第91話 ワイバーンスカーレット(2)

「来いよ、赤いだけの羽根つきトカゲ。」

『グルガアアアアアアァァァァァアア!!!』


 先に仕掛けたのは、ワイバーンだった。

 ジャックさんの言葉に怒り狂ったのか、巣穴に堂々と足を踏み入れた愚か者を排除しようとしたのか、ワイバーンは、左翼を振りかぶり、爪でジャックさんを切り裂こうとする。


 シュッ


 空気を切り裂くような、甲高い音が避難した私の方にも届く。当たればきっとタダではすまないだろう。私だったらかするだけでHPが消し飛んで即死しそうだ。


 だが、そんな大振りな攻撃が当たるわけもなく、ジャックさんは軽く前に出ることでその爪を避けた。


 そして、そのまま左拳を振るう。


 どすっ

『グギャァッ!?』


 大きな体が災いし、ワイバーンは拳を腹部で受け止めることとなった。一瞬、ワイバーンの巨体がぐらりと揺れたが、このまま近くにいると危険だと判断したのか、ワイバーンはジャックさんから距離をとる。


「……見掛け倒しか。」


 残念そうに呟きながらも、ジャックさんは油断なく拳を構えワイバーンを睨む。よくみると、拳に巻いてある包帯がうすらぼんやりと光っていた。どういう仕組みなのだろう。


 ジャックさんの想定外の攻撃に、ワイバーンはと怒り同時に焦りを覚えたらしい。耳障りな絶叫とともに、ワイバーンは空へと羽ばたいた。


 ……ん?


「ちょ、おまっ!」

「まずい!逃げるつもりだ!」


 凄まじい風圧がほおを撫で、私とジャックさんのフードを剥ぎ取る。

 ジャックさんの焦り気味な声を聞き、脊髄反射ぎみに私はナイフを放り投げ、ポーチの中から麻痺薬を取り出し、ワイバーンに向かって投げる。


 ワイバーンはまだ何かをしようとしていたらしく、届かないほど遠くには飛んでいなかったようで、小瓶は問題なくワイバーンの脇腹あたりにぶつかり、砕けた。


 そして、翡翠色の床が砕ける音が響く。


 重力に従い、落下したワイバーンは、もはや逃げる気が失せたらしい。かわりに、濃厚で突き刺さるような殺気が私とジャックさんに届く。


「ちょ、私にまでヘイトがきてる!」


 私は慌ててナイフを拾い上げようとするが、どうやら遅かったらしい。

 ワイバーンが大きく口を開き、息を吸う。


「うっわあああぁぁあぁあああ!!」


 悪い予感を感じ取った私は、ナイフを放置して全力で横に飛ぶ。


 どごおおおおおおん


 今まで私がいた位置から、凄まじい轟音と風圧が発せられた。ちらりと背後を見てみれば、割れて赤熱した床。ワイバーンが、火を噴いたのだ。当然のように、ナイフは消失している。


「えええええええええ?!ワイバーンって、ブレスは使わないよねぇ?!」


 私が絶叫すると、怒り狂った形相のワイバーンがジャックさんに躍りかかる。


「知るか!られる前にさっさとるぞ!」


 ジャックさんも叫び返すと、拳を振るう。凄まじい速さのそれを、ワイバーンは自分の体で受け止め、そして、そのまま噛み付いた。


 がりっ


「じ、ジャックさん?!」


 鈍い音とともに、ジャックさんの右肩が赤黒く染まる。

 ワイバーンはジャックさんの右腕を噛みちぎろうと、顎の力を強める。が、ジャックさんはそれを許さない。


「いっ、ってえ!」


 ジャックさんは瞳と同じく金色の髪を振り乱しながら、乱雑にワイバーンの目玉を殴った。気持ちの悪い水音があたりに響く。


『グルラァァァアア!』


 たまらず退避したワイバーン。そこにジャックさんは左腕を無理やり使い、追撃する。そして、また攻防が始まる。


 その時。私は気がついた。


__なんで、ワイバーンは私を無視しているのだ?


 ワイバーンが私にした攻撃は、ブレスだけ。いや、ブレスも十分に危険な攻撃ではあるが、その後は生死の確認すらせずにジャックさんの方へ攻撃している。


「……もしかして、ワイバーンって、すっごく頭が悪いの?」


 そういえば、そんなことをジャックさんも言っていたな。私は、足音を忍ばせ、ワイバーンの背後に立つ。


……反応は、ない。相変わらずジャックさんにかかりっきりだ。


「……これは……生物としてどうなのかな……。」


 無防備なワイバーンの背後を陣取りながら、私はぼそりとつぶやく。うん。確かに、パーティを組んで戦うならワイバーンは初心者向きだ。一方で派手な立ち回りをしてその背後から刺せば、ワイバーンを倒すことができるのだから。


 私は、ポーチの中から麻痺薬を取り出し、よーく狙ってからワイバーンの右翼にかける。


『ぐぎゃああああああ?!』


「ジャックさん、今!」

「……おう。」


 赤いワイバーンの右翼は、痺れて20秒は使えない。一度食らった後だというのに驚愕の表情を浮かべるワイバーンを前に、ジャックさんは詠唱を重ねる。


「【筋力強化】、【攻撃力強化】、【魔力撃】。」


 そして、その光り輝く包帯のまかれた左拳を振るう。


 ぐしゃっ


 何かが潰れるような音が響き、そして、赤いワイバーンは崩れ落ちた。


 私たちの、勝ちだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます