を丁寧に舐め取られた。真っ直ぐに刃が刺さった傷口を獣に咀嚼される痛みがわかるか?! やっとヒジリがどいた時には、痛みと叫びすぎで吐きそうだった。


 眦に滲んだ涙をぐいっと拭ったオレの靴下を、ブラウが持ち逃げする。もう、踏んだり蹴ったりだった。取り返す気力もなく、傷跡が治癒した足の甲を見つめる。


「……ああっと、なんていうか……」


 さすがにレイルもあの拷問による激痛が想像できたらしく、気の毒そうな顔で慰めようとして失敗した。ちなみに大騒ぎしてるが、目の前の敵は倒したが、ここはまだ敵地のど真ん中だ。縛られて転がる味方ユハも早く助けないと、殺されてしまうかも。


「あ、敵……っ」


 レイルの後ろに忍び寄る敵を指差した直後、レイルが銃の引き金を引いた。倒れた男を、他の兵が回収して逃げていく。やっぱり殺すより傷つけるだけの方が効率がいい。


「お前の進言らしいな。殺さずに傷つければ戦線離脱人数が増える、だっけ……自称平和な世界から来た人間の発想じゃないぞ」


 貶してるようで、実は褒めているんだろう。だってレイル自ら実践してるんだから、この作戦がいかに有効かを理解してるってコト。右足の靴下をブラウに奪われたので、仕方なく片方素足で靴を履いた。中が湿っていて気持ち悪い。


「あ、無理。気持ち悪いわ」


 靴を脱いで捨てる。反対も脱いで、新しい靴下と靴に履き替えた。その間無防備になるオレの警護は、ヒジリがしっかり担当してくれる。安心して靴を交換できた。


「これでOKだ。残りもやっつけよう!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます