第79話 ……移動なんてこんなもんだ。

「で、シロ。どこへ向かうことにしたんだ?」


 少ない荷物を背負ったジャックさんは、隣を歩く私に声をかける。相変わらずフードを深くかぶっているため、表情は今一つ読めない。


 重い荷物を背負った私は、短く答える。


「ロザの村ね。アモイへ向かう街道は盗賊が増えているらしいし。」

「そうか。」


 ジャックさんはそう言うと、まっすぐと続く街道に目を向ける。ローブの袖口からは包帯の巻かれた拳が見え隠れしていた。

 会話は一時間前と同様に、そこで途切れる。



……………暇だ…………。



 気まずい沈黙に耐えるため、私もいつまでも続く街道を見上げる。ああ。太陽が眩しい……。


 もうやることもないし、荷物の状況でも言おうか。


 今回の所持品は、小さなポーチに瞬発力強化薬、低級ポーション、お金。リュックサックに寝る用の毛布とテント、着替えと保存食に水筒。あと空き瓶がたくさん。


 なんだかんだいって、瓶と水が重い。

 上がってよかった、筋力ステータス。


 さて、現実逃避はおいておこう。


 暇。すっごく暇。とてつもなく暇。


 ジャックさんは無口だし、私もあまり詮索してほしくないからしゃべれないし、特に目新しいことも起きないし、ずっと真っ直ぐの道だし。


 ああああ、もう、暇っ!!



 ……まあ、諦めるしかないか。


 今日は日が暮れる直前まで歩き続け、野宿をした。





 _______依頼主がこんな子供だとは思っていなかったな……。


 俺は窮屈なフードをはずし、テントのなかで眠る少女に目を向け、考える。パチパチと薪がはぜる音だけが夜を賑やかにしていた。


 面接の時から被っていた彼女のフードは、寝るときはさすがにはずされるらしい。プラチナというにはいささか白すぎる髪の毛に、ある種病的と言えるほどに白い肌。


「……案外、『シロ』って名前は本名なのかもな。」


 俺は周囲を警戒しながら小さく呟く。


 ……何かが、近づいてきている。恐らく、動物。魔物だとしたら、小型の獣型。さすがに人間ということはないだろう。


 拳に巻いた包帯に魔力を通せば、俺のが簡単にその姿を表す。


 ガサガサッ


 草影からのそりと現れたのは、狩狼ハンターウルフ。基本的には温厚な種族だが、一度人間の血の味を覚えてしまえば、残虐な狩人ハンターと成り果てる。


『グルルルル……』


 狼は、警戒するように低い声で唸る。


「………。」


 音は出来るだけたてない方がいいだろう。彼女依頼主にこの姿は見られたくない。


 だから、瞬殺だ。


 やや湿った土を蹴り、ハンターウルフが仲間を呼ぶよりも先に拳を突きだす。


 ゴスッ!!


 一瞬だけ鈍い音が夜空に響き、そして、すぐに静かな夜に変わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます