57.我に返ったのに、また囚われる(2)

「ヒ~ジリ~ぃ、ブラウでもいい」


『主殿、奴は必要ない』


『なんで僕はついでなのさ、主』


 どちらも別の意味で不満顔の聖獣が飛び出してくる。本当に影から出てくるので、ヒジリのときは影が膨らんで爆発したみたいに見えて面白かった。


「あのさ、赤龍ってどうなった?」


『あれなら返ったぞ』


 返った? 帰ったじゃなくて? 言葉のニュアンスがおかしいと気付いたオレに、ヒジリが髭を洗いながら答えた。


『ようやっと正気に返ったでな、近いうちに主殿にお礼にくるそうだ』


「……正気に? やっぱり赤い紐が原因か」


『あの紐はいやな気配がしたよ。僕らは触れないし、触りたくない』


 ブラウが細くしながらころんと寝転がった。実家の猫そっくりの仕草で、くねくねと誘ってみせる。わかってるさ、あの腹部の柔らかそうな毛皮に誘惑されて手を入れると、蹴り蹴りされてがぶっと噛まれる未来が待ってる。分かってるのに……つい負けて手を入れてしまった。


 あざとい、あざとすぎるのに……いつだって猫の誘惑に勝てた試しがない。撫でると柔らかく、気持ちよいと思った瞬間には蹴られて噛まれた。


「痛っ」


『痛いっ、死ぬ、マジで』


 なぜかオレよりブラウの叫びが激しい。黒豹に捕獲されて美味しく頂かれる寸前の青猫がいた。牙を立てて噛むので、ブラウが必死にのけぞって脱出を試みる。


「おまえら、本当に仲がいいな~」


 嫌がるのを承知で告げると、ブラウを咥えたままヒジリが首を横に振った。あ~あ、痛そう。ヒジリの牙の鋭さを知っているため、想像できる痛みに顔をしかめた。途端にブラウを放り投げたヒジリがぺろりと手を舐める。


「どうしたの?」


『顔をしかめるので、痛いのかと思った』


「ありがとう……優しいヒジリは大好きだ」


 ぎゅっと首に手を回して礼を言う。ブラウは治癒能力がないのか、ヒジリだけが傷を治してくれている。今のところ、一番役に立ってくれる部下であり聖獣だった。


 ぽんとヒジリに触れて、そのまま寄りかかった。じたばた暴れるブラウの手が触れるが、ここは無視だ。


「我に返ったなら、赤龍がオレを襲う理由はないな」


 言った直後に背筋がぞくっとした。もしかして不吉すぎるフラグを立てた……とか?


『襲わないわよ……』


 聞いた事のない声の主を探してきょろきょろすると、ヒジリとブラウが同じ方向を見ているのに気付く。視線を追って下を向いて、自分の足元……影に目を凝らした。黒い影が時々もこもこ動く気がするのだ。しかもこう、蛇っぽい鱗が見えたり見えなかったり。


「ヒジリ、もしかしたりする?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます