第105話 確認しなきゃね

 新しい称号を手に入れたところで、私は自室に戻り、荷物を整理する。あ、そういえば、ワイバーンの素材、売り忘れていたな……。

 ……まあ、いいか。あしたの朝冒険者ギルドに行って売り払おう。


 そんなことを考えながら、私はベッドに横になる。時刻は、もうすでに晩御飯時の時間だ。中級万能薬の騒動のせいで、遅めのおひるごはんとなってしまったため、全然おなかはすいていないが、出てくる料理に興味がないわけではない。


 まだ魔力不足の頭痛は収まっていない。比較的マシとはいえるけれども、このまま激しい運動をしたら、吐く自信がある。うっわ、いやだなそれ。


 柔らかいシーツのベッドの上で、私は目を閉じる。今日の半分以上をベッドで過ごしている気がしないでもない。でも、本当に忙しかったんだ。

 くらくらとする頭のまま、今日の出来事を振り返る。


 シンに叩き起こされて、中級ポーションが『神の試練』に効くことが分かって、その原因が、中級ポーションに使ったワイバーンの心臓だってこともわかって、称号ってやつが神から認められた証だってわかって……


 うわ、いろいろあったな……。

 でも、元の世界に戻る手がかりも見つけられたかも。


 私は目を開いて、木目の宿の天井を見る。あ、蜘蛛の巣がある。


「神に会えれば、元の世界に戻してもらえる……かもしれない?」


 なんだっけ? アリステラだっけ?

 商人の国に行ったら、そういうことも調べよう。

















「いや、まって、おかしい。















私、?」


 思い当たった根本的すぎる疑問に、私は冷や汗をかく。脊髄を直接握られているみたいだ。

 私は、ベッドから飛び起きる。


 そういえば、そうだ。私は、なぜ商人の国なんて目指したんだ?

 元の世界に戻りたい。その気持ちは、一切変わっていない。できるなら……いや、クラスのみんなと一緒に、元の世界に戻って、秋田屋のメロンパンを食べたり、いつものようにふざけあったり、笑いあったり、そういうことが、したい。


 その気持ちは、一切変わっていない。


 なら、なんで、私は商人の国を目指したの?

 帰る方法を見つけたいのなら、『賢者の国』の『叡知の斜塔』を目指すべきだ。クリストさんの授業から、あそこには大量の本があることを教えてもらっている。また、その大量の本は、『叡知の斜塔』ないから出てきているという事実も私は知っている。


 ついでに、『勇者の国』でシロという存在のまま名をあげて、あの城の図書館……佐藤さんがロキの封印されていた本を見つけたらしい、禁書庫に入って資料がないかを調べることだってできるはずだ。


 なんで、私は、『商人の国』を目指したの?


「……わからない。」


 そうだ。わからない。

 見知った『勇者の国』から外の国に行くのだというのに、何も考えずに、『商人の国』を目指した。私には、その理由が思い出せない。

 確か、たくさん人がいるなら情報があるかもしれないとか、月の砂漠を見てみ体だとか、そんな理由だった気がする。


 わたし、そんなに弱い意志で元の世界に戻ろうと、思っていたっけ?


「……そんなわけがない。」


 そうだ。そんなわけがない。

 ……確認しなきゃ。

 根底を思い出せ。

 何があったのか、何を思ったのか、なんで、なんで、私は、あの国から出ようとした?


[警告。警告。警告。**領域に触れようとしています。]


 脳内に、すさまじい音量でアナウンスが流れる。うわ、なにこれ。怖いな。

 だが、気にしている暇はない。


 アイデンティティが崩壊しそうだ。頭が、割れそうに痛い。 

 今の私には、もはや魔力不足の頭痛など、気にしている暇はなかった。


 なんで? なんで。なんで!


「………ぁぁぁあああ?!」


 そこで、やっと思い当たった。

 ああ、すごく、根本的なことじゃあないか。

 脳みそが、すっきりする。同時に、背筋がぞっとする。






「なんで、城から出てきたとき、あそこに、私の死体があったの?」


 まだある。それ以前だ。

 確か、さらに一番最初。


「私たちは、神に召喚されたの? それとも、小林兄弟が教えてくれたように、王様たちによって召喚されたの?」


 ……なんで、私は、『勇者の国』を離れようとしたの?


 






 そう考えた瞬間、私のステータスは解けて崩れた。



[神を冒涜し、その行為に逆らうあなたは、称号【神に逆らう者】を獲得しました。]


 そんなアナウンスを聞いて、私の意識は、途絶えた。


_____________________________________

第105話 神に逆らう者

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます